『水』と『お茶』本当に健康に良い飲み物は『水』。ダイエットや体質改善にも水は良い!?

『水』と『お茶』本当に健康に良い飲み物は『水』。ダイエットや体質改善にも水は良い!?

『水』と『お茶』本当に健康に良い飲み物は『水』だった!

お茶にも体に良い成分が入っているので、嗜好品として、適量のお茶を飲むだけなら問題ありません。ただ、お茶を水のように毎日1リットルや2リットル飲むのは避けたほうがよいでしょう。

お茶や清涼飲料水などの『水』以外の飲みものは、分解するときに体(腎臓)に負担がかかってしまうのです。健康に良いとされる緑茶ですが、緑茶自体も水分補給という目的には適しません。アルカリ性なので胃を荒らすうえ、利尿作用が強いので脱水傾向になります。つまり、飲むとトイレが近くなるうえ、そのあとまたのどが渇く傾向にあります。ウーロン茶、紅茶、コーヒーも同様。これらを飲むときは、午前中に水分を充分補給したうえで、あくまで嗜好品として1日2杯を限度とし数量を決めて飲むようにしましょう。

結論、体への負担がお茶よりも圧倒的に軽い『水』が健康に良い飲み物なのです。

体内から常に水が放出されている!

体は大部分は水でできています。そして、常に代謝を繰り返し、水を体外へ排出したり取り込んだりしながら、よどまないように仕組まれています。

体の中の水は、ただ体の中に溜まっているわけではありません。血液として体内を駆けめぐっていたり、細胞間を行き来したり、内臓や骨を作ったりしているのです。

また、私たちは、息を吐くときに、肺から常に水分を出しているのです。ガラスに息を吹きかけると、ガラスがくもりますが、これは肺から息とともに出てきた水分がガラスについて結露したものです。肺や気道は常に湿っていて、この水分が呼吸によって、1日に約400ミリリットルも失われています。

そして、皮膚からも水分は失われます。体内の水分が皮膚表面に達し、1日約600ミリリットルの水分が蒸発するのです。知らないうちに、合わせて1000ミリリットルもの水分が体から失われているのです。また、汗をかくことで水分が失われます。

さらに、尿や便の排出があります。健康な人の尿からは約1200ミリリットル、便からは約100ミリリットルの水分が排出されます。つまり、合計すると、少なくとも1日に2300ミリリットルもの水が体外に排出されていることになります。

水はダイエットにも効果的!

水ダイエットが話題

お茶が体内に入ってくると、人間の体は『水』と『水以外のもの』に分解されます。その分解の工程にも体内の水が使われているので、水不足になりやすいのです。お茶ではなく、毎日、水を飲むことが必要です。水ダイエットは、水を毎日2リットル~3リットル飲むことで基礎代謝を上げ、自然と脂肪を燃焼しやすくするダイエットです。

ただ、冷たい水を飲み過ぎると、体を冷やし過ぎてしまい、代謝を下げてしまうことになるので、常温の水か、白湯(暖かい水)を飲むようにしましょう!

水は健康管理にも効果的!

水分が不足すると血液はどろっとした状態になり、粘り具合が高まると血管が詰まりやすくなります。水は血液をさらさらにし、血小板が簡単に固まらなくなり、凝血が起きにくくなります。

十分な水を取ることにより、血圧を下げます。めまいなどの症状も少なくなります。

痛風の気がある人なら血中の尿酸値が高くなるのを防ぎます。

水分を十分に補給して尿量が増えれば、体内の有害物質や老廃物の排出が促進されます。

腎盂腎炎が起きにくくなります。

腸を刺激し、便秘になりにくくなります。

肩こり、頭痛にも効用があります。

水は老化を遅らせます。

ダイエットや体質改善に良い ミネラルウォーター安く買うならこちら。

スポンサーリンク