1位


2位


3位

在宅医療・ 訪問診療の医師へ転職

在宅医療・ 訪問診療の医師へ転職

在宅医療・ 訪問診療の医師へ転職

在宅医療とは、自宅または施設で行う医療のことであり、外来・ 入院についで第三の医療として捉えられています。在宅医療の場合、定期的な診察と、緊急時の往診暮らしの場で、療養・病状が安定している場合も定期的な診療を行います。

少子高齢化社会対策のひとつとして、厚生労働省は在宅医療の推進をはかっています。厚生労働省が目指している対策のひとつに「地域包括ケアシステム」の実現があります。要介護状態になっても最期まで住み慣れた環境で自分らしい生活を送るための「住まい、医療、介護、予防、生活支援が連携した」システムのことを言います。

在宅医療や在宅介護の推進には、地域、医療機関、介護施設などの連携が不可欠ですが、現状では医療機関の数がまだまだ不足しています。

在宅医療は病院で生活するよりも精神的にも安定するため、入院中は不眠だった患者も在宅医療を始めるとよく眠れるようになったり、食欲が増したりするなど治療にもよい効果が期待できます。費用面においても、一般的に入院治療を継続するよりも在宅医療の方が安いというメリットもあります。

しかし、住み慣れた自分の家で療養したいと願う患者は多くいるのに対し、8割以上の人が病院で亡くなっている現実があります。その背景には患者の家族へ負担が大きくなる事が挙げられます。入院治療では日常のケアを看護師が行いますが、在宅医療の場合は食事や服薬の世話まで家族がサポートしなければならないケースもあります。家族の協力が不可欠な在宅医療はは、ひとり暮らしの高齢者にはどうしても限界があると言えます。

在宅医療の医師の給料・年収は大学病院の勤務医よりすこし高い傾向にあります。勤務時間は無理のない程度で勤務でき、休みもしっかりとれるとことが多いです。それだけでなく在宅医療は、今後ますます地域医療の中核として重要な役割を果たすとともに、医師のキャリアにおいても1つの大きな選択肢になりつつあります。

死を目前にされた患者さんは、死への恐怖はもちろんの事、一人ぼっちになって皆から忘れ去られてしまうのではないかという寂しさも抱えています。そんな患者の支えになれる医師を目指し転職する人も少なくありません。

在宅医療・ 訪問診療への転職を行った医師が利用したサイトは下記の会社。

リクルートドクターズキャリア

転科をする医師が利用している医師転職サイト3

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアは、株式会社リクルートメディカルキャリアが運営している医師転職サイト。大手の会社ということもあり都心部に限らず全国的に求人を取り扱っています。訪問診療の求人では年収1,000万円以上も多数取り扱っており現状維持もしくは年収アップの転職を可能にします。

医師転職ドットコム

転科をする医師が利用している医師転職サイト2

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムは、株式会社メディウェルが運営している医師転職サイト。40代以上の求人が豊富である程度の年齢を機に在宅医療の道へ進む医師も多い。オンコール対応なし 、当直なしといった体力的な負担を軽減しながら仕事ができるため、ゆとりをもって患者一人一人と向き合えるためそのやりがいも大きい。

エムスリーキャリア

転科をする医師が利用している医師転職サイト1

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア株式会社は、医師専門の転職支援サービス。大都市での求人に強く訪問診療の分野でも1,500万円以上の求人も多数存在する。丁寧に熱意をもって患者と向き合いたい医師が利用している。定年後再雇用ありの求人などもあり長い医師人生のプランを立てながら自分のペースで働くことができる。東京・神奈川県・千葉県などの関東圏、大阪府・京都府・兵庫県などの関西圏、その他、愛知県や福岡県などの医師がよく利用している。

在宅医療・訪問診療における医師の役割は、病院にように”病気を治す”ことではなく、その人らしい人生の穏やかな最期を迎えられるように、患者とその家族にそっと”寄り添う”ことが何より大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする