口臭の原因は口の中!悪臭は嫌われる!口臭予防対策はビジネスマナーです。

口臭の原因は口の中!悪臭が社会問題に!口臭予防対策はビジネスマナーです。

口臭(悪臭)とは!?

吐く息などによって口から出される『臭(にお)い』のことを言います。臭いといえばそんなに悪くないように聞こえますが口臭は『悪臭』です。悪臭は周りの人を不快な気持ちにさせるので気をつけるようにしましょう。

口臭(悪臭)は自分では分からない!?

自分自身の臭いというのはなかなか分かりづらいものです。自分ではそんなに臭くないとおもっていても、相手にとってはかなり臭いと感じることはよくあります。会話の途中で相手に「口臭いかな?臭う?」と聞いて正直に答えてくれる人もそうそういないでしょう。

自分自身の臭っている口臭は、相手にとってはその100倍くらい臭いと思っておいて間違いないでしょう。

自分で多少でも気づく人はまだ良いほうで、まったく自覚のない人も意外とたくさんいます。

口臭(悪臭)が社会問題に!

現代社会における“スメル(=臭い)ハラスメント”と言われ、社会問題になりつつあります。1999年度厚生省(現厚生労働省)保健福祉動向調査によると、約3.3万人のうち約10%が「口臭が気になる」と回答しました。この回答は、実際には口臭が無い人も含まれ、いかに多くの方が口臭が気になっているかを裏づけるデ-タと言えます。

口臭(悪臭)はどういう状態?

口臭は口の中の細菌が、主にたんぱく質を分解して発生します。もう少し専門的に言うと、口の中で生息している嫌気性細菌が、唾液、血液、古くなった細胞或いは食べカスに含まれるタンパク質などを分解して、臭いの元である硫化水素、メチルメルカプタン及びジメチルサルファイドと呼ばれる揮発性硫黄化合物(Volatile Sulfur Compounds: VSC)を産生することにより、口臭が生じるのです。

口臭(悪臭)の原因は?

口臭の原因となるのは、どんなことでしょうか。それには大別 すると、生理的口臭と病的口臭の2つがあります。

生理的口臭

自然な口の臭いのほかに、食べ物やタバコ、アルコールなどによって生じる臭いが生理的口臭です。食べ物のなかでも、口臭の原因となりやすいのはニンニクとネギ、ニラ、ラッキョウなど。とくにニンニクは腸から吸収された成分が血液中に入り、体中を回って肺から息として吐き出されるため、いつまでも臭いが残ります。またアルコールも本人にはわかりにくいのですが、強い臭いが漂います。

自分の口臭を感じたとき、ニンニクの入った料理やアルコールの影響が残っていないかどうか、まず考えてみましょう。ニンニクやアルコールの臭い解消には、牛乳が効果的なので試してみてください。梅干やレモンにも、食べ物の臭いを薄める効果があります。もちろん歯磨きも忘れずに。

病的口臭とは

病的な口臭には、次のようなものがあります。
● 口の病気”虫歯、歯周病、口内炎など。
● 鼻やノドの病気”蓄膿症や扁桃炎、アデノイドなど。
● 胃腸の病気”胃炎や胃拡張など。この関連で、舌に白いコケのようなもの(舌苔)が増え、それが臭いを発することがあります。舌苔をとる専門の用具もありますが、歯ブラシで軽くこするだけでも臭いはかなりとれます。
● 呼吸器の病気”慢性気管支炎など。
● その他”糖尿病や肝臓病、腎不全、がんなど。
こうした病気のなかでも、もっとも口臭の原因となりやすいのは、虫歯と歯周病です。じつは慢性的な口臭の原因の9割は虫歯と歯周病といわれるほど。つまり口臭を気にするなら、虫歯と歯周病を防ぐためのオーラルケアこそがもっとも重要なのです。

口臭(悪臭)は虫歯が原因の場合もあり!

虫歯というのは、虫歯菌によって歯(エナメル質や象牙質など)に穴があいた状態のこと。そこに食べ物のカスがつまると、細菌が繁殖してプラーク(歯垢)となって臭いを発し、それが口臭となるのです。プラークというと、食べカスがたまったものと思っている人が多いのですが、じつは細菌の巣なのです。

虫歯がさらに進行すると、歯髄(しずい)の神経組織がダメージを受け、腐敗臭まで発するようになります。こうなると、かなりの悪臭がすることもあります。

口臭(悪臭)は歯の間に詰まった汚れが原因の場合もあり!

歯と歯の間に詰まった汚れを爪楊枝で取っている人は多く見かけますが、歯間ブラシを使っている人は少ないのではないでしょうか?

歯間ブラシとは、歯と歯の間の歯垢(しこう)を掃除する小さな歯ブラシです。年齢を重ねると歯と歯の間に隙間が開いてきます。隙間が開けば、それだけ歯垢も付いてきます。歯垢はプラークとも呼ばれ『細菌のかたまり』なのです。この細菌のかたまりが口臭となるのです。その歯垢は歯間ブラシでないと効果的に取り除くことができません。

歯間ブラシは歯にとってとても重要で虫歯や歯周病予防にとても効果を発揮します。

口臭(悪臭)は便秘が原因の場合もあり!

便秘の場合、便が腸内に滞留してしまうと有毒なガスを発生させてしまいます。その有毒ガスが腸管から血管を通り、肺に達すると不快な臭いとして口腔内から発せられるようになります。その臭いは便臭に似た強烈なものであると表現されています。

口臭(悪臭)は「口腔内」の原因よる事が圧倒的に多い!

口臭の原因は「口腔内」の原因よる事が圧倒的と言われています。「虫歯」や「歯周病」が原因で口臭になってしまうのです。ある歯科医によると大人の80%以上の人が「歯周病」だと言います。

「臭い口臭」の原因となるのが「バイオフィルム」と呼ばれるバイ菌です。歯周病菌をはじめとする有害な菌がバイオフィルムとなり、タンパク質などを分解して「臭いイオウ」を発生させます。このバイオフィルムは「歯」のまわりだけでなく口の中全体にいるのです。

バイオフィルムを生み出す「歯周病」ですが、食べかすで増殖した歯周病菌が「バイオフィルム」を産み、口臭を悪化させています

歯周病とは、歯のまわりにある組織(歯周組織という)のいずれか、あるいはすべてに起こる疾患の総称で、歯周疾患とも呼ばれます。

口臭(悪臭)の予防、対策!

1、常に口の中を清潔にしておく必要があります。口の中を清潔にすることにより口臭は無くなります。

2、常に体の中を清潔にしておく必要があります。体のかなを清潔にすることにより口臭は無くなります。

口臭(悪臭)が消えない場合は病院の何科へ行くべき?

1、清潔にしても口臭が消えない場合、原因が「虫歯」や「歯周病」の可能性がある為、まずは『歯医者』へ行きましょう。歯医者で検査して虫歯や歯周病の場合は、定期的に通い治しましょう。

2、歯周病や虫歯が原因でない場合は、詳しい検査が受けられる『口臭外来』へ行きましょう。歯科医院や大学病院の歯科の中には、口臭の治療を専門に行う口臭外来を設けています。口臭外来では、唾液の検査をはじめ、口臭測定器を使った検査、尿検査などを受けることができます。

内臓系の病気の疑いがあれば『内科』へと紹介してくれるでしょう。

口臭(悪臭)は嫌われる!

口臭は日常生活のほぼ全ての場で気になり口臭を迷惑だと考える人は実に多いです。口臭が気になる場面は、職場や学校、通勤通学での電車やバス、家族で一緒にいる時など、人と接する場面では常に意識している状態です。

それに対し、口臭を迷惑と思っている人でも、口臭を知らせる人は3割にも満たないのが現実です。口臭は他人に直接いやな思いをさせるだけでなく、注意したくてもできない、しにくいといった我慢を強いることになり、二重に迷惑をかけていることになります。

自分は大丈夫だろうと思っていると、知らない内に相手が離れていったり、職場だと影で口が臭い奴とバカにされている可能性すらあります。口臭は迷惑なだけでなく相手を不快な思いにさせてしまう為、口臭が人間関係に悪い影響を及ぼすことは否めません。

今すぐできる口臭ケアはこちら

スポンサーリンク