【紫外線と日焼け止め】実はどちらも体に悪影響なのです。紫外線の対策・ケア。

160526-sun

 紫外線とは。

紫外線とは. 太陽からの日射は、波長により、赤外線、可視光線および紫外線に分け られます。可視光線よりも波長の短いものが紫外線です。太陽の光は、目に見える光(可視光線)ですが、赤外線と紫外線は目に見えません。

紫外線は、その中で最も波長の短い光で、波長によってUVA、UVB、UVCにわかれますが、実際に地表に届くのは、そのうちUVAとUVBです。

紫外線A波 (UVA

紫外線A波 (UVA)は、肌に急激な障害を与える作用は弱いのですが、太陽から届く紫外線の約9割を占め、肌に蓄積的なダメージを与えます。肌の奥の真皮にまで侵入し、肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こす原因となります。

紫外線に当たってすぐに肌が黒くなるというような日やけ(サンタン)は引き起こしにくく、一見すると紫外線B波(UVB)よりも肌への影響は少ないように見えますが、紫外線A波(UVA)がシミやしわの発生に大きく関わっていることがわかっています。

UVB

紫外線B波(UVB)は、太陽から届く紫外線の約1割と量は少ないのですが、肌への作用が強いため、短時間でも肌が赤くなるサンバーン(日やけによる炎症反応)や、数日後に肌が黒くなるサンタン(色素沈着反応)を引き起こす作用があります。

日焼けを起こす力で比べると、紫外線B波(UVB)は紫外線A波 (UVA)の600~1000倍強いといわれています。シミ、しわ、皮膚癌などの慢性皮膚障害(光老化)についても圧倒的にUVBの影響が強いのです。

紫外線から守るメラニン色素。

メラニンは人間だけでなく、他の動物、植物、また一部の菌類などに形成される色素です。メラニン色素は黒色メラニン(ユーメラニン)と肌色メラニン(フェオメラニン)の2種類があります。黒色メラニンの量が多いほど、肌や髪の色が黒く濃くなります。

メラニンは、表皮の基底層にあるメラノサイトによって生成されます。メラノサイトは紫外線などの刺激を受けるとメラニンを作り出すのですが、これはメラニン色素を含む表皮細胞でバリア―ゾーンを形成し、肌細胞が紫外線の刺激を受けないようにするためです。

簡単に言えば、メラニン色素は私たちの体を守る大切な防衛物質なのです。メラニン色素を含む表皮細胞ができることにより、お肌にバリアゾーンをつくり守ってくれているのです。メラニン色素は肌トラブルや病気を防ぐためになくてはならない物質と言えます。

紫外線を浴びすぎると「シミ」になる理由。

紫外線を浴びすぎると、過剰に生成されたメラニンが色素沈着を起こし、シミとなるのです。通常、生成されたメラニン色素はターンオーバーにより排出されるため、色素沈着を起こすことはありません。しかし、紫外線などの刺激を過剰に受けるとメラニン色素も過剰に生成されるため、排出しきれなかったものが残りシミとなってしまうのです。

紫外線量が多い季節。

気象庁により下記引用

紫外線天候に大きく影響されますが、一般的に夏に紫外線量が多くなります。国内では、7~8月に紫外線量が年間で最も多くなります。

紫外線の季節変化について「紫外線は5月に最も多い」「5月の紫外線は真夏とほぼ同じ」と言われることがありますが、これはオゾン層での吸収がほとんどないUV-A領域の紫外線のことと考えられます(特に6~7月に梅雨時期となる地域に当てはまります)。一方、気象庁で観測しているUV-B領域の紫外線および紅斑紫外線は、そのほとんどがオゾン層で吸収されます。上空のオゾン量は、日本付近では春に多く、夏から秋にかけて少なくなる季節変化をしています(ただし、南西諸島付近では冬季に最も少なくなります)。このオゾン層の季節変化によって、UV-A領域とUV-B領域の紫外線の季節変化は異なっているのです。

紫外線量が時間帯。

最も多く紫外線が降り注ぐのは10時から14時の間。この時間帯に1日のうちで約60%もの紫外線が降り注ぎます。この時間は外出しないようにするなどの工夫で紫外線を防ぎましょう。

紫外線が多い時期の紫外線対策。

春先から日焼け止め対策の準備を行い、うっかり日焼けしてしまったということがないようにしておきましょう。日常生活でも3~4時間に1回塗り直すと高い効果が期待できるようです。日焼け止めは少なすぎる量では日焼けどめの効果を期待できない場合が多いですのでしっかり塗ることが大切です。

日焼け止めクリームを塗る量。

紫外線対策の試験で、使われる基準量は、1cm² あたり2mgとなっています。日焼け止めに表示されている、SPFやPAなどは、この量を使わないと、数値分の効果は出せません。顔全体だと、およそ0.8gが日焼け止めの効果的な適量となり、これは500円玉の大きさと同じくらいの量です。一度に塗るのは難しいため、半分の量を2回に分けて重ね付けをし、適量を使うことで日焼け止めの効果を高めます。

