最新家電・調理器具 ドラム式洗濯機ではなく「ドラムクック」

160704-a003

「まわる料理人」煮る × 焼く × 炒める!ドラムクックが提案する新料理スタイル。【新発売 】ドラムクック(drumcook) 新料理スタイル!煮て、焼いて、炒めてと一台で何役も こなすドラムクック。食材と調味料を入れて、タイマーをセットしたら、自動で調理。

ドラム式洗濯機のように、くるくると回転します。

マルチ調理器「ドラムクック」を開発したのは「テドンF&D」という企業。「テドンF&D」は、1990年に「テギョン総合商社」としてスタートし、身の回りの多様な製品を韓国に輸入していましたが、2012年に、料理がもっと楽になる新しい概念のマルチ調理器の開発に乗り出し、去年、「ドラム・クック」を発売しました。
「ドラム・クック」は、ドラム缶の形をした本体、ガラスの蓋、その蓋についたタイマー兼ハンドルからなる、コンパクトながらも機能性を追求したデザインとなっています。誰でも使い方がすぐわかる、直観的なデザインになっていて、先週、京畿道高陽市で開かれた「韓国電子展」ではベストデザイン賞を受賞しました。

「ドラムクック」は、バーベキューグリルとスチームオーブンを融合させた万能調理器で、直火焼きをはじめ、炒め物、揚げ物の料理もできる賢い製品です。調理方法もとても簡単で、材料を本体の中に入れ、ガラスの蓋を閉じ、タイマーを設定すると、本体がくるくる回転し、外側はカリカリしていて中はジューシーな料理ができあがる、世界初のドラム式調理器となっています。
KBS World Radio

製品名 ドラムクック
型式  DR-750N
定格  入力AC100V 50/60 出力690W
主な材質 本体  :スチール アルミニウム合金
ポット :表面フッ素加工アルミニウム合金
ガラス蓋:強化ガラス
(ガラス蓋仕様)
品名     強化ガラス製器具
強化の種類  全面物理強化
取っ手の材質 フェノール樹脂
パッキン材質 シリコン

セット内容 本体、ポット、ガラス蓋、説明書、レシピ、
油受け皿、ポット栓2個、ポット栓リング2個
(1個はポットに装着済み)
生産国   韓国

煮て、焼いて、炒めてと一台で何役もこなすドラムクック。
食材と調味料を入れて、タイマーをセットしたら、
回転して自動で調理。その姿はまさにシェフ


ドラムクックで新料理スタイル!

スポンサーリンク