今飲むべき信越・北陸の旨い日本酒。新潟 長野 富山 石川 福井には銘酒がある!

今飲むべき信越・北陸の旨い日本酒。新潟 長野 富山 石川 福井には銘酒がある!

北信越地方の日本酒

北信越地方(ほくしんえつちほう)は、北陸3県(富山県、石川県、福井県)と信越地方(長野県、新潟県)を合わせた地域であり、北陸信越地方(ほくりくしんえつちほう)ともいいます。

新潟県の日本酒

酒どころとして有名な新潟県は、全国屈指の生産量を誇ります。今もなお日本酒を造る蔵が多くあり、質の高い酒米と雪国ならではの清らかな水で作り上げる日本酒は、越後杜氏の技術と厳しい冬がもたらす低温長期醗酵により、淡麗なお酒を醸し出します。新潟県には越乃寒梅・久保田・八海山など、全国の皆様より評価されたお酒や、地元新潟県でなければ手に入らない美味しい日本酒もたくさんあります。

長野県の日本酒

信州・長野県には新潟、兵庫に続き、全国で3番目に多い地酒蔵元があります。これは長野県が豊かな自然に恵まれている「山紫水明」の地であることを物語っています。長い年月をかけて山々に磨かれ、湧き出る清冽な水は、湿度の少ない爽やかな夏、豊富な日照、澄み切った空気とともに良質の酒米を育み、同時にお酒の仕込み水として大切に用いられます。そして厳冬の中、杜氏をはじめとする蔵人たちの伝統の技が情熱をもって融合し、信州の清酒が産まれ育まれるのです。

富山県の日本酒

日本百名水の名所が数多く点在する富山県。北アルプスからの良質の清水と酒造好適米を用い、丁寧に仕込まれた飲み応えのある日本酒が生まれます。

石川県の日本酒

石川県と言えば日本酒がおいしい県としても有名です。県外から金沢観光にくる多くの方が日本酒を飲むといいます。石川県は地酒の主な原料となる、お米、水が豊富です。永い間培ってきた稲作の技術 により、コシヒカリで有名で味も品質も確かな県です。

福井県の日本酒

酒造好適米「五百万石」の名立たる産地、福井県。その高品質の磨き上げられた酒米と 、良質な水、そして杜氏たちの高度な酒造技術から生み出される日本酒は絶品です。豊かな自然の恵まれた福井県は、越前の銘酒が多い地方としても知られています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

160510-c008

日本酒の種類

日本酒には大吟醸純米吟醸本醸造などいろいろな名称があります。

日本酒を製法 (精米歩合麹歩合アルコール添加量など ) により、区分したものです。
昔は 「特定名称」 ではなく、「級別」 といって、特級、一級、二級、と分類していました。

大吟醸酒 精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。
純米大吟醸 精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。
吟醸酒 精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。
純米吟醸酒 精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。
本醸造酒 精米歩合70%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。
純米酒 精米歩合による規定はない、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。

日本酒の香りと味わい

純米酒・・・米のふくよかな香り、コクのある味わい。炊きたてご飯のような香りが特徴。
大吟醸酒、吟醸酒・・軽快でフルーティーな香りと味わい。米の良い部分のみ使用してるので、他に比べると値段が高い傾向にあります。
本醸造酒・・・みずみずしい香り、シンプルかつ爽やかな味わい。飲みやすいと感じる人も多いです。年配の方が好んでることが多いです。慣れないとアルコールの匂いがするかも。
長期熟成酒・・・熟成日本酒特有の芳醇な香り、重厚な味わい。

日本酒の甘口、辛口

日本酒には、甘口 辛口 があります。
その比較基準として 「 日本酒度 」 をみるといいでしょう。
±0 を基準として、(+)の数値が大きいほど 辛口、(-)の数値が大きいほど甘口 と考えてください。
しかしこれは清酒の比重を表した数値ですので、これだけで甘辛が決まるというわけではなく、全体の味のバランスに大きく左右されます。ただ、これはあくまで目安であり絶対ではありません。

日本酒のおいしい飲み方

日本酒は飲用温度が5℃~60℃と、他のお酒に比べて広範囲なのが特徴。「冷酒」「燗酒(かんざけ・かんしゅ)」「常温(ひやと言うことも)」など、さまざまな温度で楽しむことができます。また、原酒や純米酒、生酒などは、グラスに大きめの氷を入れ、ウィスキーや焼酎のように「ロック」で飲む方法もあります。

冷酒(れいしゅ)
冷酒の飲み頃温度はビールなどと同じ7~10℃。いつも容器ごと冷蔵庫に冷やしておけば、手軽に「冷酒」が楽しめます。また吟醸酒など酒質によっては10~15℃が飲み頃で、冷やしすぎては味わいの乏しいお酒もあります。
燗酒(かんざけ・かんしゅ)
燗酒とは40~60℃に温めることを燗と言いますが、50℃前後を熱燗、40℃前後をぬる燗と言い、その中間の45℃前後を適燗(または上燗)としています。要は好みの問題で、自分がおいしいと感じる温度にして飲むのがベストです。
常温
常温で飲むことを「ひや」と言いますが、その時の室温と同じ温度というのではなく、夏は少し冷やして、冬は少し温めて、15~20℃くらいの温度が「ひや」の飲み頃温度です。その酒の持つ本来の味がわかることから、酒通の方に好まれます。
ロック
オン・ザ・ロックスは冷やしてロックグラスに大きめの氷を入れ、よく冷やした日本酒を注ぎます。氷があまり溶けないうちに飲める量(50~60ml)を注ぐことがポイント。原酒や純米酒、または生酒向きの飲み方です。

限定品も買える信越・北陸の旨い日本酒はこちら

スポンサーリンク