【布団掃除にダイソン】 ベッドや布団に潜んでいるダニの糞や死骸、ハウスダウを強力吸引

【布団掃除にダイソン】 ベッドや布団に潜んでいるダニの糞や死骸、ハウスダウを強力吸引

Dyson ダイソン

ダイソン (Dyson Limited) は、イギリスに本拠を構える電気機器メーカーです。1993年に、創業者ジェームズ・ダイソン氏によって設立されました。

サイクロン式掃除機を初めて開発・製造した会社として知られています。掃除機といえば紙パック式の掃除機が主流でしたが、創業者のジェームズ・ダイソンはまだ満杯になっていなくても、紙パックを替えなければならない従来の掃除機に疑問を感じ、デュアルサイクロン方式を開発を始めたと言われています。サイクロン方式は、吸引力だけでなく水洗いをおこなえば紙パックの交換は一切不要という便利さです。

ダイソン社を設立する前の1990年、1号機となるGフォース型サイクロン掃除機は日本の国際産業デザイン見本市で受賞しています。その後、ダイソン社を1993年に設立し、同年の6月には新型となる掃除機『DC01』を販売しています。現在販売されている掃除機には「DC35」や「DC61」などの品番になっていますが、DC01からカウントして何番目に開発された商品かがすぐわかるようになっています。

1998年、ダイソン社は日本市場に参入します。「吸引力の変わらないただ一つの掃除機」のキャッチコピーがとても印象的でした。

2003年、クイーンズアワードでイノベーション部門賞を受賞し、これがきっかけとなり、後にエリザベス女王がマルムズベリーにあるダイソン1本社を訪問したのは有名な話。

ハウスダウトは体に害を及ぼす!?

ハウスダストとは

ハウスダストの主な正体は、ダニ・細菌・カビ・花粉の総称です。そして、ハウスダストに含まれる成分のうち「ダニの糞・死がい」は、アレルギー原因のトップであることもわかっています。

ダニは通常、布団の中や絨毯の奥で生活しています。ダニは、一生で500個以上の糞をします。糞の大きさは 0.01~0.04mm程度と非常に小さいのですが、乾燥するとさらに細かな粉末となり、その大きさは1~2ミクロンにもなります。細かな粉末になると、布団や絨毯の中からた空気中に舞いやすくなり、それはやがて空気の流れに乗って室内を漂い続ける「ハウスダスト」になるのです。

ハウスダストがアレルギーになる原因

一般的に、ダニやハウスダストアレルギーは、家の中のダニやハウスダストが原因で起こるアレルギーと言われています。ダニアレルギーの原因は「コナヒョウヒダニ」「ヤケヒョウヒダニ」と呼ばれるチリダニで、家全体のダニの8割以上をがチリダニなのです。

ハウスダストアレルギーになると、鼻水がでたり、目がかゆくなったりする症状が現れます。アレルギーになる原因はアレルゲンという物質で、人はアレルゲンを体内に取り込むとアレルギーになります。

身体には、細菌、ウィルス、ダニなど自分とは違うものが体内に入ってきたときに、異物と認識して攻撃して排除する仕組みがあります。これを「免疫」と呼んでいます。

異物を排除するときに、自分の身体までも傷つけてしまう場合が「アレルギー反応」です。侵入してきた物質を「抗原」と呼び、アレルギーの原因となるものは、「アレルゲン」と呼ばれています。本来無害なものに対しても身体が過剰に反応したものが、アレルギーです。

アレルギーの許容できる量は個人差があり、許容量の上限がストレスや環境などによって変動します。ただ、どのくらいの量のアレルゲンを取り込むとアレルギーになってしまうのかは現在までの研究では判明していません。

ハウスダストによるアレルギー症状

1、アレルギー性鼻炎
ハウスダウトのアレルゲンが体内に侵入して、鼻の粘膜に炎症を起こします。「くしゃみ」や「鼻水がでる」という人はアレルギー性鼻炎の可能性あり。

2、気管支ぜんそく
ハウスダウトのアレルゲンによって気道が慢性的に炎症を起こす症状です。「激しい咳きこみ」や「息苦しさ」がある人は気管支ぜんそくの可能性あり。

3、アトピー性皮膚炎
ハウスダストのアレルゲンによってアレルギー症状を起こします。「顔、頭、耳などの皮膚の赤みと腫れ」や「皮膚の強いかゆみ」がある人はアトピー性皮膚炎の可能性あり。

4、アレルギー性結膜炎
ハウスダウトのアレルゲンが結膜に入って炎症を起こします。「目の充血」や「目のかゆみ」がある人はアレルギー性結膜炎の可能性あり。
アレルゲンの粒子は空気中にあると考えられていますが、空気より重いもの時間がたつと床に落ちていきます。これがハウスダストと呼ばれるアレルギーの原因となります。ソファに座ったり、床を歩き回るだけで、数千のアレルギー物質を含んだハウスダストが空中に舞い、呼吸によって体内にとりこまれやすくなっています。

床面からこのような微細なアレルゲンを含むハウスダストをしっかり取り除くことはもちろん、取り除いたハウスダストを再度空気中に排出しないことも重要です。

Dyson ダイソンのクリーナーとは!?

1、ダイソンの布団クリーナーはダイソン デジタルモーターを搭載。内蔵のマイクロプロセッサーが磁界を制御し、回転翼毎分最大110,000回転します。このモーターは小型であるため、パワフルでありながらも、小型・軽量な製品の開発が可能になりました。

2、ダイソンはキャニスター型掃除機と同様に、布団クリーナにも、ダイソンの特許技術であるサイクロンテクノロジーを採用、2層に配列された15個のサイクロンが同時に機能します。

3、ミニ モーターヘッドにより、ベッドや布団の繊維に入り込んだダニアレルゲンを含むハウスダストを掻き取ります。

4、軽量かつ人間工学に基づいた設計により、軽く持ち上げられ、自然に手の形になじむようデザインされています。 重心をグリップ近くに配置することで、持ちやすくなっています。 屋内の狭い隙間や届きにくい場所のお掃除に便利です。

ハウスダストを取り除くDyson(ダイソン)テクノロジー

スポンサーリンク