その『ストレス』カルシウム不足!?ストレス解消法はイライラの原因を知りストレス発散!

その『ストレス』カルシウム不足!?ストレス解消法はイライラの原因を知りストレス発散!

イライラする!!ストレス社会に生きる現代人!

現代社会ストレス社会とも言われるように、多くの人がストレスにさらされながら生活を送っています。ストレスはビジネスマンだけでなく、赤ちゃんや子供から高齢者まで何かしらのストレスを受けていると言われています。

ストレスとは、外部からのさまざまな刺激、圧力などにより自分の身体や心に負荷がかかり、「歪み」が生じることをいいます 。ストレスはやがて、様々な身体への不調を引き起こす原因となります。

イライラ、ストレスとはどういう状態?

自分の思い通りに物事がいかない時や、不快なことがあったとき、神経が高ぶり落ち着きがなくなっている状態にイライラしてストレスがたまることがあります。イライラ、ストレスは、体調的なもの、生活環境、精神的負担と色々考えられます。

イライラが止まらない!イライラの原因は病気のサイン!?

最近、イライラが止まらないと感じるなら、病気になっている可能性も考えられます。あまりにイライラが止まらず、ストレスとなっているなら、病院で診察してもうらう事も必要です。

1、月経前症候群(PMS)
月経前3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経が始まるとともに減ったり消えたりするものをいいます。症状は月経前に周期的に現れ、身体症状としてはむくみや腹部の膨満感、乳房の緊満感などの水分貯留症状のほか、頭痛、腹痛、腰痛などの疼痛症状、食欲不振、めまい、倦怠感などの自律神経症状、情緒不安定、抑うつ、不安、睡眠障害などの神経症状があります。

2、更年期障害うつ病
更年期は、卵巣機能の低下が起こる閉経前後(45~55歳くらい)の時期を指します。 女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減退することにより、いわゆる「更年期障害」が 起こります。

3、睡眠障害不安神経症
睡眠障害とは、睡眠に何らかの問題がある状態をいいます。眠れなくなることはよくみられますが、眠れないことイコール不眠症ではありません。不眠の原因には、環境や生活習慣によるもの、精神的・身体的な病気から来るもの、薬によって引き起こされるものなど、様々です。さらに、睡眠障害には不眠だけでなく、昼間眠くてしかたないという状態や、睡眠中に起きてくる病的な運動や行動、睡眠のリズムが乱れて戻せない状態など、多くの病気が含まれます。

4、アルコール依存症
アルコール依存症は、薬物依存症のひとつです。ほかの薬物依存症と同じようにアルコール依存症も「脳の病」であり「行動の病」です。

5、PTSD
死を意識するような強い体験によって心理的なトラウマ(外傷)が生じ、以下の特有の症状を生じる障害です。ここでいう体験とは、事故、災害、戦闘、虐待、犯罪(暴力、強姦など)によって自分が死にかけたり、親しい人が死んだり、死にかけるのを目撃することです。子どもの場合には、虐待や無視・放置、他者の被害の目撃が成人以上に外傷となり得ます。

6、統合失調症
統合失調症は、さまざまな刺激を伝えあう脳をはじめとした神経系が障害される慢性の疾患です。詳細は不明な部分もあるものの、ドーパミン系やセロトニン系といった、緊張‐リラックスを司る神経系や、意欲やその持続に関連する系列、情報処理・認知に関する何らかの系列にトラブルが起きているといわれています。

プライベートで出来るイライラ、ストレスの解消法!

体を動かすことは有効なストレスケアの一つです。特に公園などのウォーキングは高いストレスケアになります。ウォーキングが難しい人は、ストレッチなどでも効果があるのでやってみましょう。その後でゆっくりと呼吸をしましょう。イライラした時は呼吸が浅く、速くなります。人間は深呼吸しながら怒ることは出来ない生き物です。

ビジネスシーンで出来るイライラ、ストレスの解消法!

人間には怒りを鎮(しず)めるツボがいくつかあります。仕事中に会社内をウォーキングするわけにはいきませんから、ツボを押してストレスを解消しましょう。

1、百会(ひゃくえ)
ちょうど頭のてっぺん辺りにあるツボです。両手のさし指で頭の中心に向け押す。15回ぐらいじっくりと押してみましょう。

2、太衝(たいしょう)
足の甲で、足指の第一の骨と第二の骨の交わるところの前の窪みにあるところにツボがあります。足の親指と人差し指の間くらいの場所です。手の親指で押してみましょう。

3、神門(しんもん)
手首のつけ根にある横じわがあると思いますが、その横じわの小指よりの場所にツボがあります。もう片方の手の親指で押してみましょう。

イライラ、ストレスはカルシウム不足!?

カルシウムは、神経や筋肉の活動をスムーズにするためには欠かせない働きをしています。血液中のカルシウム濃度が不足すると、それによって筋肉や神経の異常興奮が起こりイライラするといわれています。
※正常な体の状態の人であれば血液の中に含まれているカルシウムの量が不足しても、もともと骨に蓄えられていたカルシウムが血液中に溶け出すことで不足分を補おうと体がバランスをとる働きをするため、すぐにイライラなどの症状とならない場合もあります。

カルシウムはどうやって体に取り入れるの!?

1、シラス干し、めざし、ししゃも、桜エビなどの小魚や骨ごと食べる魚を食べる。

2、のり、ふのり、ひじき、わかめ、こんぶなど海藻を食べる。

3、小松菜、水菜、ルッコラ、モロヘイヤ、大根の葉、カブの葉などの葉物野菜を食べる。

4、大豆、納豆、木綿豆腐などを食べる。

5、牛乳を飲む。

その他には今ではカルシウムの入ったサプリメントはたくさん販売されているので簡単にカルシウムを摂取することができます。

現在社会からストレスが一切無くなるというのは考えにくいですので、上手にイライラやストレスと付き合っていく事が大切です。ストレスに強い人とは、ある意味、ストレスを自分の中から逃がすのが上手な人なのかもしれません。

イライラ解消カルシウムサプリメントはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする