注目のお洒落スニーカー『ディアドラ』。メンズもレディースも大人カジュアル・コーディネート。

イチオシ・ディアドラ・スニーカー!

DIADORA(ディアドラ)

ディアドラは1948年登山靴メーカーとしてスタートした、イタリアのスポーツブランドです。テニスやサッカー、陸上等で多数のアスリートの足を支え続けたシューズメーカーですが、今モダンクラシックというファッションの流れの中で、非常に注目されているブランドです。

ディアドラの由来

企業名となっている「DIADORA(ディアドラ)」は古代ギリシャ語で「神より賜れし至上の贈りもの」という意味があります。

ディアドラはベンジョンソンのスポンサーだった!?

ベン・ジョンソンのスポンサーになっており、1987年世界陸上選手権でジョンソンが9秒83の世界記録を出したことから飛躍的にセールスが伸びました。(後にドーピング発覚により記録は抹消されています。)

ディアドラは世界のプロスポーツ選手と契約!

ディアドラは多くの有名スポーツ選手とスポンサー契約をしています。

ディアドラと契約している(していた)サッカー選手
Marco van Basten(マルコ・ファン・バステン)
Roberto Baggio(ロベルト・バッジオ)
Francesco Totti(フランチェスコ・トッティ)
Filippo Inzaghi(フィリッポ・インザーギ)
Ivan Cordoba(イバン・コルドバ)
Roy Keane(ロイ・キーン)
Gary Neville(ガリー・ネヴィル)
Christian Panucci(クリスティアン・パヌッチ)
Martin Jorgensen(マルティン・ヨルゲンセン)
Dejan Stankovic(デヤン・スタンコビッチ)
Domenico Morfeo(ドメニコ・ モルフェオ)
Alessandro Mancini(アレッサンドロ・マンシーニ)
Raul Tamudo(ラウル・タムード)
Tatsuhiko Kubo(久保竜彦)
Yutaka Akita(秋田豊)
Naotake Hanyu(羽生直剛)
Ichiei Muroi(室井市衛)

ディアドラと契約している(していた)テニス選手
Gastón Gaudio(ガストン・ガウディオ)
Nicolas Kiefer(ニコラス・キーファー)
David Ferrer(ダビッド・フェレール)
Agustin Calleri(アグスティン・カレリ)
Jose Acasuso(ホセ・アカスソ)
Katarina Srebotonik(カタリナ・スレボトニク)
Björn Borg(ビョルン・ボルグ)(過去)

ディアドラ契約チーム
サッカースコットランド代表
ASローマ
ラシン・サンタンデール
ハノーファー96
ポンチ・プレッタ
アトレチコ・ミネイロ
クリスタル・パレスFC
シェフィールド・ウェンズデイ
愛媛FC

ディアドラは日本でも知名度が上がりつつあります!

スニーカーといえばナイキやアディダス、ニューバランスが有名ですが、このディアドラも人気急上昇中!シンプルなデザインはどんなファッションスタイルにもコーディネートしやすくメンズ、レディース問わず人気です。

ディアドラは多数のファッション誌に多数掲載されています!

メンズファッション雑誌Safari
メンズファッションの代表的な雑誌として特に人気の高い「Safari(サファリ)」。その中で ディアドラが取り上げらした。人気の高かったクッション性に優れたHERITAGE TRIDENT 90 NYL。今季からカラーバリエーションも増えて、さらに選びやすくなったシリーズ。

ディアドラを履きこなす、お洒落オヤジたち!

160510-c002

160510-c003

ディアドラのスニーカーはジャケットスタイルに合わせやすいこともあり幅広い年齢から支持されています。カッチリしすぎている時に抜け感をだすのに最適です。ディアドラの中でもファッション性が高いのが『ディアドラ・ヘリテージ DIADORA HERITAGE』シリーズです。通常のスニーカーはもちろん、ウォッシュ加工などにより、あえて使い古したかのようなヴィンテージ感をだしたスニーカーまであります。ディアドラ・へリテージは基本メンズ向けのスニーカーですが、レディースでも全然いけます。男女の垣根を越えたジェンダーMIXがトレンドですが、その流れで女性も メンズライクなコーデが流行しています。ボーイッシュなアイテムを取り入れて、とっても素敵なコーディネートの完成です。

お洒落なスニーカーディアドラ購入はこちら

スポンサーリンク