大安吉日

金運アップ・商売繁盛

大安の意味と宝くじ当選の関係

更新日:

大安とは暦に記載される日時・方位などの吉凶、その日の運勢などの事項である暦注に「六曜(ろくよう)」というのがあり、その中の1つです。中国で誕生し、日本に入ってきたのは鎌倉時代末期から室町時代です。

六曜とは 先勝(せんしょう)・友引(ともびき)・先負(せんぷ)・仏滅(ぶつめつ)・大安(たいあん)・赤口(しゃっこう)の6つで構成されており、「大安」は最も縁起の良い日とされています。

六曜は 1年間を通して 「先勝」→「友引」→「先負」→「仏滅」→「大安」→「赤口」という順で一巡し、また元にもどって「先勝」 から一巡していくと思われている人もいますがそうではありません。

毎月の始まりの日の事を「朔日(さくじつ)と呼んでおり、現在の1日に何から始まるのかが決められています。

正月 7月 「先勝」
2月 8月 「友引」
3月 9月 「先負」
4月 10月 「仏滅」
5月 11月 「大安」
6月 12月 「赤口」

つまり5月1日、11月1日は「大安」から始まる月になります。

 

六曜の意味

先勝: 「先んずればすなわち勝つ」 。 急ぎ事、願掛け、訴訟、勝負事は吉。 午前中は吉。午後は凶。

友引: 「何事も勝敗がつかない日」。 「友を幸せに引く」とも言われ、結婚式等のお祝い事に吉。 午前11時より午後1時は凶、それ以外の時間は吉。

先負: 「先んずればすなわち負ける」。静かなることに用いて吉。 午前中は凶。午後は吉。

仏滅: 「 すべてむなしく終わる 」 。六曜の中で最も縁起の悪い大凶日。 一日を通して凶。

大安: 大安吉日とも言い、万事において吉 。結婚式・入籍や開店・開業、慶事、祭り事に吉。1日を通して吉。

赤口: 「 大事を行うことなかれ 」。祝事は大凶 。 午前11時より午後1時は吉。それ以外の時間は凶。

 

六曜の友引や先勝には時間帯によって吉凶が分かれますが、大安は終日良しとされ、何をするにも時間は考えなくて大丈夫です。

 

「大安」と「宝くじ」

年末ジャンボ宝くじや、サマージャンボ宝くじなど、 「 大安 」 の日の宝くじ売り場は長蛇の列ができます。

六曜の吉日とされる「 大安 」に宝くじを購入する人が多いのは「 金運の縁起を担ぐ 」という思いからです。何をするにも良いとされる「大安」は宝くじを購入する最もよい日と言えるでしょう。

購入する人が多くなるので、当選者も必然と多くなります。

 

また、高額当選祈願として 神社へのお参り をされる場合も「 大安 」が吉。どうせ行くなら縁起の良い日に行くようにしましょう。

なかなら当選しない人は購入する日、当選祈願をする日を考えてみるのもよいかもしれません。

あと、宝くじではありませんが、「財布の購入」や「財布の使い始めの日」も大安にすると良いと言われています。

-金運アップ・商売繁盛

Copyright© 金運恵比寿便り , 2020 All Rights Reserved.