【SEIKO SBXB003】 セイコーアストロン 第二世代GPSソーラーの進化とは!?

【SIKO SBXB003】 セイコーアストロン GPS ブライトチタン

SEIKO ASTRON SBXB003

セイコー アストロンとは 世界で初めて、地球上のあらゆる場所でいつでも素早く ユーザーの位置情報を特定し、現在地時間を取得するソーラーGPSウオッチです。

世界初のGPSソーラーウォッチ セイコーアストロン(SEIKO ASTRON)から第二世代モデルの登場です。大幅な低消費電力化により、ムーブメントを小型化し、ウオッチヘッドの体積ではこれまでのモデルと比べ約30%という劇的なダウンサイジングを実現。GPS機能の操作はそのままに、電子式りゅうずの採用により、手動タイムゾーン選択がより直感的にできます。また、ボタン操作ひとつで機内モードのオンオフが可能となりました。

■第二世代GPSソーラー:4つの進化

  • さらなる省電力と技術革新により約30%の小型化を実現
    大幅な低消費電力化、省スペース化により、ムーブメント(機械体)を小型化し、完成品において直径最大約2.4mm、厚み約3.2mm、ウオッチヘッドの体積では約30%という劇的なダウンサイジングを実現しました。
  • 1/5秒計測クロノグラフ機能を搭載
    小型化と同時に、支持の高い付加機能であるクロノグラフ(ストップウオッチ機能)を搭載し、1/5秒単位で6時間の計測が可能となりました。
  • ボタン・りゅうずの操作性が大幅に向上
    ボタン操作ひとつで機内モードのオンオフが可能になりました。また、電子式りゅうずの採用により、りゅうずを回すことで手動タイムゾーン選択が容易にできるようになりました。タイムゾーン選択針(1/5秒ストップウオッチ針)をベゼルの都市表記やダイヤルリングのUTC表記に合わせるだけでその場所の正確な時刻を表示します。
  • ダイヤル(文字板)、ケース・バンドの高い質感
    ダイヤルはソーラー充電機能の改善により、ベースカラーにホワイトやブルーの採用が可能になり、カラーバリエーションが広がりました。さらに金属のインデックス(時目盛り)や針に立体的なカットを採用し、豊かな情感のあるデザインとしました。ケースにザラツ研磨仕上げによる洗練された美しい曲面を取り入れたこと、メタルバンドに別体パーツを組み合わせ多面的なニュアンスを与えたことで全体的に洗練された印象と高い質感を実現しました。また、一部モデルではケース、メタルバンドに小傷がつきにくく美しさが持続するダイヤシールド(※)を採用しました。(※)ダイヤシールド:長期携帯による小傷や擦り傷から、時計本来の美しい輝きやきれいな仕上げを守るためにセイコーが独自に開発した表面加工技術です。ザラツ研磨によるスタイリッシュな造形のケースも、傷つきにくいダイヤ―シールド加工により美しさが持続します。

SEIKO ASTRON SBXB003 スペック

メーカー名 セイコーウオッチ株式会社
ブランド名 ASTRON(アストロン)
ムーブメント GPSソーラームーブメント キャリバー 8X82
素材 ケース・バンド:チタン(ダイヤシールド)
ベゼル:セラミックス
風防:サファイアガラス(スーパークリア コーティング)
(※)スーパークリア コーティング: 光の反射を99%以上抑制する透明被膜を、
ガラスの表裏両面に施したセイコー独自の無反射コーティング処理です。
太陽光や照明がまぶしい環境下でも、ガラスの存在を意識させません。
また、表面の防汚膜により汚れがついても簡単に拭き取ることができます。
サイズ ケース外径:44.6mm
厚さ:13.3mm
防水性 10気圧防水
その他特徴 耐磁性能:耐磁時計(JIS耐磁時計1種)
時間精度 :平均月差±15秒(受信できない状態で、気温5℃~35℃において腕につけた場合)
受信機能 :GPS衛星電波受信によるタイムゾーン修正機能(全タイムゾーンに対応)
スマートセンサー(自動時刻修正機能)
強制時刻修正機能
捕捉衛星数表示機能
受信結果表示機能
受信オフ機能(機内モード)
クロノグラフ機能(1/5秒計測、6時間計)
針位置自動修正機能
パワーセーブ機能
パワーリザーブ表示機能
ソーラー充電機能
ワールドタイム機能(40タイムゾーンに対応)
パーぺチュアルカレンダー機能(2100年2月28日まで)
DST(サマータイム)機能

進化したセイコーアストロン
SBXB003装着した時の迫力と存在感は想像以上

スポンサーリンク