牛丼チェーンの株式会社吉野家が楽天市場に出店。旨さのこだわりとは!?

牛丼チェーンの株式会社吉野家が楽天市場に出店。ネットでの販売を強化する。

牛丼チェーン 吉野家

吉野家(よしのや)は株式会社吉野家ホールディングスの子会社、株式会社吉野家が運営する大手外食チェーンストアです。主力商品は牛丼でサラリーマンや学生を中心に人気を集めています。最近では豚丼、牛カルビ丼などのメニューを追加しています。

牛丼チェーン店のライバルとしてはすき家、松屋、なか卯などがあります。

牛丼チェーン 吉野家 店舗数

吉野家は2000年前半までは牛丼チェーンで1位の店舗数を誇っていましたが、2008年にすき家に抜かれています。吉野家の店舗数が減ったと言うよりはすき家が急速に店舗数を増加させたことが原因です。吉野家は採算の取れない店舗に関する整理統合など行いながら店舗数を維持している状態といえます。

牛丼チェーン 吉野家 歴史

吉野家は、1899(明治32)年、東京・日本橋で創業しました。創業者・松田栄吉氏が大阪府西成郡野田村字吉野だったことから屋号を「吉野家」とします。看板のオレンジ色は、昭和40年代、当時の社長・松田瑞穂(まつだ みずほ)氏がアメリカのコーヒーショップの屋根色からヒントを得ました。1km先からでも目立つオレンジ色は、看板の色としてふさわしかったことから採用したと言われています。

1号店である東京日本橋、魚河岸の店舗は魚河岸に出入りしている業者や職員向けの店であったため、忙しい彼らのためにスピード重視ですぐに提供できる料理を考え牛丼を提供することを思いつきます。1926年、魚河岸が築地に移転した際に吉野家1号店も一緒に移転し、現在も営業を続けています。

牛丼チェーン 吉野家と松屋の関係

松屋の創業者 瓦葺 利夫(かわらぶき としお)氏が東京都練馬区羽沢の住宅街に「中華飯店 松屋」を開業していましたが、軌道に乗らず試行錯誤していた時に吉野家とであります。そして吉野家の味に感銘を受け築地の1号店の常連となったことは有名な話。

吉野家がチェーン展開を始める際に2号店の新橋店のスタッフとして誘いますが、その誘いを断ります。瓦葺 利夫氏は牛丼の研究を重ね独自の味を完成させると1968(昭和43年)年6月に東京都練馬区旭丘一丁目にある江古田駅に牛めし・焼肉定食店「松屋」をオープンします。

ちなみに松屋では「牛丼」ではなく「牛めし」と表記しています。その理由について松屋の創業者 瓦葺 利夫氏はインタビューで吉野家の牛丼の味を盗もうとし吉野家に通い詰めたけど、どうしても同じ味にはならなかったので「これは牛丼ではなく牛めしという別のものだ」と重い違う名前である「牛めし」と表記するようにしたと述べています。

牛丼チェーン 吉野家の牛丼の味 旨さのこだわり

いくつかある牛丼チェーンでも、牛丼ならやっぱり吉野家という人も少なくありません。吉野家がこだわる「牛丼」とは!?

【牛丼】
奇跡の9インチ。うまい牛丼づくりに大切なのは、赤身と脂身が程よくまじりあった牛肉を煮込むこと。長年にわたって研究を重ね、私たちがたどり着いた結論は「9インチプレート」でした。バラ肉である「ショートプレート」の一部で、通常1頭あたり数キロしかとれない部位です。赤身と脂身。牛肉のうまみとまろやかさ。9インチの幅に込められた奇跡のバランスです。

【玉ねぎ】
甘いだけでは、まだまだ甘い。牛丼にとって、玉ねぎは欠かせない食材。その水分と奄美は鍋の中でたれとなじみ、どんぶりの上では甘さと触感がアクセントとなります。この玉ねぎ、たとえ甘いものでも、柔らかすぎれば牛丼には向きません。そこで吉野家では時期によって産地などを見直すようにしています。

【生姜】
名脇役は、二度現れる。牛丼と生姜といえば、まず思い浮かぶのは紅生姜。しかし、別のかたちでも牛丼づくりに欠かせないものであることをご存知でしょうか。その答えは、たれ。よく成熟した甘みのある生姜をすりおろして、エッセンスとして加えています。

【たれ】
熱くなるのは、一度だけでいい。うまい牛丼づくりには欠かせない、秘伝のたれ。その味はもちろんのこと、鍋の中で醸し出される香りも大切にしています。そのための秘訣は、低温熟成。さまざまな原料を加熱することなく、時間をかけて熟成させています。

【吉野家 冷凍牛丼の具10袋セット】
価格:4480円(税込、送料別)

スポンサーリンク