30代ビジネスマンに似合うロレックス、高級腕時計は男の格を上げる

160630-a011

30代になれば、仕事にも慣れ、ある程度自分の判断でビジネスを展開していける年代です。一流の男の証となる選ばれしメンズが持つべき時計といえば、やっぱりロレックス。

仕事の出来るビジネスマンは、イイモノを嫌味なくスマートに腕時計を身に着けます。腕時計でその人の価値が決まるわけではありませんが、社長や役員、一流ビジネスマンがブランドの腕時計をしている方が多いのも事実。これは、単純に「お金があるから」だけでは割り切れません。

ビジネスの場では初対面や会っても数回ということも多いので、その人を判断するにあたってどうしても身なりなどの外見で判断せざるを得ないという状況もあります。

一流になったから一流のものを身に着けるのではなく、一流を知るために一流のものを身につけるのも良いのかもしれません。

30代 男性ビジネスマンに人気のロレックス

1位 ROLEX SUB MARINER
ロレックス サブマリーナデイト Ref.116610LN
ROLEX SUB MARINER 116610LN
2010年のバーゼル・ワールドにて登場したサブマリーナデイト。高級感と耐久性が与えられたセラミック製の回転ベゼルは、目盛りの部分にプラチナをコーティングしたこだわりの仕様となっています。ブレスレットにはグライドロッククラスプが装着されることで、手軽にブレスレットのサイズが調整できるようになりました。

2位 ROLEX ExplorerII
ロレックス エクスプローラーII Ref.216570

ROLEX ExplorerII 216570

20年ぶりにモデルチェンジを果たした、エクスプローラーII 216570。前型の16570に比べて、2ミリ大きくなったケースは厚みも増したことで、頑強なイメージがより強調されたといえます。ムーブメントは耐磁性能に優れた、ロレックス独自のパラクロム・ヒゲゼンマイを備えた、キャリバー3187クロノメーターで、安定した精度を誇っています。

3位 ROLEX Sea-Dweller
ロレックス シードゥエラー 4000 Ref.116600

ROLEX Sea-Dweller 116600

2014年発表のモデル【 SEA-DWELLER シードゥエラー 4000 】
「ディープシー」のケースサイズ43mmから40mmに少しサイズダウンして
サブマリーナと同じサイズになりましたが、脅威の4000フィート(1220m)の防水機能を実現しています。

4位 ROLEX ExplorerⅠ
ロレックス エクスプローラーⅠ Ref.214270

ROLEX ExplorerⅠ 214270

2010年バーゼルワールド発表のエクスプローラー、ケースサイズが36mmから39mmに大幅にアップしたロレックスの意欲作です。 文字盤の3・6・9のインデックス上にホワイトラインがなくなり、『EXPLORER』の表記が6時側に移動したという外見上の変更だけではなく、ムーブメントにおいてもパラクロムヒゲゼンマイを装備し耐磁性能を上げています。

5位 ROLEX GMT Master II
ロレックス GMTマスターII Ref.116710BLNR

ROLEX GMT Master II 116710BLNR

1955年、国際線パイロットたちの為に作られたスポーツモデル「GMTマスター」
24時間ベゼルとの組み合わせで第3時間帯まで表示が可能な高機能モデルです。
耐久性に優れたセラクロムベゼルによる昼と夜を表した青と黒のカラーリング
キレイな配色で2013年のデビュー以来、大人気モデルになっています。

6位 ROLEX Yacht-master
ロレックス ヨットマスター ロレジウム Ref.116622

160701-a001

プラチナとステンレスを組み合わせたスタイリッシュな高級感で人気を博すヨットマスター・ロレジウム。2012年のバーゼルワールドにて登場したRef.116622は、ラグジュアリーマリンモデルに相応しいエレガンスとスペックを兼ね備えたスポーツモデルです。エンボス加工が施されたプラチナ製ベゼルは、内部機構が一新され、120個もの刻みとトリゴナル・スプリングにより両方向へのよりスムーズな回転を実現。また、操作性ばかりではなく耐久性や機能面も高められています。

7位 ROLEX Submariner Date
ロレックス サブマリーナ デイト Ref.116613 LB

160701-a002

Ref.16613の次期モデルとして、デザインは受け継ぎながらも、耐蝕性と、耐傷性に優れたセラミックベゼルを搭載し、2009年に誕生したサブマリーナーがこのRef.116613LB。通称“青サブ”と呼ばれ、数多くある18Kコンビモデルの中でも、人気・知名度ともに非常に高いモデルです。

8位 ROLEX Submariner Date
ロレックス サブマリーナ デイト Ref.116613LN

160701-a003

Ref.16613の次期モデルとして、デザインを受け継ぎながら、耐蝕性と、耐傷性に優れたセラミックベゼルを搭載し、2009年に誕生したサブマリーナーがこのRef.116613LN。通称“黒サブ”と呼ばれ、数多くある18Kコンビモデルの中でも、青サブと肩を並んで人気の高いモデルです。

9位 ROLEX Cosmograph Daytona
ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.116520

160701-a004

ロレックスを代表する人気モデルがロレックス・コスモグラフ デイトナ(116520)です。現在のロレックスがラインナップするコレクションの中で、唯一クロノグラフ機構を採用した、スポーツモデルのフラッグシップです。機械式クロノグラフ時計のスタンダードともいえる、3カウンターのクロノグラフ・フェイスは、大きなインダイアルを採用していることもあり、非常に視認に優れたものといえます。

10位 ROLEX Oyster Perpetual Date
ロレックス オイスターパーペチュアル デイト Ref.115200

160701-a005

2007年にモデルチェンジした「Ref.115200」。ケースラグまでポリッシュされたオイスターケースは100mの防水性を発揮。ケースサイズは34mmと小振りなものとなり、デイトジャストとの差別化が図られています。オイスターブレスレットはセンター駒がポリッシュ化された最新型で高級感も向上しております。

11位 ROLEX Datejust
ロレックス デイトジャスト Ref.116200

160701-a006

1945年に登場したデイトジャスト。12時に日付が瞬時に変わる「デイトジャスト」機構を搭載したロレックスの上級モデルは、現在までにもっとも豊富なバリエーションを誇るモデルといえるでしょう。ケースラグのポリッシュ、ブレスレットの構造がリニューアルされたことで、より実用性が向上しました。

12位 ROLEX Cosmograph Daytona
ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.116520

160701-a007

ロレックスを代表する人気モデルがロレックス・コスモグラフ デイトナです。現在のロレックスがラインナップするコレクションの中で、唯一クロノグラフ機構を採用した、スポーツモデルのフラッグシップです。搭載されている自動巻きクロノメーター・ムーブメント(Cal.4130)は、ロレックス社が完全自社開発を行ったものとなります。

13位 ROLEX GMT Master II Date
ロレックス GMTマスターII 赤青ベゼル Ref.116719BLRO

160701-a009

ロレックスが2014年のバーゼルワールドで発表した新型GMT-MASTERIIの赤青ベゼル Ref.116719BLRO。セラミック素材で再現するのが難しいといわれる「赤/青」カラーをロレックスの技術力で見事に再現。重量感のあるホワイトゴールド素材のケース&ブレスレットとともに、独自の存在感を与えてくれます。

30代ビジネスマンはロレックスで男の格を上げる!

スポンサーリンク