大人のオモチャ STAR WARS(スター・ウォーズ) 実物大R2-D2型冷蔵庫

大人のオモチャ STAR WARS(スター・ウォーズ) 実物大R2-D2冷蔵庫

STAR WARS(スター・ウォーズ)

1977年製作のアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。ストーリーはもちろん、その圧倒的なスケール感によって映画ファンを魅了し続けています。

STAR WARS(スター・ウォーズ)  シリーズ

『スター・ウォーズ』シリーズは実際公開された順番とストーリーの順番が逆転しています。最初に制作されたエピソード4〜6は旧3部作と呼ばれており、その後制作されたエピソード1〜3は新3部作と呼ばれています。

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年公開)
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980年公開)
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年公開)
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999年公開)
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002年公開)
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005年公開)

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7)』(2015年公開)
『スター・ウォーズ エピソード8』
『スター・ウォーズ エピソード9』

エピソード IV の製作開始前から、ルーカスの頭の中には6部作全体(当時は9部作と言っていた)の大まかな構想があったそうです。しかし、脚本を書くうちにあまりにも壮大な物語となってしまったため、映画として分割せざるを得ず、最初に最も完成度の高かったパートを三部作として公開することに決めたのです。これは同時に最も成功しやすいと思われるパートでもあり、事実、続編の製作に必要な資金を十分に手にすることができたのです。

エピソード1~3はアナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーになるまでの過程を描き、エピソード4~6はアナキンの息子ルーク・スカイウォーカーがジェダイの騎士となって帝国を打倒するまでを描いている。エピソード7~9はルークたちが帝国を倒した30年後を描いている。

当初はエピソード9まで製作される予定だったが、エピソード6が公開された時点で、6部作で完結する形に変更された。しかし、2012年にエピソード7~9の制作が決定、ルーカスフィルムと統合したウォルト・ディズニー・カンパニーが中心となり、エピソード7が2015年に公開された。

STAR WARS(スター・ウォーズ)  ストーリー

一作目の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が公開されたのは、今から約40年前の1977年。ジョージ・ルーカスによって生み出された映画『スター・ウォーズ』は歴史的大ヒットを記録し、当時マニアックな印象のあったSF作品を誰でも楽しめるエンターテイメント作品へと押し上げました。

特殊なフォースと呼ばれる一種の超能力のような能力を持つことのできる人による正義と悪による戦い、そして深い人間関係の壮大な物語です。フォースで宇宙の平和を守る者、そしてフォースを悪い力として使う者がいます。フォースは限られた者しか使うことができずライトセーバー(光る剣)を武器に戦います。

エピソード4.5.6 簡単にストーリーを要点をまとめて説明。

1、銀河帝国誕生から約20年後に話は進む。
2、銀河帝国の圧制に反対する反乱同盟軍が組織される。
3、ルークはバザーで売られていたロボット『R2-D2』『C-3PO』を購入する。
4、ロボットには、ホログラムのメッセージが記録されていた。メッセージは「同盟軍の指導者レイアが帝国軍に捕らわれている」という内容。
5、ルークは『ハン・ソロ』を仲間にして、レイア救出へと向かい、無事レイアを救出。
6、ルークは、ジェダイの騎士『オビワン』と出会い、ジェダイになる修行を始める。
7、レイアとハンは再び帝国軍に捕らわれてしまう。
8、ルークは、二人の救出に向かう。
9、ルークは、ヴェイダーとシディアス皇帝と対面、ヴェイダーが実の父親である事を知る。
10、シディアス皇帝はルークを抹殺しようとダークサイドの電撃を浴びせる。
11、ルークの叫びがヴェイダーの善の心を突き動かし、ルークの父アナキンがダークサイドから帰還し、シディアス皇帝を倒す事に成功する。
12、ルークは父を連れて帝国軍の基地を脱出するが帝国軍に襲われて、非業の死をとげる。
13、同盟軍の攻撃で基地の破壊に成功。反乱同盟軍の勝利となる。

エピソード1.2.3 簡単にストーリーを要点をまとめて説明。

1、惑星の女王『パドメ・アミダラ』と、奴隷の少年『アナキン・スカイウォーカー』が出会う。
2、アナキン・スカイウォーカーはジェイダになるべく修行をはじめる。
3、シスの生き残りで悪の親玉『ダース・シディアス』が、『パルパティーン』という偽名をつかい『元老院』の最高議長に就任する。
4、共和国に反対する勢力が現れロボット軍隊を組織。
5、共和国(クローン軍隊)と反対勢力(ロボット軍隊)が戦争を始める。この戦争は『クローン大戦』と呼ばれる。
6、『パドメ・アミダラ』と『アナキン・スカイウォーカー』が結婚。
7、戦争開始から4年、パドメが妊娠。アナキンは、フォースの力でパドメが出産時に亡くなる事を予知。
8、最高議長のパルパティーンはアナキンをダークサイドへと誘う。パドメの事で憔悴(しょうすい)しきったアナキンはそれを受け入れ、シス側の人となり『ダース・ヴェイダー』の名を与えられる。
9、パルパティーンは、ジェダイ抹殺命令をクローン軍隊に出し、ジェダイはほぼ絶滅させる。
10、パルパティーンは、自らを皇帝と称し『銀河帝国』の誕生を宣言した。
11、パドメは、アナキンの子『ルーク』と『レイア』を出産し、予知通り亡くなる。

R2-D2

R2-D2(アールツーディーツー)は、アメリカのSF映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場するドロイド。アールツーという愛称でも呼ばれています。

※ドロイド(Droid)とは、人間と同程度か、それ以上の知性(特に専門分野では)を持つ ロボット全般を指します。アストロメク・ドロイドは、全自動機械工として働くドロイドの一種です。人工知能をもったロボットといったところです。

ドロイドは他にも、C-3PO、BB-8、R4-P17など頭の良いキャラクター的なドロイドから、バトルドロイド、スーパーバトルドロイドなど戦闘用のロドイドまでいてます。C-3POはR2-D2の親友でもあります。

Wikipedia

R2-D2は、ナブー王室専用機に備え付けられた宇宙船や電子機器のオペレートを主目的としたアストロメク・ドロイドである。高度な電子頭脳を持ち、宇宙船等の操縦、電子、機械修理からソフトウエア航法ナビゲート・機関制御・暗号解読からクラッキング、ホログラム映像の録画再生や送受信および転送、膨大な量のデス・スター設計図を丸々コピーする程のメモリー能力等、様々な機能を持兼ね備えている。真空の宇宙空間から灼熱の砂漠や極寒の雪原・果ては水中まで、高い環境適応力で活躍できるように設計されている。

基本的に三本足に装備されたキャタピラで移動する。段差の低い階段の上り下りも可能。無重力の宇宙空間でも脚部を船体に吸着させて自在に移動して見せる。動力は電力で定期的に充電を必要とする。主電源は手動で切り替えねばならない。人間や他のドロイドが喋る自然言語は理解できるものの、様々な音程からなる電子音による機械語しか喋ることはできない。翻訳をするプロトコル・ドロイドは大抵は相棒のC-3POが務める。しかし音階を自在に操ることで、C-3POの助けがなくても、ある程度の意思疎通は可能である。

R2-D2はスター・ウォーズで関連商品が最も販売されたドロイドでありキャラクターです。スター・ウォーズの映画まで高性能ではありませんが、実物大のとってもかわいいR2-D2が登場。憧れが現実に 1/1サイズR2-D2型移動式冷蔵庫

スポンサーリンク