援助交際・援交動画

援助交際・円光

援助交際とはその名前の通り、援助をする代わりに交際をするというもの。

「援助」する言葉だけをみれば人のために手助けをするとても親切な行為ですが、それを見返りに交際する「援助交際」は列記とした犯罪行為です。

厳密に言えば援助交際の多くは18歳未満の未成年に対して行われることが多く、18歳以上の成人と援助交際を行なっても、罰則の対象になりません。キャバ嬢にエルメスやシャネルの財布を貢いで交際に至っても犯罪にならないのと一緒です。

18歳未満の児童と援助交際を行なった場合、児童買春罪になり5年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金が科せられます。

18歳未満とは知らなかったと言い訳を言っても制服を着た少女とホテルにいったら問答無用でアウトです。本当に18歳未満と知らずに交際に至った場合、ギリギリセーフなのは独身の男性に限ります。その理由は18歳未満の少女と交際に至ったとしても独身同士の自由恋愛に児童買春罪が科せることは難しいからです。つまり結婚している男性の場合は自由恋愛も何もありませんので即アウトになります。

買春防止法というのがありますが、買春防止法は女性が強制的に買春をさせられることを防ぐ為の法律で、18歳以上の成人が援助交際を行なっても、罰則の対象になりません。

ただ売春に関して、ネット掲示板に売春の勧誘をした場合は犯罪になりますのでアウトです。出会い系サイト規制法違反が科せられます。男性であれ女性であれ買春を勧誘した人が該当します。実際に逮捕された例はいくつもあります。

援助交際の様子を動画で撮影した場合、厳密には18歳未満の児童のわいせつな画像を撮影した場合においては児童ポルノ製造罪が科せられ5年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金になります。

最悪逮捕された場合、逮捕後72時間は証拠隠滅や共犯者などの逃亡を防ぐ為に、例え家族であっても面会することが禁止されています。勾留は逮捕後最大23日に及ぶこともあり、仕事に影響がでるだけでなく解雇になる場合もあります。

相手が大人の場合は被害者に示談金を支払い謝罪することも可能ですが、援助交際の場合は18歳未満となり、法律上未成年との直接示談はできないため、保護者である親と示談交渉することになり示談が困難になることは安易に予想できます。

最後に、援助交際または児童買春罪は懲役刑も用意されている比較的重い罪です。突然逮捕されてしまうことも十分に考えられます。くれぐれも犯罪行為は行わないようにしましょう。

スポンサーリンク