【痩せるダイエット】1カ月で5キロ痩せるには食事を変える。痩せるダイエットの基本は食事。

1カ月で5キロ痩せるのは簡単。痩せるダイエットの基本は食事療法。

ダイエットとは、健康または美容上、肥満を防ぐために食事を制限すること。健康または美容上、肥満を防ぐために食事を制限すること。ダイエットは、英語「diet」に由来し、英語の「diet」は、「生活様式」を意味するギリシャ語「diata」に由来します。日本でのダイエットは「日常の食べ物」という意味に転じた言葉としてとらえられ、「代謝異常」「消化器系内臓疾患」「肥満」などに対する、「食事療法」や「治療法」といった意味を持つようになりました。

痩せるのが難しいと思っていると本当に難しくなる。

人間の脳の基底部には“RAS(Reticular Activating Sistem/網様体賦活系)”というフィルターシステムがあり、そのRASが人間に大きな影響を与えています。脳が重要だと判断した事以外は遮断してしまう機能で、心理的な盲点を作り出す原因になる脳の仕組みです。

人間の脳は物理空間と情報空間の二つをどちらも”現実”として認識することができます。物理的空間に”ある物”が実際にあったとしてもあなたの脳が”それがある”と認識しなければ”ない”となりますし、物理空間に”ある物”が実際になかったとしてもあなたの脳が”それがある”と認識すれば”あり”となるのです。

つまり、「ダイエットは自分には向いてない」「痩せるのが難し」と思っているとそうなるということです。1カ月で20キロ痩せるのは難しいですが、1~2カ月で5キロ、2~3カ月で10キロくらいなら痩せるのは難しいことではありません。

ドーパミンとダイエットの関係。

お腹いっぱい食べたはずなのに一向に満腹にならないという人もいるのではないでしょうか?

脳が心地よさや快感を感じるときにドーパミンという脳内ホルモンが大量分泌されるのですが、食事でもドーパミンが分泌されます。いくら食べても満足しないというのは、ドーパミンの分泌が少ないといえます。

ドーパミンとは神経伝達物質の一つ。アミノ酸の一種であるチロシンからL-ドーパを経て生合成されます。中枢神経系にはドーパミンを神経伝達物質とするドーパミン作動性神経細胞が数多く存在しています。

ドーパミンが分泌されていると、脳は興奮状態になり空腹を感じなくなります。恋をしているとき、趣味に没頭しているとき、仕事に集中しているときなどはドーパミンが出ているため、お腹が空かないのです。

ドーパミンの出方は男女で違い、男性の場合は、自分をスゴイと誇示することでドーパミンが出る傾向にあります。女性の場合は、相手に共感してもらうことでドーパミンが出る傾向にあります。

ドーパミンは食べ物によっても活性化させることができます。

ドーパミンを出すのに有効な食べ物。

大豆
ドーパミン分泌を助ける食品の代表的なものは、大豆です。大豆にはレシチンやチロシンといった栄養素が多く含まれています。大豆に多く含まれているチロシンは、ドーパミンの分泌を高める作用がある栄養素です。ダイエットするなら豆腐、納豆を食べるようにしましょう。

鶏肉
ドーパミンの原料はたんぱく質です。そのため、たんぱく質を沢山含んでいる肉をたべることによってドーパミンが出やすい脳になることが可能です。たんぱく質は肉に多く含まれるため、肉を普段から多く食べている人ほどドーパミンを増やしやすいのです。鶏肉は脂も少ないので、ダイエット中の女性にオススメです。

レバー
レバーを摂取しながら適量のお酒を飲むとドーパミンの分泌を増やすと言われています。しかし、飲酒はドーパミンの分泌を助けるますが、飲み過ぎは健康を損なう原因になるので注意が必要です。

 痩せるのトレーニングは必要ありません。

最近流行りのダイエット方法で、トレーニングして筋肉をつけて痩せる方法がありますが、ダイエットという基本的な痩せる方法にはトレーニングは必要ありません。「筋肉をつけて痩せるダイエット」と「痩せるダイエット」はまったく別物なのです。

東洋医学によるダイエット。

東洋医学では、「医食同源」という言葉があり、食べ物には栄養素やエネルギーだけでなく”薬効”があると考えられています。人の体には、「気」「血」「水」の3つの大切なエネルギーの流れる道があり、この道の流れがとどこおると”肥満”などの不調があらわれるのです。

痩せたいならば、太らない食事をとることが大前提です。

ダイエットする為の太らない食事。

揚げ物・炒め物を避ける
太っている人の特徴で、好きな食べ物を聞けば、だいたい、唐揚げなどのカロリーの高い食べ物が好きです。ダイエットの一番の近道は「揚げる」「炒める」などの油を使う調理法はなるべく避けることです。同じ料理でも、「焼く」「煮る」料理のほうが体によいです。

パンよりご飯を食べる
最近、朝食はパンという人も多いですが、やはり日本人にはご飯のほうがよいとされています。パンには小麦以外にバターや砂糖など使用されている場合もあります。また、小麦の白いものは精製度が高いです。つまり加工度の高い加工食品です。白砂糖同様、もともとは自然にある食べ物でも、加工されればされるほど、人体にとってうまく栄養として取り入れにくい食品になってしまいます。からだに負担がかかる可能性もあるのです。

