【ストーカー被害・事件続出】警察に相談する場合は証拠が必要!?

【ストーカー被害・事件続出】警察に相談する場合は証拠が必要!?

日本でストーカー被害・事件が続出している!

近年ストーカーが大きな社会問題になっています。東京都青少年・治安対策本部より。

●桶川ストーカー殺人事件 (平成11年10月) 埼玉県桶川市で、女子大生(当時21歳)が元 交際相手の男とその兄の雇った男性によって 殺害された。この事件を機に「ストーカー」 という言葉が知られるようになった。

●新橋ストーカー殺人事件 (平成21年8月) 港区西新橋で、耳かき専門店の女性従業員 (当時21歳)とその祖母(当時78歳)が、同 店の利用客だった男によって殺害された。裁 判員裁判として初めて死刑が求刑された(判 決は無期懲役)。

●長崎ストーカー殺人事件 (平成23年12月) 長崎県西海市で、女性の母親(当時56歳)と 祖母(当時77歳)が元交際相手の男によっ て殺害された。女性は居住していた千葉県か ら実家のある長崎県に逃げており、家族が被 害に遭った。

●逗子ストーカー殺人事件 (平成24年11月) 神奈川県逗子市で、女性(当時33歳)が元交 際相手の男によって殺害された。男はその 後、自殺。男はインターネットや探偵事務所 等から女性の居場所を調べていた。

●(平成25年10月) 三鷹市で、女子高生(当時18歳)が元交際相 手の男によって殺害された。男は女性の自宅 に隠れており、家の外に逃げた女性を追いか け殺害した。さらに男は女性の画像をネット 上で拡散、「リベンジポルノ」という言葉が知 られるきっかけとなった。

●市川ストーカー殺人事件 (平成25年11月) 千葉県市川市で、女性(当時22 歳)が、元交 際相手の男によって、子供と交際相手の目の 前で殺害された。男は女性の子供が通ってい た保育園を張り込みタクシーで尾行した上で 犯行に及んだ。

●東京・小金井市女子大生刺傷事件(平成26年5月)東京・小金井市で、芸能活動をしていた女子大学生が、ファンの男に刺された事件で、警視庁が、事件前の女子大学生からの相談を、「ストーカー相談」として扱っていなかったことが分かった。

ストーカーとは。

ストーカーとは、特定の人に対する好意の感情、またはその好意がかなわなかったことに対する怨念の 感情によりつきまとい、まちぶせ、押しかけや無言電話などをする人を言います。最悪の場合、殺人事件になる場合もあります。

ストーカー規制法。どこからがストーカーなのか!?

ストーカーを取り締まる法律として、「ストーカー規制法」があります。ストーカー行為は、「つきまとい行為」を反復して行うことを指し、「つきまとい等」とは、「特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する」ことを目的にする行為に限られます。

警察庁の定めるストーカー規制法

警視庁ではストーカーに対する行為を「ストーカー規正法」として定めています。
以下、警視庁より

ストーカー規制の目的(法第1条)
ストーカー行為等処罰する等ストーカー行為について必要な規制を行うとともに、その相手方に対する援助の措置等を定めることにより、個人の身体、自由及び名誉に対する危害の発生を防止し、あわせて国民の生活の安全と平穏に資することを目的としています。

ストーカー規制法とは
以下に示す「つきまとい等」を繰り返すストーカー行為者に警告を与えたり、悪質な場合逮捕することで被害を受けている方を守る法律です。
この法律による規制の対象となるのは
「つきまとい等」
「ストーカー行為」
の二つです。

1.「つきまとい等」とは
この法律では、特定の者に対する恋愛感情その他の好意感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、その特定の者又はその家族などに対して行う以下の8つの行為を「つきまとい等」と規定し、規制しています。
ア つきまとい・待ち伏せ・押しかけ
あなたを尾行し、つきまとう。
あなたの行動先(通勤途中、外出先等)で待ち伏せする。
あなたの進路に立ちふさがる。
あなたの自宅や職場、学校などの付近で見張りをする。
あなたの自宅や職場、学校などに押し掛ける。

ストーカー規制法 第2条第1項第1号
つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校、その他通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、又は住居等に押し掛けること。

イ 監視していると告げる行為
あなたの行動を告げ、監視していることを気づかせる。
あなたが帰宅した直後に「お帰りなさい」などと電話する。
あなたがよくアクセスするインターネット上の掲示板に、上記の内容などの書き込みを行う。

