2016年、京都の紅葉を楽しむ大人旅。ランキング上位の観光名所をご紹介

1年中を通して人気の観光地『京都』ですが、紅葉のシーズンの京都もお勧めです。

京都の紅葉シーズン 人気観光名所ランキング

1位 京都 清水寺

kyoto-sightseeingtourism-01

知らない人がいないくらい有名な京都の観光名所『清水寺』。あまりに有名なため混雑は避けては通れませんが、ライトアップされた紅葉は圧巻の一言。死ぬまでに一度は見ておきたいといっても過言ではありません。

創建は 平安京遷都よりも古く延鎮上人により宝亀9年(778年)に開山されたと伝えられています 。

奈良時代から始まった宗派の僧侶、延鎮上人(えんちんしょうにん)は夢で「木津川の北流に清泉を求めて行け」というお告げを受け、翌日にその清泉を求めて山に入ります。

その後、坂上田村麻呂という人物が鹿を捕まえる為に山に入りますが、音羽山で延鎮上人に出会います。延鎮上人に殺生はいけませんと仏の教えを説いてもらったところ、その教えに感銘した坂上田村麻呂はその場所に清水寺を創建しました。

現在の清水寺は5万坪余りの境内があり、山陰唯一の三重塔など、県や国の重要文化財も数多く、荘厳(しょうごん)な空気に包まれています。

2位 京都 嵐山

kyoto-sightseeingtourism-02

清水寺と並んで京都の有名観光名所『嵐山』。国の史跡および名勝に指定されており、春は桜、秋は紅葉が美しいことでよく知られています。右側の西京区と左側の右京区の間を流れる桂川に架かった渡月橋(とげつきょう)周辺全域をひとまとめに嵐山と称しています。

数え歳で13歳になった子どもが大人の仲間入りを祝い、心身ともに健康であるようにと祈り願う京都独自の行事『十三詣り』が執り行われていますが、嵐山の十三詣り虚空蔵「法輪寺」では、「せっかく授かった知恵が舞い戻ってしまう」と渡月橋を渡りきるまで後ろを振り向いてはいけないという言い伝えがり、京都ではかなり有名な話です。

国内外から多くの人が訪れる有名な観光地で、嵐山でランチするのもお勧めです。

3位 京都 東福寺

kyoto-sightseeingtourism-03

京都の紅葉と言えば『東福寺』。テレビや雑誌で京都の紅葉特集をする時には必ずと言っていいほど登場する有名観光名所です。

摂政九條道家が、奈良における最大の寺院である東大寺に比べ、また奈良で最も盛大を極めた興福寺になぞらえようとの念願で、「東」と「福」の字を取り、京都最大の大伽藍を造営したのが慧日(えにち)山東福寺です。

中国の宋から持ち帰ったとされる、葉先が3つに分かれた「通天モミジ」とよばれるカエデが有名。JR京都駅から1駅でいけることもあり、かなりの混雑が予想されますが、朝一番に行くのがお勧めです。ゆっくりと紅葉を楽しむ事ができます。

京都の紅葉シーズン 大人旅にお勧めの名所

1位 京都 南禅寺

kyoto-sightseeingtourism-04

京都市左京区南禅寺福地町にある寺院『南禅寺』。鎌倉時代に創建された臨済宗のお寺で、桜や紅葉の季節になるとその美しさは格別で、四季の移りを堪能できます。石川五右衛門の名台詞「絶景かな、絶景かな」はここの三門からの眺めの良さを語ったものです。

大坂夏の陣で戦った武将藤堂高虎が家来を弔う目的で建てられた『三門』も見所ですが、南禅寺の境内を通る水路橋が見所です。琵琶湖から市内へ向けた水路として明治時代に建てられました。ロケ地としても有名でドラマで多数撮影されています。

南禅寺といえば高級湯豆腐が有名です。湯豆腐ランチで大人のデートを楽しみましょう。

2位 京都 貴船

kyoto-sightseeingtourism-04

京都駅から車で40分ほど北上した地にあり、京都の奥座敷として知られています。静かな自然に囲まれた貴船川沿いに料理旅館が立ち並びます。

貴船にある貴船神社は水の供給を司る神を祀る古社で、平安時代の女流歌人、和泉式部が参詣したことも有名です。また、縁結びの神としての信仰も厚く、二人の将来を願う若い世代の参拝者も多くいます。

京の奥座敷、貴船界隈は紅葉に鮮やかに彩られ、灯篭の灯りにつつまれます。秋は松茸料理やもみじ御膳がお勧めです。いつもと違う世界に二人の距離はさらに縮まることでしょう。

3位 京都 青龍殿

kyoto-sightseeingtourism-05

京都市東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある天台宗の寺院『将軍塚 青蓮院(しょうれんいん)』。青蓮院は北野天満宮前にあった「平安道場」(旧大日本武徳会京都支部武徳殿)を京都府より譲り受け、飛地境内の将軍塚に移築、再建しています。奈良の大仏殿の横幅半分ほどある、日本木造建築技術の最高期に造られた巨大木造建築です。

青蓮院の飛地境内である将軍塚の境内地には、北展望台と西展望台があり、西展望台からは京都全市街繁華街を眼下に見下ろすことができます。清水寺の舞台の約4.6倍の面積があり、夕日が沈む時間帯が神秘的でお勧めです。

大舞台から見下ろす京都の景色もいいですが、青龍殿にある庭園の景色もぜひ見ておきたいもの。四季折々の植物が咲き誇る庭園は京都観光の穴場とも言える場所になっています。
紅葉シーズンに泊まれる京都の大人旅で秋の絶景を満喫!

スポンサーリンク