1位


2位


3位

民間病院・総合病院に転職する勤務医のメリット

民間病院・総合病院に転職する勤務医のメリット

民間病院・総合病院に転職する勤務医のメリット

医師が大学病院から民間病院(総合病院)に転職する際の『医者として働くメリット』は何かが気になります。 転職サイトには、民間病院(総合病院)の医師募集情報を掲載していることから毎日相談が寄せられています。

大学病院は研修医としての意味合いが強く、医師の平均年収より低い傾向にあります。教授や準教授などといった地位まで上り詰めれば高収入を得ることができますが、 一般的には民間病院の方が報酬が高い傾向にあります。

大学医局での勤務は「恩返し」「社会奉仕」の期間と考え、ある程度の時期が来ると医師として自分のやりたいことが出てくる医師も多く、民間病院への転職が増えています。

大学病院で経験を積んだものの、まだまだ経験不足を感じる為、ある程度の規模の病院に勤務して、たくさんの症例を経験したい医師、 開業などは考えていないのでクリニックよりも民間病院で勤務したいという医師、報酬の低さと多忙さが原因で転職している医師もいます。 既に医局人事を嫌い民間病院を渡り歩いている先人の医師が大勢います。

民間病院にも大小あり、大きな病院では多くの臨床経験が積めるといったメリットがありますし、小さな病院ではアットホームな環境で働きやすいといったメリットがあります。

民間病院でも田舎の病院や人の少ない診療科は医師が不足している場合があり、さらに年収の高い好条件での転職が可能です。 日本全体を見ても、東京・大阪・愛知・京都などの都市圏では医師の平均給与は低く、沖縄・埼玉・北海道などで平均給与が高いという統計があります。

都市部には最先端の医療設備や医療施設が整っている病院や、世界的にも件数の少ない症例を扱う医療機関などもあり、 医師にとっては非常に魅力的な環境と言うことができます。ですが、同時に医師が多すぎるために、需要に対して供給が上回り 給与が低くなるという現象が起きているのです。

転職サイトでは色々な医局、病院の給与水準から考慮し、給与を含めた勤務条件の交渉を代わりに行うことが可能です 。自分のスキルに見合う報酬や待遇、家族の幸せを大事にしたいと考え、転職を考える医師は多いのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする