ABC-MART 人気ブランド スニーカーが揃うショップ ABCマートの売り上げ・シェア

ABC-MART 大人気のブランドスニーカーが揃うABCマート

ABC-MART(ABCマート)

ABC-MART(ABCマート)は東京都渋谷区に本社を置く、株式会社エービーシー・マートが展開する、靴や衣料品販売チェーンです。

「ABCマート」の由来は、「Action(行動)」「Bigin(始める)」「Challenger(挑戦者)」の三つの言葉の頭文字を並べたもの。

ABCマートの歴史

ABCマート会社概要より

靴と衣料の輸入販売商社「株式会社国際貿易商事」からスタートしたABCマート。それは定評のある海外ブランドとの提携や組織改編など、時代の先を行くビジネス戦略により、早稲田の小さな商社が全国区の企業へと成長してきた歴史です。

  • 1985 >>・東京都新宿区早稲田に株式会社国際貿易商事を設立

  • 1986 >>・HAWKINSの国内総代理店となる

  • 1987 >>・東京都荒川区に移転。
    ・社名を株式会社インターナショナル・トレーディング・コーポレーション(ITC)に変更

  • 1990 >>・有限会社エービーシー・マート設立(1997年に株式会社化)
    ・上野アメ横、渋谷に『ABC-MART』を4店舗出店

  • 1991 >>・VANSの国内総代理店となる

  • 1994 >>・VANSの国内商標使用契約の締結

  • 1995 >>・HAWKINSの商標権を取得

  • 1996 >>・HAWKINS AIR CUSHION 広告に木村拓哉・大塚寧々を起用

  • 1998 >>・東京都渋谷区神南に移転。
    ・エア・ライト、トラベラーを展開、ビジネス・ウォーキングシューズ市場を開拓

  • 2000 >>・レザースニーカー・HAWKINS SPORTを展開
    ・ジャスダック市場に株式を上場

  • 2001 >>・株式会社エス・ジー・シューズ・カンパニー(西日本におけるフランチャイジー)を100%子会社化

  • 2002 >>・株式会社エービーシー・マートを吸収合併、卸売から小売へ業種転換をはじめる
    ・社名を株式会社エービーシー・マートに変更
    ・8月、100店舗達成
    ・韓国法人ABC-MART KOREA,INC.を設立(出資比率51%)、韓国に『ABC-MART』を出店
    ・東京証券取引所市場第1部に上場

  • 2004 >>・株式会社エス・ジー・シューズ・カンパニーを吸収合併
    ・World Sports Plaza の営業譲受けにより、スポーツアパレルの取扱を始める
    ・卸売事業をやめる

  • 2005 >>・レディースブランド『NUOVO COLLECTION』の誕生

  • 2006 >>・初のレディース専門店『NUOVO』を出店

  • 2008 >>・テナント店舗として初の アパレル等も扱う大型総合ショップ『メガステージ』を出店

  • 2009 >>・『ナイキオンリーショップ』を南町田グランベリーモールに展開
    ・ABC-MART TAIWAN,INC.(旧JOINT POWER It’l社)を子会社化、同社が台湾に『ABC-MART』を出店
    ・株式会社ユナイテッドアローズ(東証1部 小売業)に資本参加(持分法適用会社化)
    ・11月、500店舗達成

  • 2010 >>・ABC-MART GrandStage 仙台店を出店
    ・株式会社ユナイテッドアローズが実施する自己株式の公開買付けに応募し、株式を売却(非持分法適用会社化)
    ・ABC-MART KOREA,INC.及びABC-MART TAIWAN,INC.の出資比率を高める

  • 2011 >>・ABC-MART KOREA,INC.を完全子会社化
    ・9月、韓国で100店舗達成

  • 2012 >>・大型旗艦店、ABC-MART GrandStage 池袋店、ABC-MART GrandStage ダイバーシティ東京プラザ店を出店
    ・8月、米国LaCrosse社を株式公開買付けで買収。完全子会社化
    ・国内初の『Danner』アウトレットを出店
    ・12月、700店舗達成

  • 2013 >>・国内初の靴工場『ABC SHOE FACTORY』を取得(石川県志賀町)
    ・米国に『Danner』ストアを出店

  • 2014 >>・レディース新業態店舗『Charlotte』を新宿・渋谷に出店
    ・米国LaCrosse社が米国法人White’s Boots社を買収
    ・ブーツ販売とリクラフティング専門店『STUMP TOWN』を渋谷に出店

  • 2015 >>・セレクトシューズショップ『ACE SHOES』を出店
    ・国内外にて1,000店舗達成

ABCマートの戦略

自社ブランドの保持・強化・育成

Hawkins、VANS、NUOVOなどABCマートの自社ブランド商品は、常に時代のトレンドをリードするシューズとして幅広い顧客に強い支持を得、収益の源泉となっています。今後もこれらのオリジナルブランドを強力な宣伝によってバックアップし、ABCマートの独自の強みとして育成します。

海外ネットワークから得る開発情報
ABCマートが輸入商社時代に培った海外ネットワークを駆使し、世界の最新モードや流行などの情報をいち早く収集して新商品開発を展開しています。こうした活動と独自のノウハウをもとに開発された商品は、最新のシューズとして他の追随を許さない高い競争力をもっています。

ナショナルブランドとの連携

ナショナルブランドとの関係を強化し、これを活かして連携したマーチャンダイジングに取り組んでいます。特に、ABCマートでしか手に入らない限定商品を販売するなど緊密な施策を展開し、年間を通じた販売・販促戦略は競合店には無い販売力の強化に繋がっています。

ABCマートはファッション小売企業の中でも好感度の高いナショナルブランド(NB)と、自社プライベートブランド(PB)を組み合わせた「バイイングSPA」という業態を実現している企業の1社であり、それらの企業の中でもPB戦略で先端を走る企業といえます。

ナショナルブランド(NB)に関しては、アディダスやナイキ、コンバースなど多くのブランド商品を問屋を通さず仕入れることで流通コストを削減しています。NBの半分ほどがこの独自NBです。専売品ゆえに希少性が高く、値崩れをおこしにくい仕組みを構築しています。

自社プライベートブランド(PB)に関して、ABCマートのPB商品は既存の靴メーカーのブランドを冠し、一見してPBとわからないのが特徴であり、HAWKINS(ホーキンス)、VANS(ヴァンズ)、NUOVO(ヌオーヴォ)等の有名ランドは商標権を取得し、国内での商品企画から販売まで一手に手掛けています。こうしたPBが複数あり、売上高の約半分を占めています。

こうした合理的な戦略によりNB商品の粗利益率を4割強、PBを含めた全体の粗利益率を6割まで達成させています。

ABCマートの主力はスニーカー

ABCマートはスポーツシューズの中でも多目的シューズ(一般カジュアルスニーカー)、ランニングシューズ、ウォーキングシューズの3種で60%を占めています。

ABCマート 1000店舗超え

ABCマートは現在、北海道32店舗、東北47店舗、東京117店舗、関東(東京除く)234店舗、
中部126店舗、関西133店舗、四国・中国58店舗、九州・沖縄102店舗の合計849店舗を日本国内で運営しています。

また、海外では韓国172店舗、台湾32店舗、米国4店舗の合計208店舗で運営しています。

ABCマート 靴業界 売上高&シェア

企業名 売上高(億円) 売上高(シェア)
1 エービーシー・マート 1,880 38.30%
2 チヨダ 1,474 30.00%
3 ジーフット 983 20.00%
4 リーガルコーポレーション 375 7.60%
5 ヒラキ 199 4.10%

ABCマート CM(コマーシャル)

ABCマートのCMには人気の芸能人が多数出演しています。

2012年 E-girls CM ABCマート 「カラフルブーツ」篇
2013年 有村架純 ABCマート CM コンバース 「スロットマシーン」
2015年 三吉彩花 松井愛莉 ABCマートCM
2015年 広瀬アリス CM ABCマート 「アディハニーインヒール」
2015年 松井愛莉 CM ABCマート 「コンバース マリンスタイル」
2016年 木村佳乃 ABCマート HAWKINS CMメイキング動画 キレらくリゾートスリッポン篇
2016年 emma CM ABCマート 「アディダス スタンスミス」
2016年 小松菜奈 CM ABCマート 「アディダス スタンスミス」
2016年 西内まりや CM ABCマート 「フィットパンプスフレックス」

常時5000点以上!足元からライフスタイルを提案する靴のセレクトショップ
ABC-MART楽天市場店

スポンサーリンク