1位


2位


3位

製薬会社にメディカルドクターとして転職する医師

製薬会社にメディカルドクターとして転職する医師

製薬会社にメディカルドクターとして転職する医師

医師が働く職場としては病院やクリニック以外に『メディカルドクター』という道があります。

メディカルドクターとは、製薬会社内で働く医師のことで、企業内医師とも呼ばれ、臨床開発において、治験データの解析や厚生労働省に申請する書類の評価等を主に行います。
日本における医師は、臨床医師がほとんどであまり知名度が高くありませんが、欧米では、製品や領域ごとに専門の医師を抱える製薬会社も珍しくありません。

製薬会社は医薬品の臨床試験の実施の基準として、

メーカーは、同意書、試験結果の論文、厚労省へ提出する申請書などは社内医師または会社が特別に契約した医師が評価しなければならない

という規則があります。また、製薬会社はメディカルドクターとの専門的な論議や折衝などもスムーズに行えるメリットが生まれる為、高収入を提示し医師を社員として迎え入れています。特に外資系の製薬企業は医師の採用活動に積極的です。

メディカルドクターの年収は1,500万円以上になることも多く、2,000万円以上も狙えます。

また、製薬会社は病院・クリニックと違い勤務時間が決まっています。病院では土日も仕事があるだけでなく、夜に急に呼び出されるような過酷な勤務をしていたも勤務医も、メディカルドクターに転職してからは土日が休みになり、当直、オンコールからの開放により精神的ストレスが緩和される医師も少なくありません。

メディカルドクターになるには博士などの学位、臨床経験などは必須条件ではありません。ただ、病院などへの転職とは少し異なります。製薬企業は応募者の専門領域や適性を見極めるために、厳しい書類選考をクリアしても面接を複数回行います。その理由として専門知識だけでなく、英語能力、リーダーシップ、コミュニケーション能力、グループ内での協調性などを考慮する必要があるからです。医療機関では採用を前提に面接を行う傾向が強いですが、製薬企業は慎重に人選し採用に至ります。

転職サイトでも求人情報がまだまだ少ないですが、メディカルドクターの求人情報を取り扱っています。自分が携わった新薬が開発されるという大きなやりがいがあり、『画期的な新薬の開発に携わることができれば、直接診療は行わなくても、一度に多くの患者を救える。』とのお考えから、製薬企業のMD(メディカルドクター)への転職を希望する先生もいます。

医師が働きやすい環境が整えらている企業が多く、例えば、フレックス制や研究日設定、臨床勤務許可等が設けらえれていたり、学会参加や各種団体への会合参加に関しても公務扱いとなっています。

メディカルドクターへの転職を行った医師が利用したサイトは下記の会社。

エムスリーキャリア

転科をする医師が利用している医師転職サイト1

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア株式会社は、医師専門の転職支援サービス。エムスリーキャリは大手製薬企業などの他、手厚いサポート体制の高待遇案件をいつくか取り扱っています。メディカルドクターの求人は一般の求人と比較してもかなり少ないのが現状ですが、タイミングさえあえばかなり良い条件で転職をすることが可能です。

医師転職ドットコム

転科をする医師が利用している医師転職サイト2

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムは、株式会社メディウェルが運営している医師転職サイト。高い英語力、リーダーシップ能力、臨床経験などある程度自分に自信がある医師ならかなり高収入な転職が可能になります。製薬医師求人は非公開求人が多いので登録してから選別していくことをお勧めします。

リクルートドクターズキャリア

転科をする医師が利用している医師転職サイト3

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアは、株式会社リクルートメディカルキャリアが運営している医師転職サイト。大手の会社ということもあり製薬会社とのパイプも太い。メディカルドクターへの転職を考える医師がまず登録するサイトといえます。

メディカルドクターしての募集で、対象となる年齢層は、30代後半から40代前半までが通例です。理由は「臨床経験」が強く求められているからです。基本的に製薬企業への入職決定後、1~2か月での入職が通例になりますので、入職希望日の3~4か月前から転職活動を始めることをお勧めいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする