1位


2位


3位

医局を辞めたい医師が転職で手に入れた『やりがい』

医局を辞めたい医師が転職で手に入れた『やりがい』

医局を辞めたい医師が転職で手に入れた『やりがい』

医局とは、医師の世界では切っても切り離せない制度であり、教授を中心とした医師同士の研究仲間、または研修医の教育機関となっています。

大学医学部の各医局とも、ひとつの医局にはひとりの教授しか存在せず、その下に准教授、講師、助手がいて、そのピラミッド構造の最下部は 多くの研修医や大学院生が担っている構図となっています。

医局に属する医師の数は十数人から多いところで100名を超え、政治の世界で例えるなら「派閥」のようなものだといえます。 医局の力は絶大で有能な医師であっても医局に属している以上、医局に背を向けては医師を続けていく事はできません。

医局は同一診療科の医師たちのグループのことを言いますが、法的な根拠に基づいた制度ではありません。しかし、人間関係、情報網、医療技術・知識の伝承、 はたまた勤務先の確保までのことを医局を通じて行わなければなりません。

ただ新たな「医師研修制度」が開始されたことにより、医局の勢力が弱まりつつあり、それと同時に転職支援サイトが多く誕生し、 医局に属さなくても医師を続けていく道を作る事ができました。それに伴い退局する医師も増加傾向にあります。

ただ、まだまだ医局の力は強く、地方では大学医局からの医師派遣によって成り立っているところが多数あります。 医局を辞めたいと思っていも円満退社をすることが大切です。事情はあると思いますがトラブルになると後々面倒なことにもなりかねませんので トラブルのない様に、『家庭の事情』や『親の介護』のためと言って相手に納得してもらうようにしましょう。

医局との方針が合わないと悩んでいる医師の数はかなりいます。「教授の考え方に賛同できない」「医局人事が気に入らない」「医局にいてもメリットがない」 「困ったときにサポートしてくれない」「教授が代わって診療方針も変わった」など不満や悩み、嫌な事があったときに離れたくなると医師達は言います。

医局を辞めて転職するのもかつては少数派でしたが、現在は個々の力量が求められる時代です。いまや大学医局に一度も入らないキャリアは珍しいことではありません。

転職サイトを利用した医師の中には医局を辞めて新たな人生を歩みだした医師はたくさんいます。教授を狙う気持ちがないのなら早めに転職したほうが収入や出世という面で、 優位なキャリアを築くことができます。

ただ、医局に属していたならば少なからず医局にはお世話になったはずです。そこの部分は謙虚に忘れず、円満かつ、そこに向かって 支援するくらいの気持ちを持っておきましょう。

キャリアアドバイザーは転職についての不安や悩みなどを伺い、成功出来る転職を万全の体制でサポートしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする