水につけて涼む「水うちわ」 川文化の歴史をもつ岐阜県美濃ならではの夏の風物詩

水につけて気化熱で涼む「水うちわ」。 川文化の歴史をもつ岐阜県ならではの夏の風物詩

水うちわ

「夏の風物詩」とは、夏と言って連想されるもののことでですが、日本の夏の風物詩といえば、蝉時雨(せみしぐれ)、カキ氷、蚊取り線香などを思いつく人が多いのではないでしょうか?

そんな夏の風物詩も岐阜県では「水うちわ」というアイテムが有名なのです。川文化の歴史をもつ岐阜が誇る伝統工芸品で「水うちわ」、または「岐阜うちわ」といいます。

水うちわ 歴史

岐阜市歴史博物館の大塚清史学芸員によると、水うちわは1886(明治19)年に岐阜市の実業家、勅使河原直次郎によって考案されたとのことです。明治30年代には、岐阜うちわ業者は20軒以上ありましたが現在ではほとんどなくなっています。

岐阜うちわは 水うちわ以外に2種類あります。

塗りうちわ:漆を塗って仕上げるうちわ。
渋うちわ:柿渋を塗って仕上げるうちわ。

水うちわは和紙でできている!?

水うちわは雁皮紙(がんぴし)という薄い和紙を用いたうちわです。雁皮紙(がんぴし)は、ジンチョウゲ科の植物である雁皮(がんぴ)から作られる和紙で「美濃手漉き和紙」 と言われています。

水うちわは雁皮紙(がんぴし)にニスを塗るため耐水性があり、水のように透ける事から水うちわと呼ばれるようになります。万国博覧会にも出展されました。

※ご注意
ニスで仕上げてありますので水は弾きますが、水に浸すのは御薦めしません。 何度も水につけると白濁しますので、ご注意下さい。

水うちわはすべて手作り

天然素材を使用した、すべて手作りの極上のうちわこそ「水うちわ」なのです。 ちょっと価格も高くなりますが、本物の良さ、美しさを、美濃の伝統を味わっていただければと思います。
岐阜県美濃の伝統水うちわで優雅に涼む日本の夏

スポンサーリンク