金運の意味と同義語

金運アップ・商売繁盛

金運とは。意味と同義語・関連する運気

投稿日:

「金運」とは文字通り、お金にまつわる運が良いことを意味します。

生まれながらに金運を持っている人もいますが、そうでない人でも努力して自分でアップさせることのできる運気の1つです。

 

金運

金運とはお金についての運勢。金が手に入る運。 正確にはお金がたくさん貯まる運気ではなく、お金の流れがよくなる運です。入ってくるお金も大きいですが出て行くお金も大きいため慎重さが大切です。

 

財運

「財」とは価値のあるもの、所有物。 金運との違いはお金だけでなく土地や不動産など資産が増えていく運気です。年収があっても財運がなければ資産は減少します。貯金が貯まっていかない人は財運がない人といえます。

 

仕事運

仕事運とは仕事をしていく上で有利に事が進んでいく運気。本人の努力によって出世できる場合もありますが、努力や実力だけでは左右できない場合もあります。 大きな契約を交わす事ができたり、大きなポディションを任されたりと良い方向へ行くことができます。逆に仕事を頑張っているのに成果が出ない人は仕事運がありません。

 

商運

商運とは商売が上手くいく運気。商売上の運。お店の商品が売れて商売繁盛になるだけでなく、良い人材が集まりさらに向上していける運。

 

くじ運

くじ運はその名前の通りく、くじが当選しやすい運気です。年末ジャンボ宝くじ、サマージャンボ宝くじ、ロト7、ロト6、BIGなど日本では高額当選する可能性があるくじがいつくかありますが、それらのくじが当選する人はくじ運をもっているといえるでしょう。

 

勝負運

勝負運とは勝ち負けが決まるような接戦する場面において勝つことへと導くことができる運気です。戦国時代なら戦の勝ち負け、現在ならスポーツの世界における勝ち負け、さらにはサラリーマンの仕事においての勝ちまけなど、場面はさまざまですが勝つことができる運を持っている人です。競馬やパチンコなどギャンブルにおいて使われることもあります。

 

強運

強運とは人の力ではどうすることもできない状況にあるとき、最悪の事態から免れ良い方向へと巳を向かわせることができる強い運気を持った人です。強運は本人はもちろんですが、時には周りにいる人も良い方向へと導いてくれます。

  

天運

天運とは天から与えられた運命。 定め。人が生まれながらに持ったものです。 「天運に任せる」 つまり人間には知る由もない天のみぞ知るということ。しかし天気が雨から晴れへと変わることがあるように天運もかわります。雲の上はいつも晴れ、 はかりしれない自然との向き合い方であなたの運気も良くなります。

 

地運

地運とは人が生活する地上での運気。 住んでいる地域、家、部屋など。人が穏やかに過ごすには常に清潔が大切です。汚れた部屋、汚れた家、汚れた地域ではあなたの心も汚れてしまい運気は良くなりません。まずは身の回りから清潔にすることが大切なのです。

 

人運

人運とは人を引き寄せる運。生まれながらに持っている場合もありますが、生きていく上で人運を持つようになる場合もります。性格、言動などの他に日々の行動により変化します。「仇(あだ)も情けも我が身から出る」 自分の心がけや行いによって良くも悪くもなりうるということです。

 

幸運

幸運とは幸せになれる運気です。 仕事で出世していても幸せになれるとは限りません。 お金をたくさん持っていても幸せになれるとは限りません。好きな人と結婚したから幸せになれるとも限りません。幸せとは目に見える形で満たされたものではなく、心が満たされていること。死ぬ時に良い人生だったと思えること。

 

 

いかがでしたか。世の中にはたくさんの運気があります。また、その運気により人の人生は大きく左右されてしまう場合があります。

「情けは人の為ならず めぐりめぐって己がため」

「情けは人のためならず」という言葉は「人に情けを掛けてやることは結局その人ためにならない」と解釈している人がいますが、 「情けは人の為ならず めぐりめぐって己がため」 という全文を読めば違う意味があることに気づきます。

本来の意味は「人に情けを掛けておくと、巡り巡って結局は自分のためになる」。

自分のためだけでなく、人のために良いことをしていたら、それはいつしか自分に返ってくる、というもの。人の為に生きていれば運気は知らず知らずのうちに上昇していくものです。

 

以上、「あなたが幸せでありますように。」

-金運アップ・商売繁盛

Copyright© 金運恵比寿便り , 2019 All Rights Reserved.