スーパー銭湯より自宅でサウナ!? 高温式 ロウリュサウナでデトックス効果、痩せるダイエットを体感

スーパー銭湯より自宅でサウナ!? 高温式 ロウリュサウナでデトックス効果を体感

サウナ

サウナとは、フィンランドの蒸し風呂からきています。熱した石の熱気と、その石に水をかけた際の蒸気熱で、室内の温度を高め、汗を流すための部屋またはお風呂です。

サウナ 発祥と由来

サウナの発祥の地はフィンランドで1500年も前からあるといわれています。昔は、麻の乾燥や肉を燻製にするためなどに使用されていた「スモークサウナ(SAVUSAUNA サブサウナ)」と呼ばれるもので、熱気の変わりに煙を室内に充満させ入るものでした。温度は低く、薪(まき)で温めるので、入れるようになるまで8時間もかかります。時間はかかりますが、スモークサウナは今でも人気があります。

フィンランドにおいてサウナは現在、3人に1人は持っているほどポピュラーなものといえます。体への負担を考慮し、週1回程度利用します。

サウナ ことわざ

サウナの発祥の地、フィンランドにはサウナの言葉を使用した「ことわざ」まで存在します。

■「サウナ、それは農民の医者である」

■「アルコールとタールとサウナがあれば、もはや治療の手立てはない」

いずれもフィンランドでサウナが万病に効くことをたとえたことわざです。

サウナ 効果

サウナは発汗作用があり、ダイエット・健康 増進に役立つとされるとともにデトックス効果が見込め美肌になれるとも言われています。

サウナの効果 その1 新陳代謝

サウナに入ることで大量に汗をかき新陳代謝が よくなる為、古い肌から新しい肌に変化する再生力がアップします。また、サウナに入り血流が良くなると代謝が上がり、ウォーキングやランニングなどいつもの運動量でカロリーを多く 消費できる体になります。

サウナの効果 その2 デトックス効果
デトックスとは英語で解毒を意味し、身体の中の毒素を抜く体内浄化のことを意味します。身体に老廃物などのいわゆる毒素が貯まると、体調が悪くなってしまいます。サウナに入ることで身体を温めて血液の流れを良くし、溜まっていた老廃物を血液と一緒に流し、排出するのを助けてくれるのです。

サウナの効果 その3 美肌効果
サウナに入ることにより新陳代謝が促進されますので肌もきれいになります。

サウナの効果 その4 不眠症改善効果
サウナに入ることで血液の流れが早くなり、身体全体を駆け巡るので運動したみたいな感覚と疲労感を味わうことになります。結果として熟睡しやすくなり不眠症改善になりやすいのです。

サウナ 「やせない」というのは間違い

サウナは「痩せない」「ダイエット効果がない」などのサイトを見かけますが、結論から言えば「サウナにはダイエット効果があり、痩せることができます。」

ただしサウナに入ったらすぐ痩せるというのは間違いであり、サウナには痩せるダイエットという直接的な効果はありません。サウナに入ることで「痩せやすい・ダイエットで効果をあげやすい体」をつくることができるのです。

サウナに入るとたくさん汗をかき体の水分が一時的に減ったように見えます。しかし体内の水分がなくなっているだけなので水分を補給すれば体重が戻ってしまいます。サウナは「痩せない」「ダイエット効果がない」というのはこの辺りからきているといえます。

サウナ でよく聞くロウリュとは!?

ロウリュは、フィンランドに伝わるサウナ風呂の入浴法の一つです。熱した サウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させることにより、体感温度を一気に上げて発汗作用 を促進する効果があります。

芸能人にも多いサウナー

サウナをこよなく愛する人を「サウナー」といいます。

人気番組「アメトーーク」の”サウナ芸人”では博多華丸・大吉の博多華丸さん、山口智光さん、カンニング竹山さん、サバンナ高橋茂雄さん、月亭方正さん5名が日本サウナ・スパ協会から感謝状と認定証を授与されました。

またダウンタウンの松本人志さんにいたってはサウナ部を芸人仲間で結成し東京23区内の有名なサウナはほぼ制覇されたそうです。

女性芸能人では釈由美子さん、北川景子さん、広瀬アリスさん広瀬すずさん姉妹、仲里依紗さん、鈴木砂羽さんなどがサウナ・銭湯好きとして有名です。

サウナの正しい入り方

1、体調を整える

サウナに入るのは食前か食後1〜2時間の休憩をしてから入るようにしましょう。食後は消化の為に血液が胃腸等の消化器系へ集中します。サウナまたは入浴すると分散されて、健康上も良くありません。

2、体を温める

かけ湯をした後、湯船につかり体を温めましょう。そうする事でサウナに入った時に汗が出やすくなります。

3、15~20分くらいがベスト

個人差、体調にもよりますが、サウナに入っている時間は10〜15分で充分です。長時間(15 分以上)入ると、かえって疲労するともいわれます。

4、水風呂に入る

足や手先の方から心臓の方へとゆっくり水を掛け、最後に顔や頭に水をかぶって、汗を洗い流したら、水風呂につかってください。水風呂には1分くらいで十分です。

5、サウナ、水風呂を2~3回くらい繰り返すのがよいでしょう。

6、体をきれいに洗いましょう。

7、サウナから冷却の後は休憩タイムをしっかりとりましょう。水分の蒸発によって湯冷めしないために、先によく絞ったタオルで身体についた水滴をとっておきます。

サウナ→冷却→休憩、このサイクルがリラックスとなりリフレッシュできるのです。

サウナ 注意点

注意1

お酒を飲んでからサウナ・入浴は絶対にさけましょう。険行為です、お風呂やサウナなどに入ると一時的に血圧が下がり、その時貧血状態になり溺れる、倒れて頭を打つ等の危険もあり、心臓への負担も大きく、その後は血圧が上昇し血管などにも負担をかけます、場合によっては死につながる危険もあります。

注意2

サウナに入ったあと、水風呂に入りますが、水風呂が苦手な人は無理に入らないでください。冷たい水風呂は苦手、という人も多いのです。水風呂が無理な場合はぬるい水シャワーからでもいいので、徐々に冷水の刺激に身体を慣らしていきましょう。

家サウナが人気

サウナ

スーパー銭湯のような広いサウナは開放感がありゆったり入ることができます。しかし、人前で裸になるのが苦手な人には「家サウナ」がオススメです。

有名人、芸能人、スポーツ選手、政治家、その他、知名度のある人は人前で裸になるとジロジロ見られてしまうため苦手という人も少なくありません。

周りの視線を気にすることもなく、自分のペースでサウナを楽しむことができます。

サウナの醍醐味を自宅の高温サウナで堪能する!

スポンサーリンク