冬のボーナスをもらってから退職・転職はあり?なし?

161130-003
ビジネスマンにとって冬の楽しみと言えばクリスマスでもなくお正月でもなく『冬のボーナス』という人も多いのではないでしょうか?
冬のボーナスは夏よりも多く貰える傾向にあるため、ブランド品や高級腕時計などの高額商品の購入や海外旅行などに充てようと考えている人も多いこの季節。

ただ、まだまだ不景気な昨今、去年よりボーナス支給額が減ってしまった人や、ボーナス自体支給されないビジネスマンがいるのも事実です。

転職を考えているなら、しっかりとボーナスをもらってから行いましょう。退職手続き中の社員にはボーナスを支払わないということを就業規則で定めているところもあります。

今、業績は悪いけど一致団結して明るい未来へ向かって言っている会社なら後ろめたい気持ちになるかもしれませんが、売り上げが悪いのに会社の体質改善が見込めないワンマン社長の会社や、毎日終電まで残業させられているブラック企業ならドライに割り切って貰えるものは貰ってから辞めましょう。

また、転職した後の事に関して言えば、「退職の申し出は、退職の1ヶ月前までに」と定められている場合、1ヶ月の引継ぎ期間を経て転職する事になりますが、冬のボーナスの次は『夏のボーナスの評価期間』が始まります。ある程度早い段階で転職しないと次の夏のボーナスに影響することを考慮しておきましょう。

転職サイト大手のリクルートエージェントなら、転職に慣れていないビジネスマンに対してキャリアアドバイザーが転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。また登録後の面談を行う中であなたの強味を発見して有利な転職をサポートしてくれます。

ビジネスマンの強い見方になってくれること間違い無しです。

リクルートエージェント

スポンサーリンク