ストーカー規制法 第2条第1項第2号
その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。

ウ 面会や交際の要求
面会や交際、復縁等義務のないことをあなたに求める。
贈り物を受け取るように要求する。

エ 乱暴な言動
あなたに、大声で「バカヤロー」などと怒鳴る
あなたに、「死ね」などの乱暴な言葉やメールをする。
あなたの家の前で大声を出したり、車のクラクションを鳴らしたりするなど乱暴な行動をする。

ストーカー規制法 第2条第1項第4号
著しく粗野又は乱暴な言動をすること。
ページトップへ戻る
オ 無言電話、連続した電話・ファクシミリ・電子メール
あなたに電話をかけてくるが、何も告げない。(無言電話)
あなたが拒否しているにもかかわらず、携帯電話や会社、自宅に何度も電話をかけてくる。
あなたが拒否しているにもかかわらず、何度もファクシミリや電子メールを送信してくる。

カ 汚物などの送付
汚物や動物の死体など、あなたに不快感や嫌悪感を与えるものを自宅や職場に送り付ける。

ストーカー規制法第2条第1項第6号
汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。

キ 名誉を傷つける
あなたを中傷したり名誉を傷付けるような内容を告げたりメールを送るなどする。

ストーカー規制法 第2条第1項第7号
その他の名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。

ク 性的しゅう恥心の侵害
わいせつな写真などを、あなたの自宅に送り付ける。
電話や手紙で、卑わいな言葉を告げ恥しめようとする。

ストーカー規制法 第2条第1項第8号
その性的羞恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置くこと。

ストーカー被害にあった時の対処法

ストーカー行為をされた方は、最寄りの警察署・警察本部に相談して下さい。被害者からの申出があれば、警察は、相手に対し、「つきまとい等」を繰り返してはならないことを警告します。相手方が警告に従わない場合には、都道府県公安委員会がストーカー行為禁止命令を行います。さらに、相手を告訴して警察に処罰を求めることもできます。

ストーカー行為に対する処罰

  1. ストーカー行為をした者は、6カ月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます(ただし、被害者からの告訴が必要です)
  2. 都道府県公安委員会のストーカー行為禁止命令に違反してストーカー行為を継続した場合は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が課されます
  3. 禁止命令等に違反した者は、50万円以下の罰金が課されます。

警視庁よりストーカー対する現状

以下、警視庁より。

警察署では、あなたを守ることを最優先に考えて相談体制を整えています。つきまとい等を受けたら、すぐに最寄りの警察署にご相談ください。あなたの申出に応じて、「つきまとい等」を繰り返している相手方に警察署長等から「ストーカー行為をやめなさい」と警告することができます。また、警告に従わず、更に相手方がつきまとい等をした場合は、東京都公安委員会が「その行為はやめなさい」と禁止命令を行うことができます。禁止命令に違反して「ストーカー行為」をすると、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科されます。あなたが「ストーカー行為」の被害にあっている場合は、警告の申出以外に、あなたが相手を告訴して、処罰を求めることができます。この罰則は、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金です。これらの他にも警察は、あなたからの申出により、ストーカー被害を防止するための教示や防犯ブザーの貸出しも行っております。
(注釈)警告実施後、ほとんどの者がその後の行為をやめていますが警告後の行為者の動向については、定期的に被害者等との連絡を行うことにより、適切な対応に努めることとしています。

ストーカーに対する警察 相談窓口

#9110番(シャープきゅういちいちまる)は、みなさんの生活の安全を守るための警察総合相談室の専用電話番号です。ダイヤル回線の場合はつながりませんので、下記の警察署へ直接相談しましょう。

全国の警察総合相談室電話番号一覧表
警察本部名 電話番号 (受付時間)
警視庁 03-3501-0110 (AM 8:30 ~ PM 5:15)
北海道警察本部 011-241-9110 (AM 8:45 ~ PM 5:30)
北海道警察函館方面本部  0138-51-9110 (AM 8:45 ~ PM 5:30)
北海道警察旭川方面本部 0166-34-9110 (AM 8:45 ~ PM 5:30)
北海道警察釧路方面本部 0154-23-9110 (AM 8:45 ~ PM 5:30)
北海道警察北見方面本部 0157-24-9110 (AM 8:45 ~ PM 5:30)
青森県警察本部 017-735-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15)
岩手県警察本部 019-654-9110 (AM 9:00 ~ PM 5:45)
宮城県警察本部 022-266-9110 (AM 8:45 ~ PM 5:15)
秋田県警察本部 018-864-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15)
山形県警察本部 023-642-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:00)
福島県警察本部 024-533-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:00
茨城県警察本部 029-301-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15)
栃木県警察本部 028-627-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15)
群馬県警察本部 027-224-8080 (AM 8:30 ~ PM 5:15)
埼玉県警察本部 048-822-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15)
千葉県警察本部 043-227-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15)
神奈川県警察本部 045-664-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:00)
新潟県警察本部 025-283-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15)
山梨県警察本部 055-233-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:00)
長野県警察本部 026-233-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15)
静岡県警察本部 054-254-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15)
富山県警察本部 076-442-0110 (AM 8:30 ~ PM 5:15)
石川県警察本部 076-262-9110 (AM 9:00 ~ PM 5:45)
福井県警察本部 0776-26-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15)
岐阜県警察本部 058-272-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15)
愛知県警察本部 052-953-9110 (AM 9:30 ~ PM 5:00)
三重県警察本部 059-224-9110 (AM 9:00 ~ PM 4:00)
滋賀県警察本部 077-525-0110 (AM 8:30 ~ PM 5:15)
京都府警察本部 075-414-0110 (AM 9:00 ~ PM 5:45)
大阪府警察本部 06-6941-0030 (AM 8:45 ~ PM 5:45)
兵庫県警察本部 078-361-2110 (AM 9:30 ~ PM 5:30 )
奈良県警察本部 0742-23-1108 (AM 8:30 ~ PM 5:15 )
和歌山県警察本部 073-432-0110 (AM 9:00 ~ PM 5:30 )
鳥取県警察本部 0857-27-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:30 )
島根県警察本部 0852-31-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:30 )
岡山県警察本部 086-233-0110 (AM 8:30 ~ PM 5:15 )
広島県警察本部 082-228-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15 )
山口県警察本部 083-923-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15 )
徳島県警察本部 088-653-9110 (AM 8:30 ~ PM 6:15 )
香川県警察本部 087-831-0110 (AM 8:30 ~ PM 5:15)
愛媛県警察本部 0120-31-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15 )
高知県警察本部 088-823-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15 )
福岡県警察本部 092-641-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15 )
佐賀県警察本部 0952-26-9110 (AM 8:30 ~ PM 5:15 )
長崎県警察本部 095-823-9110 (AM 9:00 ~ PM 5:45)
熊本県警察本部 096-383-9110 (AM 9:30 ~ PM 6:15 )
大分県警察本部 097-534-9110 (AM 9:30 ~ PM 6:00 )
宮崎県警察本部 0985-26-9110 (AM 9:00 ~ PM 5:45 )
鹿児島県警察本部 099-254-9110 (AM 9:30 ~ PM 6:15 )
沖縄県警察本部 098-863-9110 (AM 9:30 ~ PM 6:15

警察が動いてくれなくても、何度も相談してください!

警察に相談しても、相手にしれくれなかったとしてもあきらめないでください。誰にも頼らず自分でなんとかしようとしても、自分では最終的にどうにもできないこともあります。対処の仕方によっては相手を逆上させてしまい、最悪、殺人事件になる可能性もあるのです。

警察への相談は、記録に残ります。「被害者がどれだけストーカーの行為に不安を抱いているか」という証拠にもなるのです。

警察はストーカーをしている証拠がないと動いてくれない場合もあります!

ストーカー被害にあっているが、これといった証拠がない場合、警察に相談しても相手にされない場合もあります。証拠が残るようにわざと自分から相手に接触して証拠をつくることはオススメしませんが、事実関係をある程度客観的に把握できる材料・証拠は必要です。

ストーカーと特定できる証拠とは!?

写真、録音テープ、相手からの手紙などがあれば、それが有力な証拠になります。最近ではメールやLINE、そのたSNSなども証拠となります。

ストーカーの相手が特定できない!?

