病院選び。何処の病院が良いのか参考にしている『病院口コミサイト』は実は当てにならない!?

あなたが何か病気になって、病院に行かなければいけない時、どのように病院を選びますか?
病院選び
病院選びはインターネットが発達した情報化社会においても非常に難しい問題といえます。医療関係の友達や知り合いがたくさんいるのであれば、良い情報も悪い情報も集める事ができますが、普段の生活で病院と関わりが少ない人の場合、どこの病院に行けばよいのがわからないのが現状だと言えます。

雑誌で病院選び

雑誌でいえば有名なのは「病院ランキング」です。診療科数や紹介受け入れ数、医師数などを点数化して合計点を順位づけしています。

例えば医師数が多いのと患者さんの満足度とは必ずしも相関しません。医師数が評価項目の一つに入るのであれば、研究に携わっている医師の多い大学病院や大規模病院が必然的に高い評価を受けることになります。

インターネットで病院選び

最近ではインターネットで検索する人も多いでしょう。インターネットには2ちゃんねるなどの巨大掲示板があり、様々な情報が匿名でかきこまれています。明らかに内部事情を知っている人の書き込みがある反面、半分以上は大嘘という認識でよいでしょう。

また、インターネット上には「病院口コミサイト」がありますが、あまり当てにならないといえます。編集方針が閲覧者には知らされない場合が多く、「よかった」という好意的な意見のみを掲載していく傾向にあります。試しに、自分が実際に行った事があり、かつ本当に嫌な思いをした病院のページで悪い評価の口コミを記載してみましょう。掲載させてもすぐに削除されるか、掲載すらされない事が確認できると思います。

あるサイトでは『サイトをご利用のみなさまからの口コミ情報の投稿を随時募集しています。口コミ情報とは医療機関選びの参考になる「推薦情報」です。批判的な投稿や誹謗中傷などはご遠慮下さい。』という記載をしていました。

例えば、ヤフーオークションや、楽天市場、アマゾンなどの場合、悪い評価も「評価のひとつ」として残りますが、病院の口コミサイトの場合は不思議ですが残る事はありません。嫌な思いをした患者の意見は一切無視されてしまうのです。

何を基準に良しとするのか決めておく!

大学病院で新しい治療を試すのが良いと思うかたは、大学病院へ行けば良いでしょう。
大きい病院が安心だと思う方は、大きい病院へ行けば良いでしょう。
「医師の人柄」重視で、近所の小さな個人医院へ行きたいと思えばそれも良いでしょう。

それぞれにメリット・デメリットはあるものです。

小さな医院でとても話しやすい医者だったとしても、小さい医院では見つけられない症状を大きな病院では見るけられる場合もあります。後々、「取り返しのつかない事態」にもなりかねません。

大きな大学病院で最新の医療機器が揃っていたとしても、そこまで重度の病気ではない場合、「2時間以上待たされて5分で受診が終わり」なんていうのはよくあることです。大きな病院は患者も多く医師もとても忙しい為、一人の患者にいつまでも時間を割くことができません。結局のところ、「大きい病院とクリニックを使い分ける」が正解なのかもしれません。

使える為になる病院選びの参考書購入はこちら

スポンサーリンク