整理整頓・収納!最近、収納術や100均収納、収納ブログが人気。 整理整頓のコツ・違いとは!?

160506-a002
綺麗な部屋で快適生活

小学生時代から教師や親に言われ、職場でも上司に注意される。にもかかわらず、整理の習慣が身に付いていなかったり、コツがわからなかったりする人は少なくないのではないでしょうか?知らないうちにあなたの部屋も汚くなったいわゆる『汚部屋』になってないですか?

汚部屋は幸せになれない!汚部屋から美部屋へ!

部屋が汚い人はどんどん運気が悪くなっています!この場所は最低でも綺麗にしておきましょう!あなたの運勢もグングン上昇間違いなし!?

1、玄関

玄関は最も運気を左右する場所と言われています。すべての気は玄関を通って家の中に入り込んでくるので、常に良い運気が入る玄関にしておくことが大切です。靴の出しっ放し、捨てようと思ったがそのままなったゴミ袋、掃除を引っ越してからしていなくてホコリだらけ。なんて人は今すぐ玄関の掃除をしましょう。

2、トイレ

水洗トイレでも便器の中の水は汚水として捉え、「邪陰」の気を発していると考えます。トイレは家の中では不浄の気が起こりやすい、陰の気が満ちた場所。またトイレは陰の気が強いだけでなく、「水」の気を司る場所でもありあす。そのため、本や雑誌、参考書など、「知識」を得るためのアイテムとは相性が悪く、発展運が停滞したり、若々しさを失う原因になります。雑誌や本、新聞などを置いている場合は、すぐに撤去しましょう。

3、バスルーム

家の中で一番多くの水を使うお風呂は、もともとお金に縁起がいい場所なのです。ただし水の気は「陰の陰」という大変強い陰の気なので、使い過ぎると家運全体を下げてしまいます。トイレにしても、バスルームにしても水回りは常に綺麗にしておきましょう。

『整理』と『整頓』は違う!?

子供の事から聞きなれている『整理整頓』。しかし本来この2つの文字は違う意味を持っているのです。

「整理」とは「いるものといらないものを分け、いらないものを捨てる」という意味があります。

「整頓」とは、「必要なものをいつでも誰でも取り出せるよう、秩序だてて配置すること」を言います。

まずは『整理』から始める必要があります。部屋が汚い人の特徴に『物が捨てられない』という人がかなり多いのです。

収納に入らない物は不要な物!

押し入れやクローゼット、棚などにしまい、それらのスペースにおさめるのが適正量。それ以上の場合は家の大きさに対して物が多すぎる傾向にあります。

『1つ物を買った』ら『1つ物を捨てる』!

物が多すぎるから、部屋が汚くなっていくという事を考えれば、物を買ったら、その分、何かを捨てることが大切なのです。そうすれば必然と綺麗な部屋を保つことができるのです。あなたの部屋も綺麗にし、良い運気が入ってくる部屋にしましょう!

直ぐに実践できる本整理整頓・収納術購入はこちら

スポンサーリンク