ベッキー『週刊文集に手紙』不倫に終止符!芸能界では賛否・両論の意見!

『週刊文春』が報じたベッキーとゲスの極み乙女・川谷絵音の不倫騒動ついに終止符!

ベッキーとゲスの極み乙女・川谷絵音の不倫騒動でベッキー謝罪会見・

『週刊文春』が報じたベッキーとゲスの極み乙女・川谷絵音の不倫騒動。4月27日発売の同誌では、所属事務所社長から届けられたというベッキーの直筆手紙の内容が公開されました。

芸能界では賛否両論

否定派

TBS「白熱ライブ ビビット」(月~金曜前8・00)の水曜レギュラーを務めるテリー伊藤(66)は「ベッキーね、我慢がないね。奥さんとの距離なんか近づける必要はない。近づけようとするのは、ベッキーの自分の中の整理です。テレビ局に起用されるまで我慢していればいいんですよ」とバッサリ。

同じ水曜レギュラーを務めるオリエンタルラジオ・中田敦彦(33)さんは「ベッキー、公的には何も本当のことを言っていないし、認めていないという認識なんですよ。手紙ってプライベートに奥さんに渡すとか、文春に渡すためのものであって、それが間接的に伝わっていることも狙っているところが、僕はあざとく感じちゃう」と語った。

フジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)の小倉智昭キャスター(68)は「こういうのは、気の利いた着地はない。だからドロドロするんですよ」と話した。

TBS系バラエティ番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜9:54~11:30)で女医でタレントの西川史子(45)が「時期尚早」「あざとく見える」と発言した。

援護派

日本テレビ「スッキリ!!」(月~金曜前8・00)のMCを務めるハリセンボン・近藤春菜(35)は「周りの方に迷惑を掛けた。何より、川谷さんの奥さまに伝えたい思いがあると思うので、それを無視せず真摯に向き合った結果として手紙を書いたんじゃないかな」と親友の行動を分析した。

オリエンタルラジオの中田敦彦が「あざとく感じる」と批判したことに対して29日、雨上がり決死隊の宮迫博之が金曜MCを務めるフジテレビ系「バイキング」(月~金曜、前11・55)で「そんなひどいこと、よく言うな」と怒りを口にした。

読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40、関西ローカル)に出演し、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(えのん、27)のとの不倫疑惑騒動で休業中のタレント・ベッキーについてタレントの上沼恵美子(60)が言及。現状を説明しつつ、川谷の妻に向けて「(ベッキーを)勘弁してやってください」とメッセージを送った。

川谷絵音が語った本音が波紋を呼んでいる!

ベッキーさんとの不倫騒動について、「みんな謝れって言うけど世間の誰に謝ればいいの?」などと発言し波紋を呼んでいるゲスの極み乙女の川谷絵音さんが週刊文春の直撃取材に答えています。

160501-a009

ライブのMCで川谷絵音さんが話した内容。
「言っておくけど俺好きで黙ってたわけじゃないから!」「みんな謝れって言うけど世間の誰に謝ればいいの?」「人の悪口言う前に自分の生活のこと考えたほうがいいと思います!」

これについて週刊文春の取材に答えています。
以下、週刊文春より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
――ライブで「好きで黙っていたわけじゃない」「謝れっていうけど誰に謝ればいいの?」と発言されていたそうですが。
「はい。あのー、何ていうんですかね、世間の人たちにバーッて『謝れ、謝れ』って言われるのが、謝るべき人に謝るということとは違うのかなっていう意味で言ったんですけどね」

――それは例えばインスタグラムなどに寄せられている言葉に対してですか。
「そうですね。ネットとかの『謝れ、謝れ』みたいな、言う人たちに対して、僕もそうなんですけど、ベッキーさんもそうだと思うけど、何か違うんじゃないかなと思って」

――「好きで黙っていたわけじゃない」とか「正直内輪での話だからみんな関係ないじゃん」という言葉は、本意という風に受け止めてよろしいんでしょうか。
「そうですね。まあ悪いほうに取られるのがすごい嫌なんですけど、はい」

――一月のフリーライブではファンの前で謝罪されましたが、あれはご自身としては不本意だった?
「うーん、そうですね。僕はあの時に、ちゃんとした話をしたかったんですけど、相手方にも迷惑をかけるかなというところもあったり、会社同士の話もあったので、詳しく話すとかじゃなくて、ただ単に『申し訳ありませんでした』という言葉だけを言うっていう形に、話し合いでなって。はい。で、ああいう形の・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベッキーが『週刊文春』送った手紙の全文とは・・・

スポンサーリンク