『検索サイト一覧・まとめ』ポータルサイトの検索エンジンからキーワードを検索!

検索サイト(検索エンジン)とは、Webページの検索機能を提供しているWebサイトのことです。日本国内にもたくさんの検索サイトがありますが、主な検索サイトには「Google」「Yahoo! JAPAN」などがあり、ほとんどの人がこのどちらかを利用しており、両社合わせると7割以上が利用していることになります。
160501-google

検索サイトのシェア1位は?

パソコン(PC)で見る日本でのシェア1位はYahoo(ヤフー)2位はGoogle(グーグル)となっています。パソコンでの利用者数は圧倒的にYahoo(ヤフー)が多く、1ヶ月の利用者数は3,800万人を超えます。一方、Google(グーグル)の1ヶ月の利用者数は2,400万人となっています。日本ではYahoo(ヤフー)をポータルサイトにしている人も多いことがそのまま月間利用者数の増加につながっています。
※ポータルサイトとはインターネットの玄関口となるWebサイトのこと。もともとは、検索サービスを提供する検索サイトがジャンルごとにWeb サイトへのリンクをまとめたことが始まりです。

スマートフォン(iPhone/アイフォン)で見る日本でのシェア1位はGoogle(グーグル)2位はYahoo(ヤフー)となっています。Google(グーグル)はiPhone(アイフォン)でのデフォルト検索エンジン採用のため1000億円以上の費用を投じた成果が数字として現れています。現在ではパソコン市場を上回るスマートフォン市場。楽天市場やアマゾンでも、パソコンからの購入者よりスマートフォンからの購入者の方が多い現状があります。

検索エンジン「だけ」のシェアを見た場合、Yahoo(ヤフー)とGoogle(グーグル)ではどちらが高いシェアを占めているのか?
それは・・・検索エンジンのシェアはダントツでGoogle(グーグル)なんです!
Yahoo(ヤフー)の場合、Yahoo!ニュースやYahoo!オークション(ヤフオク)などのサービスを含めたユーザー利用者数になっている為、検索エンジン「だけ」のシェアを見た場合はGoogle(グーグル)に軍配が上がる結果となります。

人気検索サイト(ポータルサイト)一覧!
スタート画面にしてみましょう!

Googleはこちら
アメリカ合衆国の多国籍企業であり、収益の多くをアドワーズ(AdWords)と呼ばれるオンライン広告から得ているのが特徴です。ミッション・ステートメントは「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」。
グーグルは世界中のあらゆる情報を検索するためのツールを提供しています。さまざまな検索機能 を活用して、お探しの情報を見つけてください。

Yahoo! JAPANはこちら

アメリカ合衆国のインターネット関連サービスの提供を行う企業 であり、検索エンジンをはじめとしたポータルサイトの運営を主力事業としています。Yahoo! JAPANのサービス開始当時にソフトバンクが米ヤフーの筆頭株主だった関係もあり、ソフトバンクグループがYahoo! JAPANの筆頭株主になっています。
ヤフーは検索、オークション、ニュース、天気、スポーツ、メール、 ショッピングなど多数のサービスを展開。あなたの生活をより豊かにする「課題解決 エンジン」を目指しています。

MSN Japanはこちら

Microsoft(マイクロソフト)社が世界各国で提供しているインターネットポータルサイト。 同社のbing検索エンジン によるWeb検索サービスを行っているのが特徴。
MSN は ニュース、天気、マネー、スポーツ、ライフスタイル、自動車、動画など最新情報 の提供から、Bing検索、メールの Outlook.com(旧 hotmail)など便利なサービスと連携するポータルサイトです。

gooはこちら
NTTレゾナントが運営するポータルサイトであり、「global network が無限大(∞)に拡大し続ける」ことに由来します。NTTグループがサービスするポータルサイト「NTT DIRECTORY」は「OCN navi」へ名称変更後、「OCNサーチ」としてサービスを行っています。ちなみに中古車Gooとはまったく関係なく別物です。
グーは使えば使うほど、あなたの興味・ 関心、趣味・嗜好を学習し、限られた時間で効率よく「あなた専用」のポータルサイト として必要な情報を収集することができます。

BIGLOBEはこちら
BIGLOBE(ビッグローブ)は、ビッグローブ株式会社(BIGLOBE Inc.)が運営する インターネットサービスプロバイダのひとつで、ポータルサイトのサービスも行っています。BIGLOBEの由来は「大きな地球」と言う意味からきています。
ビッグローブはビッグローブ光やフレッツ光はもちろん、 WiMAX、格安SIM、格安スマホなどのモバイルまで、インターネットは安心のBIGLOBE にお任せ。ニュース、検索、天気などもご利用いただけます。

Infoseekはこちら
1994年に米国で開始されたロボット型検索エンジン、およびポータルサイト「Infoseek」に由来します。米国法人は1998年に買収され、Infoseekブランドも既に存続していませんが、日本法人は存続し、2003年に楽天に吸収合併された後も、ポータルサイトのブランドとして続いています。
インフォシークは楽天グループのポータルサイト。検索、ニュース、SocialNews、女性向けに楽天 WOMAN、楽天レシピなど、多彩なサービスを展開。楽天スーパーポイント獲得 コンテンツも充実。

フレッシュアイはこちら
「フレッシュアイ」は株式会社東芝が、1998年にサービスを開始した検索ポータルサイトです。現在は株式会社フュージョンパートナーの子会社であるデジアナコミュニケーションズ株式会社が運営しています。『フレッシュアイの「フレッシュ」は情報の新鮮さを、「アイ」は インターネット上の情報を常にウォッチし ユーザーの「目」にかわって新しい情報を探し出してくるということを意味すします。
フレッシュアイは情報の鮮度を重視したサーチエンジン。オンラインショップの商品検索などもあります。

スポンサーリンク