ニキビ・肌荒れのない綺麗な美肌へ!洗顔は冷水とお湯ではどっちがいい!?

ニキビ・肌荒れのない綺麗な肌へ!洗顔は水とお湯ではどっちがいい!?

洗顔する理由

毎日する洗顔、洗顔はなぜ大切なのでしょうか?

洗顔する理由は「酸化した皮脂」、「汗やホコリ」などの汚れを取り除くためです。皮脂が酸化すれば、老化を招いてしまう「過酸化脂質」が出来上がってしまいますし、ホコリなどの汚れをそのままにしていれば、「菌が繁殖」してニキビの原因にもなるのです。

洗顔するのは冷水とお湯とではどっちが正解!?

結論から言ってしまえばどちらもよくありません。

お湯で洗顔してしまうと汚れだけでなく油が落ちすぎて肌が乾燥することがあります。お肌に必要な分の皮脂まで落としてしまうのでお湯で洗顔するのはやめましょう。

冷水で洗顔してしまうと汚れが落ちず毛穴が詰まる原因となります。肌を引き締めるために顔にかけるのはいいですが、洗顔ということで言えばよくありません。ただ「汗やホコリ」などのちょっとした汚れは「水だけで洗顔しても落ちる」為、常温の「水」で洗顔するのはアリです。

一番汚れが適度に落ちる温度は31~33度と言われています。人間の体温より少し低いくらいが適温と言えます。いわゆる「ぬるま湯」で洗顔するのがよいでしょう。

オイリー肌と思っている人は実はオイリー肌ではない!?

自分はオイリー肌と思っている人はけっこう多いのではないでしょうか。脂性肌(オイリー肌)とは、皮脂分泌が活発で顔全体がテカリやべたつきやすい肌を指します。 皮脂腺の働きが活発なため、皮脂が過剰に分泌されてニキビなど様々な肌トラブルを招きます。

食生活、生活習慣によるホルモンバランスの乱れなどによりオイリー肌になる人もいますが、間違ったスキンケアによりオイリー肌になっている人もいるのです。間違ったスキンケアとはお湯による洗顔、洗いすぎの洗顔による過剰に分泌された皮脂や汚れを取りすぎているケースです。自分はオイリー肌と思っている人は毎日洗顔しているときの温度を確認してみましょう。

美肌になる為には適度な皮脂が必要

皮脂とは皮脂腺から分泌される半流動性の油脂状の物質で、顔の肌の乾燥を防ぐ役割をしてくれます。人間の皮膚には毛穴がありますが、毛穴は皮膚の中で、長い毛を包むように袋状になっています。その袋状の上の辺りに皮脂腺があり、皮脂はその皮脂腺から分泌されているのです。

皮脂腺から分泌される皮脂は「油分」なのですが、油というだけあり水分をはじきます。油成分である皮脂が皮膚表面に出てくることにより角層中の水分の蒸発をおさえ肌の乾燥を防いでくれるというわけです。

人間の顔の皮膚は適度の皮脂があるほうが「美肌」になれるのです。

皮脂の量は季節により変わる!?

皮脂は湿度や気温に左右されます。季節によって影響を受けやすいのです。

気温が高くなる夏は皮脂の分泌量が増える傾向にあり、逆に冬になると皮脂の分泌量が減る傾向にあります。冬はよ肌がカサカサするなど乾燥しているのはその為です。

顔だけでなく髪の洗いすぎもよくない!?

顔の皮脂について紹介してきましたが、頭皮にも当然皮脂があります。熱いお湯で髪の毛を洗うのも当然よくありません。洗顔同様、皮脂や汚れを取りすぎてしまうのです。

ちなみに頭皮・髪を洗うときにシャンプーをしますが、シャンプーだけするのはあまりよくありません。シャンプーは頭皮の汚れと同時に髪にコーティングされた皮脂を落としています。その為、シャンプーの後にはリンス、トリートメント、コンディショナーを使うのがよいのです。

リンス、トリートメント、コンディショナーは髪をサラサラにするのはもちろん「頭皮・髪から落ちた皮脂を補う」という効果があるのです。

顔も髪の毛も優しく洗うのが良い!?

顔も、頭皮・髪の毛を洗うのも温度だけでなく「やさしく洗う」ことが大切です。男性に多いですがゴシゴシ洗うのはよくありません。ゴシゴシ洗うと皮脂が落ちすぎてしまいます。やさしく丁寧に洗顔するのが美肌の近道です。

顔の肌が荒れている時こそシンプルに洗う!?

顔の肌荒れが気になると、その肌荒れを治そうと逆に刺激の強い洗顔料を使用する人がいます。この行為は完全に逆効果です。肌荒れを起こしている時こそシンプルな洗顔をしましょう。スクラブ入りやメンソール入りの洗顔料は、洗浄力や刺激が強すぎて肌を乾燥させやすいのです。添加物が少ないシンプルな固形石鹸など肌にやさしい洗顔料を使うようにしましょう。

スポンサーリンク