年収アップの転職は面接の前に決まる

年収アップの転職は面接の前に決まる

年収アップの転職は面接の前に決まる

医師が転職する際、応募側との面接が大切ですが、それと同じくらい面接前が大切です。担当者は転職したい医師が、どれくらい仕事ができるのか、 どれくらいの給料・年収が欲しいのか、どれくらいの休みが欲しいのかを把握することにより、こういった希望をしている医師がいますと応募側に紹介できます。

そうすることで相手側もそれをある程度承諾して面接を行いますので希望が通りやすくなります。特に給料・年収に関しては面接の段階で交渉するよりも、 紹介する段階で交渉した方が希望に近い条件で転職できることが多いです。

休みや勤務形態に関しても何も決めずに面接にいくと「この日でてくれると助かるんだけど・・・」と無理ならほかの医師を探すような雰囲気を漂わせてくる場合もあります。

面接では職務内容や給与、待遇、勤務条件など、先生のご希望と医療機関側との着地点を探ることがポイントになります。 また『絶対条件』と『できれば叶えたい条件』を明確にすることが大事になります。ある程度希望条件を提示して面接するのと、 何も決めずに面接にいくのとでは、何も決めずに面接にいくほうがメリットのない不利な条件を受けさせられます。

キャリアアドバイザーはその辺りも熟知していますので相談を受けながらサポートできる体制が整っています。 忙しい先生に代わり求人情報の選別から、応募側とのアポ取り、年収・勤務形態の交渉まで行っています。 面接については、面接の内容や先方の出席者については、担当者から事前に伝えさせていただきます。 また後日、面接で聞き忘れたことや疑問・不安な点があった場合は、担当者が医療機関へ確認してご連絡いたしますのでご安心ください。

辞めたいけど忙しすぎて転職情報を探す時間がないと悩んでいたなら、転職サイトを利用することで「こんなに転職がスムーズに行くならもっと早く転職していれば良かった。」 と言いたくなるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする