女性医師が育児と仕事を両立する為に転職

女性医師が育児と仕事を両立する為に転職

女性医師が育児と仕事を両立する為に転職

過酷な労働条件でありながら医師のしごとに就く女性が増えています。全医師数に占める女性医師の割合は、平成24年時点で19.7%を占め、それ以降も増加傾向にあります。
しかし、女性医師が着実に増える一方で、結婚や出産・育児 によってキャリアの中断を余儀なくされる場合も多いです。そんな理由から医療現場で、育児を抱える女性医師を支える取り組みも変わりつつあり、働きやすい環境作りが広がってきています。

転職サイトで取り扱う求人情報にも、『子育て支援制度あり、女性医師の働きやすい環境も整えています。』『病院保育室にお子様をあずけながら勤務でき女性医師の方も働きやすい環境です。』といった案件が増えています。

ここで少し法律の話をしますと、

『産休』とは、産前産後休業の略で、働く女性が出産前と出産後に取得できる、労働基準法で定められた休業期間のことです。生前前は出産予定日の6週間前になり、出産後は出産の翌日から8週週間となります。産前休業の取得には申請が必要ですが、産後休業に関しては該当の期間に働くことが禁止されています。ただし、産後6週間経過後に、医師が認めた場合は申請することによって就業が可能です。出産日が遅れた場合も、早まった場合も、出産日の翌日から産後休業8週間を取得できます。

『育休』とは、育児休業の略であり、子供を養育する労働者が法律に基づいて取得できる 休業のことです。1年間の育児休業または場合によっては、
最長1年6ヶ月休む事ができます。
1歳に満たない子どもを養育する男女労働者は、会社に申し出ることにより、子どもが1歳になるまでの間で希望する期間、育児のために休業を取得することができます。
1年経っても保育園が見つからないなどの場合には、1年6ヶ月までの延長が可能とされています。

女性医師の増加は、世界標準で見ると特別なことではなく、日本が少なすぎたといえるかもしれません。女性であっても一生涯続けられる仕事であり、社会的に信用もあるということで医師という職業は人気があります。特に地方では、勉強ができて向上心が強い女性に合った仕事というのが医師以外にはあまりなく、教育熱心な親ほど自分の子供を医師にしたいという希望が強いといいます。

しかし、ある一定の年齢に達した段階で減少していき、一度、結婚や出産をした医師は、復職しても常勤として働く割合は極めて低いと言わざるを得ません。医師不足はこういった背景も影響しています。ただ、婦人科、健診、小児科、内科、皮膚科などでは女性医師の需要が多く女性特有の病気を抱えている患者には女性医師の方が相談しやすいのは当然と言えます。

仕事を続けてキャリアをつくる道をつくり、活き活きと働く女性医師が増えればもっと医療の世界は変わるといえます。仕事と私生活を両立しながら、女性が医師として生涯活躍するための環境つくりは医療においてとても重要だと言えます。

両立を考えて転職を行った女性医師が利用したサイトは下記の会社です。

エムスリーキャリア

転科をする医師が利用している医師転職サイト1

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア株式会社は、医師専門の転職支援サービス。エムスリーキャリは大手転職サイトになり男性医師はもちろん女性医師も多く利用していることでも有名です。まだまだ数は少ないですが保育施設の利用可能な施設への転職もサポートしています。子育てをしながら柔軟な働き方を可能にしています。

リクルートドクターズキャリア

転科をする医師が利用している医師転職サイト3

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアは、株式会社リクルートメディカルキャリアが運営している医師転職サイト。医師だけでなく一般事務などの派遣斡旋をしていることでも有名な会社で女性が社会で働くことを考慮したサポートに定評があります。女性医師の置かれた現状を知り、 働き続ける工夫やヒントなど転職以外のことにも親身に相談にのってくれます。

医師転職ドットコム

転科をする医師が利用している医師転職サイト2

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムは、株式会社メディウェルが運営している医師転職サイト。女性が活躍できる、または長期的に働ける医療機関の求人を多数取り扱っています。「子供が小さいので急な休みに対応してほしい」「通勤時間をかけたくないので家から30分圏内が良い」など子育てに負担がかからない転職をサポートしてくれます。

結婚、出産、育児、親の介護などプライベートな時間もしっかりとりながら勤務を続けたい女性医師は多くいます。そういった事を考慮し早い段階で資格取得や専門分野でのキャリアアップをしっかりと行っている医師もいます。ライフイベントの多い女性は、その時の状況に合った「自分らしく働ける環境」を見つけることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする