人気ブランド、クリスチャンディオールから香水「プワゾン ガール オードパルファム」が新発売

プワゾン ガール オードパルファム
Christian Dior

Christian Dior(クリスチャンディオール)はフランスのノルマンディー地方グランビル 生まれのデザイナー。1946年にブランドを設立し、翌年にはパリコレデビューを果たしています。

華やかで女性らしいブランドデザインを行いファッション業界へ革命を起こした最高級 ブランドであり、数々の話題性と、流行の最先端を行くクリスチャンディオールは、今や女性に大人気の ブランドに成長。

そんなクリスチャンディオールから新たな香水が発売!

クリスチャン ディオール Christian Dior プワゾン ガール オードパルファム EDP

プワゾンシリーズから、フローラルで芳醇、甘くスパイシーな香りの若い女性をイメージした現代的なフレグランスが登場。「プワゾン」のドラスティックで過激な香りの構成を用いながらも、甘いバラをフレグランスで表現した、魅惑的で屈託の無い女性らしいセクシーな香りです。

■香調
トップ:ビターオレンジ
ミドル:ダマスクローズ、グラースローズ
ラスト:トンカビーン、サンダルウッド、バニラ、アーモンド、トルーバルサム

プワゾンシリーズ

160701-b014

プワゾンは数種類発売されていますが、紫色のプワゾンは1985年バブルの頃に発売された毒という名の世界中にセンセーショナルを巻きおこしたフレグランスです。とても官能的で大胆でセクシーという大人の女性のイメージの香水です。

以降プワゾン=魔性という観念が浸透し、本や映画の題名としても数多く使われています。日本でも小池真理子の「プワゾンの匂う女」が有名です。「毒」というこのネーミングは、詩人ポール・ヴァレリーの、「香りは心の毒である」という言葉からの引用です。
ヒプノティック プワゾン
クリスチャン ディオール CHRISTIAN DIOR ヒプノティック プワゾンは、ビターアーモンドとコクのあるリキュールの香ばしさや、なまめかしいバニラ、ムスクなどが絡み合う衝撃的で官能的な香り。スウィート&セクシーなのに上品、絶大な人気をほこる香り。現在は生産終了で超入手困難な香水。催眠効果のある毒と名付けられた香りはバニラ・アーモンドの甘い香りにスパイス・ウッディ・モスが奥行きを与え深みのある香りに仕上がってます。

ピュアプワゾン
クリスチャンディオール ピュアプワゾン(プアゾン)EDP オードパルファムは、いままでのプワゾンのイメージを踏襲しつつも、爽やかなホワイトフローラルの優しい香りに仕上がった、近年の中でベストフレグランスに入る秀逸な香りです。トップはジャスミンが清楚に、オレンジフラワーが軽やかに香り、ミドルはクチナシ、ラストはムスクがほんのりと優しく香ります。


セクシーで自由な香りプワゾンガールは一瞬で惑わし、ずっと続く喜びで虜になる甘い罠。

スポンサーリンク