会社を辞めてフランチャイズ経営で年収1000万円!上手くいく為に失敗例から成功秘話!

会社を辞めてフランチャイズ経営で年収1000万円!上手くいく為に失敗例から成功秘話!

フランチャイズビジネスとは。

FRANCHISE(フランチャイズ)は「〈人・会社などに〉特権[一手販売権]を与えるという意味があります。

フランチャイズとは、社団法人日本フランチャイズチェーン協会(略称:JFA)の定義よると、事業者(「フランチャイザー」と呼ぶ)が他の事業者(「フランチャイジー」と呼ぶ)との間に契約を結び、自己の商標、サービスマーク、トレー ド・ネームその他の営業の象徴となる商標、及び経営のノウハウを用いて同一のイメージのもとに商品の販売その他の事業を行う権利を与え、一方フランチャイジーはその見返りとして一定の対価を支払い、事業に必要な資金を投下してフランチャイザーの指導及び援助のもとに事業を行う両者の継続的関係をいう。

フランチャイズビジネスとは、コンビニエンスストア、お弁当屋、ラーメン屋、飲食店、居酒屋、学習塾、便利屋などの業種にて、フランチャイザーと契約を交わし運営するビジネスです。現在フランチャイズ市場の売上高は約20兆円となっており、「フランチャイズビジネス」はひとつの産業分野を形成しています。

フランチャイズビジネスで失敗する人

フランチャイズ・ビジネスは独立開業するよりも比較的低リスクで始められることから、会社を辞めてフランチャイズビジネスを始める人も多い世界です。ただ、フランチャイズビジネスを始めた人全員が成功することはまずありません。成功する人もいれば、当然失敗してしまう人もいるのです。貯金をはたいてビジネスを始めたものの運営が上手くいかず資金が底をついて辞めることになってしまうのです。自己資金だけでビジネスを始めた人ならまだ良い方で、自己資金ではなく資金調達の為に、金融機関から融資をうけ開業する場合は高いリスクとなりますので、安易な発想でのフランチャイズビジネスは避けたほうが無難です。

フランチャイズビジネスの失敗例
失敗する人から学ぶのが一番の近道です。

1、他人任せの運営
フランチャイズといえども、経営者であることは自覚する必要があります。「大手のフランチャイズビジネスだから、本部まかせにしておいたら大丈夫だろう」というのは危険です。

2、会社員が向いてないのでフランチャイズビジネス
会社員とやっていくことに限界を感じ、フランチャイズビジネスを始める人。この考え自体は決して悪くないですし脱サラしてフランチャイズビジネスを始める人はたくさんいます。問題なのは、ただ「会社員が嫌だからとりあえずビジネスをしてみようかな~」という考えです。熱意のない運営者は本部も直ぐ見てわかります。熱意の無い運営者と熱意のある運営者とでは、熱意のある運営者を応援したくなるものです。

3、お店は『人』で売る
フランチャイズビジネスを始める人が陥りやすいのが、早く安定した売り上げを作りたい為に、『お客様目線』に立てていないと言うことです。資金に対するあせりがあるのは分かりますが、「自分が儲けるため」にビジネスをしていたのではお客にもそれがわかってしまい、お客は離れていきます。分かっているようで、ビジネスを始めたら分からなく人が多いのも事実です。

フランチャイズビジネスのメリット・デメリット

  1. メリット
    1. フランチャイズビジネスをするにあたっての一番のメリットが知名度ある店舗運営ができることです。一般に広く知られているチェーン名やマーク、イメージを利用できます。
    2. 経営者として事業経験がなくても、本部の指導によって事業を開始できます。
    3. フランチャイズ本部による税務・会計・法律などの経営指導、その他、新商品開発、仕入れ確保、販売促進が受けられ、ずべてを自己で行う必要が無いのがメリットです。
    4. 事業運営において大きな課題となる仕入れルートが確保されています。フランチャイズ本部が大量に仕入れ材料を安価で安定して購入できます。
    5. 広告・宣伝費用などは基本的に本部が行う事になるため、その部分の資金を削減できます。フランチャイズチェーンならではのスケールを生かしたCM、雑誌などへの販売促進活動により店舗の知名度を維持できます。
  2. デメリット
    1. フランチャイザーの提供するフランチャイズパッケージのルールにより、チェーンの統一性が優先され、フランチャイジーは個人のアイデアを自由に生かすことが制限されます。大手コンビニエンスストアのフランチャイズビジネスでは、残った弁当やおにぎりなどの見切り値下げ販売を一切禁止し、運営者の在庫リスクを圧迫したとこにより裁判になった例もあります。

開業した事業者の内、1年以内に失敗するのは4割

開業するにあたって、まず考えなければならない問題が『失敗』です。『成功』することばかり考えても『失敗』します。会社員の場合であれば自分の売り上げの管理だけしていれば良いですが、自分でフランチャイズビジネスをする場合、その営業活動によって販売代金を得たり、仕入代金を払ったりすることで現金の出入り、すなわち「キャッシュフロー」が生じます。想像以上にこのキャッシュフローに悩まされる事になるのです。個人事業主の場合、「どの位、売上げを上げれば黒字になるのか」を常に意識し、「損益分岐点」を把握しながら経営していかなければなりません。それを理解していないと倒産になってしまうのです。1年後には4割、3年後には6割、そして10年後には9割が廃業してしまう事実も知っておきましょう。

ただ、フランチャイズビジネスの場合においては、ここまで厳しくありません。フランチャイズビジネスの最大のメリットでもある知名度があるからです。『誰も知らないお店』と、『聞いた事があるお店』では、人間の心理としては『聞いた事があるお店』に入っていくものなのです。

フランチャイズを簡単に比較。資料請求はこちら⇒【BMフランチャイズ】

スポンサーリンク