臨床検査センター・企業売上ランキング

臨床検査会社

臨床検査センター・企業売上ランキング

日本には数百の衛生検査所が存在するといわれており、検査センターとも呼ばれている 。そのうちエスアールエル、ビー・エム・エル、LSIメディエンスの3社は日本全国からの検査受託体制を整えており、日本三大臨床検査センターに数えられている。

第一位 株式会社エスアールエル(SRL)

売上:95,875,000,000円

株式会社エスアールエルは、臨床検査、検査試薬の製造開発・販売、滅菌・院内物流 管理、治験支援などを行っている会社。1970(昭和45)年設立で東京都新宿区西新宿に本社を構えている。主な事業内容は受託臨床検査事業、健診機関の運営受託・健康増進サービス、治験(医薬品開発)支援。社名のSRLは「スペシアル レファレンス ラボラトリー」の英文訳「Special Reference Laboratories」の頭文字を取ったもので、「特殊(臨床検体)検査の標準となるような検査機関」といった意味がある。

株式会社エスアールエル公式サイト

第二位 株式会社ビー・エム・エル(BML)

売上:87,452,000,000円

株式会社ビーエムエルは臨床検査の受託サービスを中心に、電子カルテシステムの販売や、治験、環境 検査、食品検査など幅広い事業を展開している。1955(昭和45)年設立で東京都渋谷区千駄ヶ谷に本社を構えている。主な事業内容は臨床検査の受託業務(内分泌、血漿蛋白、生化学、ウイルス、免疫血清、 血液、細胞性免疫、細菌、病理組織 等)。社名のBMLは「相互生物医学研究所」の英文訳「BIO MEDICAL LABORATORIES」の頭文字を取っている。臨床検査において一般から特殊まで、検査項目数が業界トップクラスを誇っている。

株式会社ビーエムエル公式サイト

第三位 株式会社LSIメディエンス

売上:86,287,000,000円

株式会社LSIメディエンスは健康で安心な社会を創造して いくという経営ビジョンのもと、多彩なヘルスケアソリューションを提供し、KAITEKI実現を目指している。1988(昭和63)年設立で東京都千代田区内神田に本社を構えている。主な臨床検査(生化学的検査、血液学的検査、免疫学的検査、微生物学的検査、遺伝子関連検査、病理学的検査、その他検査)、予防医学関連サービス、医療関連サービス。2014年に生命科学インスティテュートの子会社として、LSIメディエンスと社名変更している。また世界アンチ・ドーピング機関(WADA)および公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(JADA)認定による、ドーピング検査の受託検査業務を行っている日本で唯一の検査機関でもある。

株式会社LSIメディエンス公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする