芸能人にも多い病気「急性すい炎」 みぞおちに激痛

急性すい炎

急性膵炎(きゅうせいすいえん)

急性すい炎とは、強力な消化液であるすい液がすい臓を溶かしてしまう病気です。

急性すい炎は、すい臓から分泌される消化液である「すい液」が原因で起こりますが、通常、すい液に含まれる消化酵素は、すい臓の中では不活性で消化能力を持ちません。しかし、何らかの原因で消化酵素がすい臓内で活性化すると、すい臓自体を溶かす自己消化が起こります。これが急性すい炎です。重症になると、すい臓から漏れ出したすい液が、周りの脂肪や血管や臓器まで溶かす場合があり、命に関わることもあります。重症患者の致死率は10%にも上ります。

膵臓(すいぞう)

160704-a005

膵臓(すいぞう)は体の中心に位置し、長さ15cm、幅4cmほどの比較的小さな臓器です。十二指腸と脾臓の間にあり、十二指腸側から、膵頭部、膵体部、膵尾部と呼ばれています。

膵臓(すいぞう)は食べ物を消化するすい液を作り、十二指腸(じゅう にしちょう)に送り出すはたらきをしています。また、血液中の糖分の量を調節する ホルモンを作り、血液の中に送り出すはたらきもしています。

急性すい炎の原因

急性すい炎の主な原因は、アルコールと胆石によるもので、そのほかに薬剤性や脂質異常症、原因不明(特発性)などが挙げられますし、膵(すい)がんが隠れていることもあります。男性における病因は主にアルコール摂取、女性は胆石であったり、特発性が多い傾向にあります。

胆石症の場合
正常な状態では、膵臓は膵管を通して十二指腸に膵液を分泌します。膵液(すいえき)は不活性型の消化酵素と、酵素を不活性化している抑制物質を含み、消化酵素は十二指腸に入ると活性化します。オディ括約筋に胆石が詰まって膵管が閉塞すると、膵液の流れが止まります。この閉塞は一時的なことが多く、ダメージは限られたものですぐに回復します。しかし、閉塞が長びくと膵臓に活性化した酵素が蓄積し、それが抑制物質を上回ると、膵臓の細胞を消化し始め、重症の炎症を起こします。

アルコールの場合
急性膵炎、慢性膵炎になってしまった人の多くは、毎日大量にお酒を飲んでいる傾向にあります。急性膵炎になってしまった人のうち、男性の半分弱、女性の1割弱がアルコールが原因とされます。慢性膵炎では男性の8割近く、女性の2割以上が大量に飲酒しています。特に近年、女性のアルコール性膵炎患者が増えてきているという特徴があります。

大量の飲酒とは純アルコール、1日80g以上の量。日本酒で3合以上、ビールで大瓶3本以上、ウイスキーでボトル1/3以上の量になります。

お酒を飲むと胃液の分泌が高まります。胃液の分泌が高まると、今度は膵液(すいえき)の分泌も高めるよう命令が出ます。結果として膵液の分泌が増えます。膵液の量が増えてすぎてしまうと十二指腸へスムーズ流れなくなります。膵管の中で滞るようになってしまうと、膵管の中の内圧が上昇し、それによってお腹の痛みが出るようになってしまうのです。

アルコールのほか、食生活の欧米化にともなった高脂血症、薬剤の投与、事故によるすい臓の損傷などもすい炎の原因となります。

急性すい炎の症状

急性膵炎を起こした人のほぼ全員で上腹部の胸骨の下あたり、みぞおちの辺りに激痛が生じます。約50%の人で、この痛みは背中まで突き抜けます。

アルコールが原因の場合は、飲酒してから数時間後に症状が出ることが多く、特発性の場合は数日間かけて起きることもあります。また、すい臓は胃の裏側に位置していて背中に近いため「背中の痛み」を感じるのはその為です。

腹部に痛みが起きたことで、胃にけいれんが起きたり、漏れたすい液によって胃に炎症が起きて「吐き気・おう吐」が起こることもあります。

急性すい炎の芸能人・有名人

大木こだま・ひびき 大木ひびき
中川家 中川剛(兄)
チュートリアル 福田充徳
次長課長 河本準一

急性すい炎の治療

一般的な急性膵炎の治療は、まず膵臓を休ませ、安静に保つことが基本となります。食事や水分を摂ると膵液の分泌を促し、膵炎を悪化させることになるので、初めのうちは、絶食・絶飲となり、水も飲めません。食事や水分が摂れない間は、電解質(ナトリウム)を含む水分や栄養分を点滴で補給します。

腹痛などの痛みに対しては、鎮痛薬を注射または点滴で投与します。また、感染症を予防するための抗生物質を投与したり、膵臓が自己消化するのを抑えるために、タンパク質分解酵素阻害薬を投与します。このような治療によって軽症や中等症の急性膵炎の殆どは順調に回復していきます。

急性膵炎の初期症状としてもっとも多いのは、持続的で激しい上腹部痛です が、腹痛の程度は個人差が大きいため、腹痛の程度と膵炎の重症度は必ずしも比例 しません。稀に腹痛を訴えない無痛性急性膵炎もあります。急性膵炎は急性腹症の一つであり、重症化した場合には死亡率が高い疾患です。痛みなどがあればできるだけ早めに病院に行って診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク