楽天市場 RAKUTEN

楽天市場-rakuten

楽天市場 RAKUTEN

楽天市場(RAKUTEN)とは、楽天市場はファッションから食品までなんでも揃う国内最大級のオンラインショッピングモールです。

楽天株式会社

楽天株式会社-rakuten-company
会社名 楽天株式会社 Rakuten, Inc.
本社所在地 〒158-0094 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
楽天クリムゾンハウス
TEL. 050-5581-6910
代表者 代表取締役会長兼社長 三木谷 浩史
設立 1997年2月7日
楽天市場開設 1997年5月1日
株式店頭上場 2000年4月19日
資本金 203,587百万円(2015年12月31日現在)
従業員数 単体:5,138名
連結:12,981名
(2015年12月31日現在)

楽天株式会社  グループ

■インターネットサービス
市場事業
トラベル事業
その他、国内インターネットサービス
海外事業等
楽天市場、楽天Kobo、楽天トラベル、楽天ブックス、楽天オークション 他

■金融サービス
クレジットカード事業
銀行事業
証券事業
電子マネー事業等
楽天カード、楽天銀行、楽天証券、楽天Edy 他

■その他
通信事業
プロスポーツ事業等
楽天コミュニケーションズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、オーネット

楽天株式会社 連結決算推移

決算期 2015年12月期 2014年12月期 2013年12月期
会計方式 IFRS基準 IFRS基準 IFRS基準
決算発表日 2016年2月12日 2015年2月12日 2014年2月14日
決算月数 12か月 12か月 12か月
売上高 713,555百万円 598,565百万円 518,568百万円
営業利益 94,689百万円 106,397百万円 90,244百万円
経常利益 91,987百万円 104,245百万円 88,610百万円

楽天市場でお買い物

お買い物のステップはたった3つでOK

探す

楽天市場では最安値や送料込みなど、様々な探し方ができます。欲しい商品を見つけたら、買ったことがあるお客様のレビューを確認するのもポイント。買うことを決めたら、その商品を買い物かごへ入れましょう。

買う

商品が決まったら早速お買い物を開始です。個数と送付先、支払い方法、配送方法などのお買い物に必要な情報を入力。楽天会員に登録すれば、次回から情報入力の手間が省けるので、さらにショッピングが簡単になります。

届く

注文を完了すると、自動で注文内容を確認するメールが届きます。あとは、ショップが注文内容を確認して商品を発送、配送会社が届けてくれるのを待つだけ!

楽天市場 会員数

10,835万人 (2016年3月末時点)

楽天市場 出店店舗数

44,876店舗 (2016年3月末時点)

楽天市場 年間流通総額

6.9兆円 楽天国内グループサービス、年間流通総額(取扱高) (2016年3月末時点)※
楽天市場単体ではありません

楽天市場 歴史

楽天市場の創業からの歴史です。(株式会社楽天 楽天の歴史より引用。)

1997年-1999年: 創業~『楽天市場』誕生

  • 「インターネットで人は物を買わない」と言われた時代に、『楽天市場』は誕生。
  • 創業時は、従業員6名、13店舗でスタート。

1997年

  • 2月
    株式会社エム・ディー・エム(現 楽天株式会社)設立
  • 5月
    インターネット・ショッピングモール『楽天市場』のサービスを開始

1998年

  • 7月
    『楽天オークション』の前身となる『楽天スーパーオークション』のサービスを開始

1999年

  • 6月
    株式会社エム・ディー・エムより、楽天株式会社へ社名変更

2000年: 株式公開とグループ形成

株式公開によって、企業としての認知度を大きく向上させるとともに、上場で得た資金によるM&A等を通じて、その後の「楽天経済圏」を形成する新たな事業進出への大きなきっかけに。

2000年

  • 1月
    『楽天市場』出店者にネットショップ運営のノウハウを提供する『楽天大学』を開設
  • 4月
    日本証券業協会へ株式を店頭登録(現 JASDAQ)
  • 12月
    検索機能等を備えたポータルサイト『Infoseek』を運営する株式会社インフォシークを完全子会社化

2001年: グループ流通総額1兆円構想

2001年当時、『楽天市場』の流通総額360億円規模の企業である楽天が1兆円を目指す構想を発表(2011年に1兆円を突破)。

2001年

  • 3月
    インターネット上の宿泊予約、総合旅行サイト『楽天トラベル』のサービスを開始
  • 4月
    インターネット上の書籍等販売サイト『楽天ブックス』のサービスを開始

2002年: 楽天市場ビジネスモデルの転換

  • Win-Winの新たなステージを目指し「従量課金制」を導入するとともに、『楽天スーパーポイント』のサービスを開始。
  • 創業5年目で6,000店舗突破。

2002年

  • 4月
    『楽天市場』に従量課金を軸とした新料金体系を導入
  • 11月
    『楽天市場』内の買い物やサービス利用時にポイントが付与される『楽天スーパーポイント』のサービス開始(現在は楽天グループ内の様々なサービスでポイントを貯めたり使ったりすることが可能)

2003年: グループシナジーの強化

新たなコア事業の確立で、グループ総合力も一気に加速。

2003年

  • 9月
    株式会社インフォシークを吸収合併
    マイトリップ・ネット株式会社を完全会社化
  • 10月
    『楽天スーパーポイント』獲得数による特典サービス『楽天ポイント倶楽部』(現『楽天Point Club』)を開始
  • 11月
    ディーエルジェイディレクト・エスエフジー証券株式会社(現 楽天証券株式会社)を子会社化

2004年: プロ野球界への参入

日本のプロ野球界において50年ぶりの新規球団『東北楽天ゴールデンイーグルス』誕生で、「楽天」の名が全国に広がる。

2004年

  • 4月
    『楽天スーパーポイント』を行使して、商品の購入が可能に
  • 5月
    みんなの就職株式会社を完全子会社化
  • 9月
    株式会社あおぞらカード(現 楽天カード株式会社)を完全子会社化
  • 10月
    株式会社楽天野球団設立
  • 11月
    日本プロフェッショナル野球組織(NPB)による『東北楽天ゴールデンイーグルス』新規参入承認

2005年: 金融事業強化・初の海外展開

  • クレジットカード決済サービスとECのシナジーにより、グループの収益も利用頻度もアップ。
  • 米国LinkShare Corporation (現 RAKUTEN MARKETING LLC)買収により、楽天グループ初の海外展開。

2005年

  • 6月
    国内信販株式会社(旧 楽天KC株式会社、現 KCカード株式会社)を子会社化、クレジットカード決済サービスの『楽天カード』を発行開始
  • 9月
    LinkShare Corporation (現 RAKUTEN MARKETING LLC)を完全子会社化、米国アフィリエイト市場に参入
  • 12月
    当社のオークション事業を会社分割し、楽天オークション株式会社を設立(株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモと共同出資)

2006年: 楽天経済圏の構想

ネットを越えてリアル世界のビジネスとつながる、楽天グループ内サービスを還流する「楽天経済圏」構想を発表。

2006年

  • 7月
    楽天ANAトラベルオンライン株式会社設立(全日本空輸株式会社と共同出資)
  • 11月
    経営管理区分を事業単位のビジネスユニット(38BU)制に改組、BUごとに収益性、成長性を管理する「Growth Management Program:グロースマネージメントプログラム(GMP)」を導入

2007年: 人材へのさらなる投資

人が成長することで、楽天の成長がある。次の10年に向けて、人材への投資に力を注ぐ。

2007年

  • 8月
    本社機能を品川シーサイド楽天タワー(東京)に移転開始(2008年4月に正式に本社を移転)
    IP電話事業を運営するフュージョン・コミュニケーションズ株式会社を子会社化

2008年: EC事業で初の海外展開

『台湾楽天市場』サービス開始により、EC事業において初の海外展開。日本においては楽天のサービスレベルのアップを目指す。

2008年

  • 5月
    台湾において現地大手小売の統一超商グループとの合弁によりインターネット・ショッピングモール『台湾楽天市場』のサービスを開始
  • 6月
    楽天グループの提供するビジネス&サービスが約40に及ぶ。ビジネスユニット(BU)を事業関連性の高い11のグループに分類、再編、グロース&インキュベーション事業の明確化により投資効率の向上を図る
  • 9月
    結婚情報サービスを運営する株式会社オーネットを株式取得により連結子会社化

2009年: 「楽天経済圏」の強化

銀行や電子マネーなど、決済サービスの新たな展開を進め、国内の「楽天経済圏」をより強固に。

2009年

  • 2月
    イーバンク銀行株式会社(現 楽天銀行株式会社)の優先株式を普通株式に転換し、子会社化
  • 3月
    動画コンテンツ配信事業を運営する株式会社ショウタイムを株式追加取得により完全子会社化
  • 9月
    タイにおいてインターネット・ショッピングモール『TARAD.com』を運営するTARAD Dot Com Co., Ltd.を連結子会社化
  • 11月
    電子マネー事業を展開するビットワレット株式会社(現 楽天Edy株式会社)と資本提携契約を締結

2010年: 真の世界企業への脱皮

国際事業戦略説明会で一堂に会する
海外子会社および提携先リーダーたち
グローバル展開が加速。日本の新興企業から、世界のインターネット・サービス企業として新たなステージへ。

2010年

  • 1月
    ビットワレット株式会社(現 楽天Edy株式会社)を子会社化
  • 5月
    リンクシェア・ジャパン株式会社を株式会社トラフィックゲートとの合弁により連結子会社化
    楽天グループの社内公用語を英語にするプロジェクトを本格的に開始
  • 6月
    最先端インターネット技術の研究・開発をする『楽天技術研究所』(東京本社にて2005年12月に開設)を米国・ニューヨークに新設
  • 7月
    アメリカにおいて EC サイト『Buy.com』(現 『Rakuten.com』を運営する Buy.com, Inc.(現 RAKUTEN COMMERCE LLC)を完全子会社化
    フランスにおいてECサイト『PriceMinister』を運営するPRICEMINISTER S.A.(現 PRICEMINISTER S.A.S.)を完全子会社化

2011年: 『楽天市場』流通総額1兆円突破

  • 創業14年目で『楽天市場』の出店店舗数が3万8千店舗、年間流通総額が1兆円を突破。
  • グローバル展開がさらに拡大。『楽天市場』のマーケットプレイスモデルの海外移植、「楽天経済圏」のグローバル化を推進。

2011年

  • 1月
    楽天グループ各国・地域のサービスに関わる様々な開発を担う開発拠点『San Francisco Agile Development Center』を米国・サンフランシスコに新設
  • 6月
    インドネシアにおいて現地大手複合メディア企業PT Global Mediacom Tbkとの合弁(現在は子会社PT.RAKUTEN BELANJA ONLINE)によるインターネット・ショッピングモール『Rakuten Belanja Online』のサービスを開始
    ブラジルにおいてECサービスを提供するIkeda Internet Software LTDA.(現 RAKUTEN BRASIL INTERNET SERVICE LTDA.)を子会社化
  • 7月
    ドイツにおいてECサイト『Tradoria』(現 『Rakuten.de』)を運営する Tradoria GmbH(現 Rakuten Deutschland GmbH)を子会社化
  • 9月
    ロシア最大のECサイト『OZON.ru』を運営する大手インターネット・サービス企業OZON.ruの第三者割当増資を引き受け、同社に出資
  • 10月
    イギリスにおいてECサイト『Play.com』(現 『Rakuten.co.uk』)を運営する英国の大手EC事業者 Play Holdings Limited(現 Rakuten UK Shopping S.a.r.l)を完全子会社化
  • 12月
    『楽天市場』の年間流通総額が1兆円を突破

2012年: 電子書籍事業に参入・社内公用語英語化

  • カナダのKobo Inc. (現 Rakuten Kobo Inc.)買収により、電子書籍事業に本格参入。日本でも、電子書籍サービス『電子ブック楽天<kobo>』を開始。
  • 社内公用語の英語化により、世界で一体感のある経営体制に。
  • 海外のマーケットプレイスモデル拡大、日本の『楽天市場』商品数が約1億アイテムに達する。

2012年

  • 1月
    カナダに拠点を置く世界有数の電子書籍事業者のKobo Inc.(現 Rakuten Kobo Inc.)を完全子会社化、電子書籍事業に本格参入
  • 4月
    ブラジル子会社のRAKUTEN BRASIL INTERNET SERVICE LTDA.を通じ、インターネット・ショッピングモール『Rakuten.com.br』のサービスを開始
  • 5月
    ファッション分野における通信販売・EC事業を運営するスタイライフ株式会社と業務・資本提携を締結
    健康関連商品の販売・EC事業を運営するケンコーコム株式会社を子会社化
    ネット上で写真を収集・共有するソーシャル・ネットワーキング・サービスを展開する米国Pinterest社の第三者割当増資を引き受け、同社に出資
  • 6月
    スペインにおいてスマートTV、タブレット、その他デバイス向けのビデオストリーミングサービスを提供するWuaki.TV, S.L.(現 Wuaki.TV, S.L.U.) を完全子会社化
  • 7月
    約2年の準備期間を経て、楽天グループの社内公用語を英語に正式移行
    日本において電子書籍サービス『電子ブック楽天<kobo>』を開始
  • 9月
    クーポンサイト「Shareee(シェアリー)」を運営する株式会社シェアリーを連結子会社化、クーポン事業に本格参入
    モバイルデータ通信サービスを開始するため、イー・アクセス株式会社と共同出資で楽天イー・モバイル株式会社を設立
  • 10月
    マレーシア子会社のRakuten Malaysia Sdn. Bhd. を通じ、インターネット・ショッピングモール『Rakuten.com.my』のサービスを開始
    アイリオ生命保険株式会社(現 楽天生命保険株式会社)を子会社化
  • 11月
    フランスの大手物流事業者Alpha Direct Services S.A.Sを完全子会社化

2013年: 楽天イーグルス初の日本一、東証一部に上場

  • 「東北楽天ゴールデンイーグルス」が日本シリーズを制覇し、プロ野球参入から球団史上初の日本一に。
  • さらなる市場の拡大と企業価値の向上を目指し、株式を東京証券取引所第一部へ上場市場を変更。

2013年

  • 4月
    アイリオ生命保険株式会社の商号を変更し、「楽天生命保険株式会社」が誕生
  • 6月
    米国物流会社のWebgistix Corp.を完全子会社化
    オーストリア子会社Rakuten Austria GmbHを通じ、インターネット・ショッピングモール『Rakuten.at』のサービスを開始
  • 9月
    世界でビデオストリーミングサービスを展開する米国VIKI, Inc.を完全子会社化
  • 10月
    スペイン子会社のRakuten Spain, S.L.U.を通じ、インターネット・ショッピングモール「Rakuten .es」のサービスを開始
  • 11月
    「東北楽天ゴールデンイーグルス」が日本シリーズを制覇し、プロ野球参入から球団史上初の日本一に
  • 12月
    株式を、東京証券取引所 JASDAQ(スタンダード)から市場第一部へ市場変更

2014年: 通信サービス強化、O2Oサービス拡充

  • 『Viber』買収、格安スマホ『楽天モバイル』開始など、通信・コミュニケーションサービスを強化。
  • ネットとリアルをつなげるO2Oサービスや新サービスが続々誕生。
  • 北米最大級の会員制オンライン・キャッシュバック・サイトを展開する『Ebates』が楽天グループに加わり、海外流通総額が拡大。

2014年

  • 1月
    シンガポール子会社Rakuten Asia Pte. Ltd.を通じて、インターネット・ショッピングモール『Rakuten.com.sg』のサービスを開始
  • 2月
    ニューヨークに次いで3拠点目、欧州では初となる「楽天技術研究所」をパリに開設
  • 3月
    世界でモバイルメッセージングとVoIPサービス『Viber』を展開するVIBER MEDIA LTD.を完全子会社化
  • 5月
    楽天のサービスをリアルで体験できる 『楽天カフェ』を渋谷に常設オープン
  • 6月
    インドに海外4カ国目となる開発拠点を開設
    『楽天市場』上の商品を収集、紹介し合えるキュレーションサービス『ROOM』を開始
  • 8月
    様々なECサイト利用時に届く購買通知メールを解析し、消費履歴を集約するアプリサービス『Slice』を提供する米国Slice Technologies, Inc.を完全子会社化
  • 10月
    実店舗でも『楽天スーパーポイント』が利用できる共通ポイントサービス『Rポイントカード』を開始
    北米最大級の会員制オンライン・キャッシュバック・サイト『Ebates』を展開するEbates Inc.を完全子会社化
    格安通話サービス『楽天モバイル』開始で、携帯電話サービスに本格参入
  • 11月
    スマートフォンで個人間の売買取引ができるフリーマーケットアプリ『ラクマ』の提供を開始

2015年: スポーツ・文化事業強化、金融サービスの海外展開

  • ヴィッセル神戸を楽天グループに加え、スポーツ・文化事業を強化。
  • 「台湾楽天カード」発行開始で、金融サービス事業の海外展開拡大へ。

2015年

  • 1月
    ヴィッセル神戸の全株式を取得し、Jリーグに参入
    海外初の自社クレジットカード『台湾楽天カード』を台湾にて発行開始
  • 3月
    ライドシェアサービスを提供する米国Lyft, Inc.に出資
  • 4月
    図書館向け電子書籍配信サービス『OverDrive』を提供する米国OverDrive Holdings, Inc.を完全子会社化
  • 6月
    二子玉川(東京)の新社屋「楽天クリムゾンハウス」に移転開始(2015年8月24日に正式に本社を移転)
  • 7月
    旅行先の旅行体験(アクティビティー)を個人間で取引できるウェブサイト『Voyagin(ボヤジン)』を運営するVoyagin Pte. Ltd.に出資
    バーチャル試着サービスを提供するFits.me Holdings Limitedを完全子会社化
    「楽天技術研究所」をシンガポール、ボストンに開設し、4カ国5拠点体制となる
  • 8月
    最短20分からの即時配送サービス『楽びん!』の提供を開始
    Android™ OS向けアプリ専用のマーケットプレイス『楽天アプリ市場』を開設

楽天市場で出店はなぜ有利なのか?

楽天は、2015年のインターネット通販の流通額シェアが27.0%と、流通額が高いことが特長です。Yahoo!ショッピングの流通額シェアが5.3%であるのに比べ、約5倍の差があります。

売上が高い理由には様々な要因がありますが、大きく影響するのが、集客力です。ショッピングサイトの集客力を測る指標として、ページビュー(PV)数があります。楽天市場のページビュー数は約33億PVと、Yahoo!ショッピングの約7倍になります。

楽天市場では、1997年からのネットショッピングモール運営の中で、多くの店舗様の成功事例、失敗事例に基づいた知識を溜めています。

その知識を体系化したノウハウを、「楽天大学」の講座や担当のECコンサルタントを通して、店舗様にご提供しています。販売ノウハウをしっかりと学び、戦略的に売上を伸ばしていきたいなら、楽天市場がおすすめです。

楽天市場に出店ネットショップ出店案内【楽天市場】お申込みはこちら


スポンサーリンク