視力測定がパソコンで出来る。眼科・眼鏡屋にあるランドル環で検査&視力低下の原因 予防 対策

身が悪い人必見!目が良くなる視力回復画像

目(視力)が悪くなると症状

くなる症状についてはふたつあります。ひとつは、目の玉が、のようにすこし細長くなっていて、のところがふつうよりっこんでしまうためです。こうなるとうまくピントがわなくなり、くなってしまいます。この症状は遺伝の可能性が高く両親からは子供がうまれることがいのです。目が悪くなる原因の1割程度いるといわれています。残りの9割は環境によるものが原因です。
もうひとつの原因は、にある水晶体というものがうまくはたらかなくなってしまうということです。水晶体というのは、カメラのレンズのようなもので、みをかえることでピントをわせるはたらきをしています。くばかりをずっとていると、水晶体いレンズになりっぱなしで、そのまま、完全にもどらないことがあります。そうなると、くはえてもくはぼやけてよくえなくなってしまうのです。

目(視力)が悪くなる原因

1、近くのものを長時間見続ける

勉強や読書、パソコン、ゲーム機は、すべて近くのモノをみます。最近ではスマートフォンの画面を近くで見る人も多いのではないでしょうか?

近くのものを見ると、目の内部にある毛様体という筋肉を緊張させることになります。毛様体には毛様体筋という筋肉があり、この働きにより、水晶体の厚さをかえ、眼底に はっきりした像を結ぶ働き(ピント合わせ)をしています。この働きを調節と呼びます。

近くを見すぎることで、毛様体という筋肉を緊張させ目に負担がかかるため目の疲れ、そして視力の低下を招いているのです。

近くを見すぎた時は、遠くを見て、毛様体筋が緩(ゆる)め、水晶体を薄くする必要があります。疲れている時、遠くを見ると目が休まるのは筋肉が緩むためです。

2、ブルーライトの光の刺激を受けすぎる

ブルーライトは、人間の目に見える光(「可視光線」)の一種です。可視光線にも種類がありますが、その中でもいちばん波長が短い部分(380~495ナノメートルくらいの波長です)にあたります。「ブルーライト」という名前からもわかるように、青から紫に近い色を発するのが特徴です。ブルーライトは、パソコンやテレビ、あるいはスマートフォンやゲーム機から発せられている光です。

今のところ、視力とブルーライトとの関係ははっきり分かっていません。ブルーライトを見過ぎると目が悪くなるとか、見なければ目がよくなるとかそういった関連性はありません。

ただ、弱い光より強い光の方が当然、目がつかれやすくなります。

ディスプレイのブルーライトは強い光を発していることが多いので、瞳孔を小さくするために、目の筋肉を酷使させることになります。長時間ディスプレイを見続けることによって、目の疲れや痛み、ドライアイ、肩の凝り痛み、不眠、食欲減退などの症状になる可能でもあります。 ブルーライトは視力以外の影響も大きいので気をつけましょう。

3、暗い場所でモノを見る

「暗い場所でモノをみると目が悪くなる!」と親などに言われた人もいるのではないでしょうか?ただ、実際のことろ、暗い場所でモノを見ても目は悪くなりません。

暗い場所にいる時、人の目は少しでもたくさんの光を取り入れようと瞳孔が開くようにできています。一方、読書のように近くのものを見る時は、反対に目は瞳孔を縮めようとします。瞳孔の働きが真逆になってしまうため、暗いところで読書を行うと目が緊張して疲れたように感じてしまいます。

暗い場所でモノを見たときに目が疲れたり視力が落ちたように感じたりするのは一時的なものであり、休めば回復します。

ただ、暗い場所で読書やゲーム、スマートフォンの動画を見てしまうと、通常よりその世界観に入りこんでしまうことがあり、結果的に「近くのモノを長時間見続ける」ということになり、目に負担がかかり、目の疲れ、視力の低下を招くことになるのです。

4、栄養不足

栄養不足も目が悪くなる原因だと言われています。食生活が乱れ、偏食になると目に必要なビタミンAやビタミンB12が不足し、目が悪くなります。ビタミンB1は目の神経伝達に不可欠ですが、甘いものを食べ過ぎると消費されてしまい、目のなかにとどまらなくなります。これが急激な視力低下を引きおこす危険があるとされています。

今ココで、視力検査をしてみましょう。

気づかないうちに目が悪くなっていませんか?

視力検査のできる場所と言うと、眼科やメガネやにいって、壁にランドルト環の紙を貼ってある場所から3メートルぐらい離れてチェックしたり、機械の測定データで検査するのが一般的です。でもここでも簡単に視力検査できます。

パソコンで視力検査 ランドル環

目(視力)が悪くなる前に。予防・改善

1、環境をよくする

何事も適度が大切です。読書をするのも、ゲームをするのも、パソコンをするのも、ほどほどにしましょう。目をリラックスさせることで、目が悪くなる、視力の低下が防げます。目は一度悪くなると、なかなか視力が戻りません。低下するまえに目に優しい環境をつくりましょう。

2、遠くを見る

仕事なのでどうしても「近くのモノを長時間見続ける」ことがあります。そんな時でもちょっと休憩時間を取り、遠くを見るようにしましょう。遠くを見ると、自律神経によって必然的に毛様体筋がリラックスし、水晶体を薄くします。

3、眼球を鍛える

目を上下に動かしたり、左右に動かしたりすることで、眼球を鍛えることも視力低下の予防になります。眼球を鍛えることで目が疲れにくくなります。

4、視力回復、視力回復眼鏡を使う

穴あきメガネとは、本来メガネレンズがある場所がプラスチックなどに加工されていて、そこに穴がたくさん開いている視力回復グッズです。
この視力回復メガネを自宅で掛けていれば、極端な話、通常のメガネレンズとかコンタクトレンズは要らなくなりそうです。

スポンサーリンク