【お墓のマナー】お墓参りの効果とは!?お墓参りの意味、時期は命日、お盆、お彼岸が良い!?

【お墓のマナー】お墓参りの基本とは
本来、お墓参りはいつ行っても構わないのですが、命日やお盆には特別な意味があるほか、仏教では春と秋のお彼岸の頃に彼岸会(ひがんえ)という法要をし、墓参りをします。

仏教において、お墓参りをする主な時期

命日
故人が亡くなった日を命日と言います。一周忌以降は、亡くなった日と同月同日を「祥月命日(しょうつきめいにち)」と呼び、毎月の同日を「月命日(つきめいにち)」と言います。

お盆
お盆の時期は地方によって異なりますが、7月または8月の13日から4日間に僧侶を呼び初盆・新盆の法要をするほか、お墓参りが行なわれます

お彼岸
仏教では生死の境目にある海(または河)の向こう岸を「彼岸(ひがん)」と呼び、春と秋のお彼岸の頃に彼岸会(ひがんえ)という法要をしたり、墓参りをしたりします。

春のお彼岸=春分の日を中日とし前後3日を合わせた7日間。
秋のお彼岸=秋分の日を中日とし前後3日を合わせた7日間。

お墓参りの手順

1、墓地に入る前に、ご本堂の前で一礼。お寺の墓地の場合には、お参りの前に本堂、本尊にお参りします。
2、手を洗い浄めます。
3、手桶に水を汲み、墓地に向かいます。
4、自分の家のお墓の前についたらまずは一礼します。両手を合わせて合掌します。
5、お墓と、お墓の周りの掃除をします。周りの雑草をぬき、墓石についた汚れをおとします。コケなどがついたお墓は水とタワシできれいにします。

6、供花をして、束のままのお線香に火をつけます。煙をまとめて焚くことで、供養されていない無縁仏が近寄りにくくなるのです。ただし、束のままお線香に火をつけるのは宗派によってことなります。

曹洞宗、日蓮宗、臨済宗、禅宗は1本ずつ線香を立てる。
浄土宗は2本ずつ線香を立てる。
天台宗と真言宗は3本ずつ線香を立てる。

宗派によっては、香炉に線香を立てない宗派もあります。真宗大谷派と浄土真宗本願寺派は、線香を立てず、線香を適当な長さに指で折り、火をつけて、香炉に沿って左端に 火がついたほうがくるようにし、横に寝かせます。

7、合掌礼拝の前に水桶からひしゃくで水をすくって、墓石にかけます。たっぷり墓石の上から水をかけて下さい。

仏教の教えでは、死後の世界の1つに「餓鬼道」があり、福徳を失った生類が落とされる世界とされているようです。なかなか水が飲めない餓鬼が、唯一お墓にかけたお水だけが飲めます。その餓鬼をあわれんで、お水を与えようと言うところから墓石に水をかける習慣の始まりだそうです。

お墓参りのマナー違反

1、お花はそのままに、お供え物はその場で食するか持ち帰らなければなりません。カラスや小動物が食べ散らかしたり腐敗して周りのお墓に迷惑をかけることになります。

2、お水以外のものを墓石にかけてはいけません。お酒のアルコール分が墓石の目に入り込み変色、カビの原因になります。

お墓参りに供える花

日蓮宗は樒(シキミ)、神道は榊(サカキ)を供えます。通常のお参りであれば花店の墓参り用の仏花で良いでしょう。

お墓参りの開運、効果

お墓参りとは神聖なもの。風水の言葉に「地霊人傑(ちれいじんけつ)」という言葉があります。優れた人が活躍し、そのおかげで土地が栄えることで、土地の霊気を高めます。土地の守り神や精霊は、そのことに感謝して人に富貴をもたらします。土地の霊や先祖を敬い、感謝したり、正しく供養ことで、霊的にも運が良くなっていく手助けをしてくれます。

亡くなった身内をはじめとしたご先祖様にご挨拶をすることによって、不思議とことがうまく行くものです。ご挨拶をする謙虚な気持ちやご先祖様を敬う気持ちを持つことによって、あなた自身の魂の格が上がり、良いことを呼び寄せることができるようになります。

お墓参りの意味

一般的な回答としては、ご先祖様に結婚や出産などの家族の出来事を報告をするためとか、亡くなった方のご冥福を祈るためであるとか言われています。

お墓は先祖や故人を祀るところです。そして、亡くなった人たちの菩提を弔い、供養するためにお墓参りをします。亡くなった人の冥福を祈るとともに、家族が無事に暮らしていることを報告し、ご先祖さまに感謝することに、お墓参りの本当の意味があるのです。

スポンサーリンク