いたずら電話や嫌がらせメール・手紙など、被害者の前に姿を見せないタイプのストーカー行為があります。このような場合、意外と身近にストーカーをしている犯人がいる場合があります。仲のいい男友達に相談していたけど、実はその相談相手がストーカーだったなんてこともあります。相手が特定できない場合は、うかつに相談するのもよくありません。過去に別れた恋人や、今は付き合いのない友達がストーカーになる事も決して珍しい事ではありません。

ストーカーが特定できない場合は、男友達に尾行してもらうのも手です。自分の後ろはなかなか見えませんが、その後から誰かに見てもらっていたら、不審者が見つかるかもしれません。

盗聴器を仕掛けられている可能性もある!?

最近ではインターネットで簡単に盗聴器を購入することができます。盗聴器・盗撮器に気づかないままだと、ストーカーに生活の全てが筒抜けになり、ストーキングも一層エスカレートします。盗聴器発見除去を行う業者へ連絡してみるのも手です。

ストーカーの種類

擬似恋愛ストーカー

あなたと付き合ってもいないのに、さも付き合っているような感情をもっています。ストーカーの一番多いタイプです。付き合っていて別れた元彼氏から、ちょっと仲の良い友達、合コンで一回しか合った事のない相手、女性友達と飲みに行った居酒屋の店員までさまざまです。必ずしも話した事のある相手とは限らないのが特徴です。

ネットストーカー(サイバーストーカー)

インターネットを使ってストーカー行為をする人を『ネットストーカー』もしくは『サイバーストーカー』と言います。彼らはネット上での発言が気に入らない相手やプロフィールを見て好意を抱いた相手の個人情報を調べ上げ、嫌がらせをします。

集団ストーカー

ストーカー行為は個人が個人に対して行うことがほとんどですが、中には不特定多数が個人につきまとったり嫌がらせしたりする場合もあり、これを『集団ストーカー』と言います。

高齢者ストーカー

高齢化により高齢者の犯罪が増えていますが、同様にストーカーも増えているそうです。警察庁によると、2014年の60歳代以上のストーカー認知件数は2,199件。全体の約1割を占めており、この数は10年前の4倍以上だそうです。

相手が特定できても二人きりで会うのは禁止!

ストーカーと話し合い、ストーキングを止めるよう説得する事もあるでしょう。その場合、今までの関係の如何に関わらず、ストーカーと2人きりで会わず、必ず第三者に立ち会ってもらうようにしてください。弁護士など法律の専門家が一番良いです。そうでない場合、絶対に会うのはやめましょう。エスカレートしているストーカーに会うのは、たとえ男友達と同行であっても禁止です。相手はさらに感情的になり被害が拡大する恐れがあります。その時は大丈夫でも、あなたが一人で夜道を歩いているときや、一人暮らしをしているマンションで待ち伏せする可能性も考えられます。

また、男友達を介してストーカーをやめてもらうように言うのもオススメしません。ストーカーに注意するのは警察にまかせるのが一番安全で、相手も納得しやすいのです。

ストーカーされているときは一人にならない事が大切。

エスカレートしてきた相手は、あなたとの接触を試みるようになります。それは誰かと一緒のときではなく、あなたが一人の時にしか行いません。一人になるタイミングを見計らっています。

相手の男がやせ細っていても女性のあなたより力は上!

ストーカーをしている男がいくらやせ細っているからといっても危険です。格闘技をしていて男をバシバシ投げ飛ばす女性ならまだしも、普通の女性なら、どうしても腕力は男にまけてしまいます。相手が襲ってきたときには太刀打ちできない場合も多いのです。

相手が接触してきて身の危険を感じたときの悲鳴に気をつける!

相手がいきなり、あなたの前に現れたとき、また身の危険を感じたとき女性は「キャー助けて~」と悲鳴をあげてしまいます。あまりに怖くてそう言ってしまうのでしょうが、その悲鳴は危険です。なぜなら、過去に女性が襲われた事件でも、女性の悲鳴は聞こえたが、あまりに恐怖を感じる悲鳴だったので助けにいくのを恐れて外に出て行けなかったという住民も意外と多いのです。助けを呼ぶつもりが、助けに来てくれる人まで恐怖にしてしまうのです。

身の危険を感じた時は「火事だ~」が良いと言います。火事と聞いた瞬間、人間はその場から逃げないといけないと感じ、無意識に外に飛び出してくるといいます。

ストーカーは本当に危険だということを認識しましょう!

たとえちょっとした嫌がらせであっても、徐々にストーカーがエスカレートしていくのはよくあることです。もし、何か生活をしていて異変に気づいたら、それはストーカーがあなたを見ているかもしれません。

スポンサーリンク