1位


2位


3位

転職に失敗する医師の原因

転職に失敗する医師の原因

転職に失敗する医師の原因

毎年多くの医師が転職を行っています。転職に成功したと思う医師もいれば、当然、失敗したと思う医師もいます。 現在は医師不足で売り手市場の医師の転職ですが、だからといって『今の病院を辞めても簡単に次の勤務先を見つけられる』という考えは賛成できません。

4人に1人の医師は転職に失敗したと言っています。

数ある求人の中から記載された条件のみを鵜呑みにしてしまい、いざ勤務してみると・・・『面接の時と話が違うじゃないか!』となってしまうのです。 そんなことにならないように医師の転職は慎重に冷静に判断しなければなりません。実際にどのような事例があるのかみていきましょう。

転職に失敗したケース1

求人内容に『年収2,100万円以上』と記載された求人内容がありました。 年収アップができるならと飛びついて応募してしますケースです。 募集する病院側も医師不足の場合、早く医師が来てほしいので悪い情報は記載しません。 インパクトのある年収の部分を強調し、他の条件部分を濁してしまうのです。 その為実際に勤務した意思は給料は実際上がったものの、勤務時間も異常に増えた。 となってしまいました。
また、もっとひどいケースでは、そんなに高い給料を支払うだけの技術はもっていないから、少し下げさせてほしいと言われた医師もいます。 転職の際、もっとコンサルタントとのコミュニケーションを取り、病院についての実情やアドバイスをもらっておいたほうが良いでしょう。

転職に失敗したケース2

転職の際、一番大きな問題になるのが医局との調整です。 医局との調整が上手くいかず転職に失敗したケースです。 医師があふれているならともかく、医師不足の現在では医局側も引き止めにきます。 今辞められたら困るから1年くらいまってくれ、といわれた医師がいます。 むげに断ることもできず、いい求人があったにもかかわらずその時は転職しませんでした。
1年後転職活動を再開。 条件的には1年前の求人案件に勝るものはなく、妥協して転職。 妥協して転職しただけに業務内容に満足できないというとこになってしまいました。

転職に失敗しない為には。 個人で転職活動をする場合、なかなか言いたいこともいえません。 医師転職サイトではコンサルタントが間に入り調整を行ってくれます。 第三者が入ることで医局側も冷静に受け止めてくれるようになるのです。 医師の転職の場合、いろいろな事に気をつかい転職活動を行わないといけません。 半年から1年と少し長めのスパンでじっくりと行動される医師もたくさんいらっしゃいます。 1から10まで自分で転職活動をするのは無理があります。 医師転職支援サイト、医師専任コンサルタントなどの力を借りてスムーズにかつ、納得のいく転職ができるように頑張りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする