『助けて下さい!』痴漢やストーカー、犯罪に巻き込まれた時に言うべきではない!?

『助けて下さい!』痴漢やストーカー、犯罪に巻き込まれた時に言うべきではない!?

『助けて下さい!』痴漢やストーカー、犯罪に巻き込まれた時に言うべきではない!?

物騒な世の中の現在、自分の身体に危害が及びそうになった時、あなたはどうしますか?

痴漢やストーカー、レイプ・強姦、殺人。本当に危ない時に遭遇した時、本当に身の危険を感じた時、声を出せない・・・というより声が出ない女性、子供が多いのです。

最近では『防犯ブザー』を持っている人も多いですが、カバンの中に入れていた為、いざという時に使えなかったという人もいます。女性、子供は防犯の対策を常に心掛けておくようにしましょう。

ここで一つ重要なことなのですが、女性で身の危険を感じた時、大きな声で『キャー』『誰か助けて~』と周りの誰かに助けを呼ぶ人がいますが、正直な所、あまりよくないと犯罪に詳しい刑事さんはいいます。

助けて下さい!』などは映画やドラマでよくあるシーンで、自分が同じように危険な状態になった時に、同じように悲鳴を上げる女性がいます。あれは臨場感を出す演出であり、本当に危険な状況に遭遇した時には言わないほうが良いのです。

助けて下さい!』と大きな悲鳴を上げたとき、周りの人、あるいは近所に住んでいる人は、何かただならぬ大きく危険な犯罪であると感じるといいます。そして恐怖に襲われ助けに来てくれないといいます。過去にも女性の悲鳴は聞こえたが怖くなって出て行けなかったという人もいます。

助けて下さい!』という悲痛な叫びは周りの人も恐怖にしてしまう為、何か危険な状況になった時には、『火事~』の方がいいのです。火事だと自分の家にも危険が及ぶと思い家から飛び出してくるといいます。

いざと言うときの為に防犯ブザー購入はこちら

スポンサーリンク