【北欧食器】 iittala(イッタラ)の「オリゴ」シリーズが人気急上昇。プレゼント・ギフトにもお勧め

【北欧食器】 iittala(イッタラ)の「オリゴ」シリーズが人気急上昇。プレゼント・ギフトにもお勧め

iittala(イッタラ)

iittala(イッタラ)はフィンランドの食器メーカー。あまり食器に詳しくない人でも一度くらい聞いた事のあるブランドではないでしょうか?

ガラス吹き職人ピーター・マグナス・アブラハムによりガラスメーカーとして1881年に創業したのが始まりです。

フィンランドの大自然の中で生まれるガラス製品はきらめくような美しさを放ち今もその伝統と技術を継承するガラスメーカーとして高品質な製品を作り続けています。

iittala(イッタラ)には人気シリーズがいっぱい!

iittala(イッタラ)には人気シリーズがいっぱいあります。ティーマ、カステヘルミ、オリゴ、アイノ・アアルト、タイカ、カルティオ、サルヤトン、ムーミン、アラビアなどが人気です。

iittala(イッタラ)とARABIA(アラビア)は一緒!?

北欧雑貨のブランドでARABIA(アラビア)という人気ブランドがあります。もともと独自のブランドとして設立していましたが、2004年にイッタラ・グループに買収されています。フィンランド以外の国では、アラビア商品はイッタラの名前で販売されていますが、フィンランド国内では「アラビア」の刻印がされた商品を手に入れることが出来るそうです。

iittala(イッタラ)のOrigo(オリゴ)シリーズ

元はロールストランドの白い食器セットの中でアクセント的に存在したボーダー柄のミニカップがイッタラにブランド統合されてから方向転換してからボーダーメインの食器シリーズと生まれ変わったのがオリゴ。ティーマの中に混ぜて使うとテーブルが華やぎます。

iittala(イッタラ)のOrigo(オリゴ)の意味は!?

Origo(オリゴ)はラテン語で「中心」という意味。オリゴの魅力は、フォルムと色のどちらも組み合わせがしやすく、ティーマなど無地の食器たちと相性がとてもよい事です。たったひとつのオリゴがあらゆるテーブルウェアや料理と無限のコンビネーションを生みだすことでしょう。

iittala(イッタラ)のOrigo(オリゴ)のデザイナー

デザイナー アルフレッド・ハベリは、アルゼンチンのブエノスアイレスに生まれ、現在はスイスのチューリッヒにスタジオを構えて活動しています。国際的な工業デザイナーとして広く知られています。

iittala(イッタラ)のOrigo(オリゴ)はギフトにも最適

iittala(イッタラ)の食器はシンプルでお洒落、そして上品なデザインのため、引き出物や結婚祝い、結婚記念日などの贈り物としても人気があります。

iittala(イッタラ)のOrigo(オリゴ)が食卓に虹をかける!?

イッタラのオリゴシリーズは虹を思わすボーダー柄のカラフルな食器であらゆるテーブル ウェアや料理と無限のコンビネーションを生みだします。何気ない食卓がとても色鮮やかになります。それはまるで食卓に虹がかかったみたい!?

華やかに彩るオリゴシリーズ

スポンサーリンク