体に悪い組み合わせで食べない
「砂糖と脂肪」の食べ合わせは体に大敵です。砂糖を摂るとインシュリン分泌が活発となり、その結果、脂肪が分解されずに体に蓄積されやすくなります。ですから、バタートーストにジャム、ポテトチップスにジュース、ステーキやソテーといった油っこい食事の後にケーキなどといった組み合わせは、あなたの体内に脂肪をどんどん増やしてしまうのです。ダイエットするなら絶対に避けないといけません。

ダイエットするなら朝食を食べないのは×。

ダイエットしているから、朝食を食べていないという人がいますが、間違いです。朝食を抜くとダイエットだけでなく健康にも良くなく良くありません。ダイエットをするからこそ、朝食を食べましょう。

朝食をとることで、頭と身体を目覚めさせて、1日を活発に過ごすこともできます。それによって消費カロリーを増やせるというダイエット効果もあります。

食事バランスを考える。

朝食を食べるのは大切ですが、朝からおなか一杯食べるのはよくありません。何をするにも「適度」が大切です。農林水産省では1日あたりの食事量を目安にした「食事バランス」について次のように記載しています。

●1日に、「何を」、「どれだけ」食べたらよいかを考える際の参考にしていただけるよう、食事の望ましい組み合わせとおおよその量をイラストでわかりやすく示したものです。
健康で豊かな食生活の実現を目的に策定された「食生活指針」(平成12年3月)を具体的に行動に結びつけるものとして、平成17年6月に厚生労働省と農林水産省が決定しました。
「食事バランス」厚生労働省と農林水産省が決定
農林水産省 「食事バランスガイド」について

1日の食事の割合は?

1日あたりの食事の割合はどれがベストなのでしょうか!?
朝・昼・夜の割合では、「1:7:2」「3:5:2」「2:6:2」「5:3:2」など人それぞれです。ただ、どの人にも言えるのが夕食は「2」ということです。夕食は基本的に仕事が終わってから食べる人が多いので、食べは後は運動しないということから少なめにする人が多いです。夕食を減らすのはダイエットにおいては基本といえるでしょう。
ダイエットをやり始めた時は夕食の割合は「2」くらいでよいですが、ある程度、理想の体型を手に入れたときは「3:4:3」の割合が人間によいとされています。
「3:4:3」の食事の割合はダイエットにも美容にも良いのです。

朝と昼に関しては、仕事などにより変わってきます。昼食を減らすことにより仕事に集中できず影響がでるようなら「3:5:2」くらいの割合がちょうどいいです。

短期で痩せたい場合は「5:4:1」

食事の量は今食べている量の8割にする。

ダイエットにするにあたり、ご飯の量は今食べている量のを2割、減らしましょう。毎食2割の量を減らしていくと胃袋は少しずつ小さくなっていきます。最初の1週間~1カ月は空腹感をガマンすることになりますが、一度小さくなってしまえば、自然に食べすぎを防げます。ただ、簡単なようで実が意外と難しい作業なのです。今まで、おなか一杯食べていた人が、目の前の食事を2割も残すのはとてもつらいことです。ただ、「ずっとではない」ことを覚えておきましょう。体質が改善されれば次第に食べる量を減らしても大丈夫になってきます。ダイエットは体内から改善することが近道といえます。

BMI/標準体重計算

BMI(体格指数:Body Math Index)は下記の式で計算される値で、肥満の程度を知るための指数です。

BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

BMI値の判定基準は一般的には、18.5未満で「やせ」、18.5以上25未満で「標準」、 25以上30未満で「肥満」、30以上で「高度肥満」と判定されます。

太っている人のあるある!

痩せられない人には驚くほどたくさんの痩せられない習慣があり、それを辞めさせると痩せていくのです。

太っている人あるある
1、椅子に座ると脚が開いてしまう
足の筋肉がなくなっているので、足に緊張感を持たせ生活することが大切です。

太っている人あるある
2、あちこちに食べ物を置く
何か食べていないと口がさみしくなり、ついつい間色をしてしまいます。

太っている人あるある
3、痩せたいといいながら、おなか一杯食べないと気が済まない。
食べ過ぎてしまう習慣は、意識を改善していきましょう。

太っている人あるある
3、太っている原因を知ろうとしない。
太っているのには必ず原因があるものです。自分の体のどこが太りやすいのかしっかり確認しましょう。

太っている人あるある
4、開き直る
ぽっちゃりがモテるから、このままでもいいかな~。

ダイエットをするなら知っておきたい痩せる順番!

お腹や太ももなど脂肪が気になるのになかなか痩せないという経験は誰にもあるのではないでしょうか。ダイエットを途中で挫折してしまう人はこの順番を知らないのです。その為、ダイエットしているのに痩せなくてつらくなってダイエットをやめてしまうのです。人間の体はいくつもの細胞が集まり複雑にできています。太っている場所だけを痩せさせることは不可能といえます。基本的に、人間の体は肝臓から遠い部分から痩せていきます。

痩せる順番
1、手首・足首
2、腕
3、ふくらはぎ
4、肩
5、上腕
6、太もも
7、胸・顔
8、お腹
9、お尻

どうですか、太りやすい場所がなかなか痩せたい箇所が痩せませんよね。また、太る時はこの逆になります。
太る順番
1、お尻
2、お腹
3、胸・顔
4、太もも
5、上腕
6、肩
7、ふくらはぎ
8、腕
9、手首・足首

お尻やお腹は太りやすいのに痩せにくいとは最悪です。ダイエットに失敗する人が多いのはこの辺りではないでしょうか。こつこつと毎日の食事を変えることであなたの理想の体を手に入れることができるでしょう。

スポンサーリンク