日焼け止めを塗る順番。

1、日焼け止めの順番はスキンケアの後、ベースメイクの前です。先にスキンケアの段階で保湿をしっかりと行い肌の土台をつくります。

2、額・右頬・左頬・鼻・あごの5点に点を付けるように塗ります。

3、肌の内側から外側に向かって手を大きく動かしながら優しく伸ばしながら塗ります。

4、もう一度、額・右頬・左頬・鼻・あごの5点に点を付けるように塗ります。

5、もう一度、肌の内側から外側に向かって手を大きく動かしながら優しく伸ばしながら塗ります。

日焼け止めは下地と併用がよい。

春夏(3月~9月)は紫外線量が多く皮脂の分泌も盛んになります。日焼け止め効果のある下地だけだとすぐにメイクが崩れてしまい、日焼け止めも落ちやすくなってしまうので春夏に関しては日焼け止めと下地の併用をおすすめします。

日焼け止めは「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」がある。

一般的に日焼け止めには、主に紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2つの防止剤が含まれています。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤とは、紫外線のエネルギーを自らの中に取りこんで化学的に処理するタイプの日焼け止め成分のことです。分子構造の中に有機物を含む有機化合物が多く使われます。紫外線吸収剤は、取りこんだ紫外線のエネルギーを熱や赤外線に変換して放出したり、自分自身の分子構造を一時的に変えるために消費したりします。簡単に言えば、紫外線を肌に到達させないように”吸収”して外に逃がすのが紫外線吸収剤です。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、肌の表面で紫外線を跳ね返すことで、紫外線が肌に当たるのを防ぐものです。有機化合物ではないので肌への負担が少ないことです。多くは「ノンケミカル」と表示されています。また、紫外線吸収剤のように化学変化を起こさないため、構造が壊れにくく効果は長持ちします。UV-AとUV-Bの両方が防げるのも特徴です。

日焼け止めは「肌に悪い成分」が入っている商品もある。

紫外線吸収剤は、防御力が高い分、肌への負担が大きいです。有機化合物であるため、人によっては刺激を感じることがあります。紫外線吸収剤が化学変化で別の物質になったときの安全性や、環境への影響も懸念されます。

日焼けをしっかり防止したい場合は、紫外線吸収剤配合のものを、肌への負担を軽くしたい場合は紫外線散乱剤配合のものを使用するとよいとされていますが、日焼け止めには吸収剤のみ、散乱剤のみの商品だけでなく、両方を組み合わせている商品もあります。

紫外線吸収剤はあまりオススメしません。紫外線吸収剤が入っていない『紫外線吸収剤フリー』や『ノンケミカル(散乱剤だけ)』などの商品もありますので、日焼け止めを使用する場合はそういった商品がオススメです。

紫外線は目に悪いのか!?

もともと、人間の目には紫外線を防ぐ力が備わっています。通勤時間など日常生活で多少の紫外線を浴びる分には、目の機能には問題ありません。ただ、長時間、強い紫外線を浴びると、白内障や黄斑変性(おうはんへんせい)症という、視界がゆがんだり目が見えなくなったりする病気を引き起こす可能性があります。その為、バーベキューやピクニックなど長時間紫外線を浴びる場合は紫外線をカットできる眼鏡をつけた方が良いです。

色が濃いサングラスの方が紫外線を遮断できる!?

結論から言えば、色と紫外線カットの性能は関係がありません。紫外線カットには、「紫外線透過率」が数字で表示されています。そのレンズがどれだけ紫外線を透過するかを示す数字で、低いほどレンズの性能が優れているということになります。「紫外線透過率1.0%以下」という表示のレンズは、紫外線を99%以上カットすることができるのです。

注意:「紫外線カット率」と表記しているサングラスもありますが、その場合は数値が高い方が性能の良いレンズということになります。

紫外線透過機能のない色の濃いサングラスは目に悪い!?

目は、暗いところでは瞳孔(どうこう。目の中心にある、光を通す領域)が開き、より多くの光を取り込むようにできています。瞳孔が開いた状態になっていると、通常の状態よりも多くの紫外線を目に取り込んでしまいます。機能がない濃い色のレンズのサングラスを使用すると、目に悪い影響を与えてしまうのです。

目にいい食べ物を食べましょう!

ルテイン

緑黄色野菜などに多く含まれる「ルテイン」は、紫外線などのダメージにより体内に発生する活性酸素を除去する作用があります。ルテインは目の水晶体や黄斑部に主に存在します。 しかし、年齢や目を酷使することによってどんどん減少するうえ、体内では作られません。そのため、普段から積極的に食事などから補うことが大切です。

ビタミン

ビタミンC、ビタミンE、β-カロテン、ビタミンB2、ナイアシンをバランスよく摂取することが目の健康のために役立ちます。

ミネラル

ミネラルが不足してしまうと、他の栄養素はきちんと効果を発揮することができなくなります。また、目や体の老化の原因となる活性酸素に対しても、重要な役割を果たしています。

紫外線対策は帽子も効果的。

帽子のつばの角度が地面に対して平行で、7cm以上のつばがある帽子なら顔にあたるUVが60~70%軽減するというデータもあります。紫外線をできるだけ防ぐには、つばの広い帽子の方がよりおすすめです。

スポンサーリンク