その『高血圧』危険信号!自覚症状がないから危ない!自宅測定で早く治す!

あなたは自分の血圧の数値を知っていますか?

高血圧は危険、高血圧が続けば死亡することも。

血圧210以上の悪性高血圧は、非常に重症な高血圧で、2~3年のうちに合併症を起こして死亡するといわれています。

高血圧とは!

心臓がポンプのような働きをすることで、血液は体中を巡っています。心臓が収縮して血液を送り出すときの血圧を「収縮期血圧(最高血圧)」、心臓が拡張して戻るときの血圧は「拡張期血圧(最低血圧)」と言います。高血圧は、これらが基準値より高くなっているということをいいます

高血圧は年齢と関係する!

高血圧と年齢には切っても切れない深い関係があります。高齢者に高血圧の人が多い のは、年齢を重ねると動脈硬化になりやすいからです。そのため、高齢の人ほど、生活習慣には気をつける必要があります。

高血圧は症状がでない!

高血圧にはこれといった自覚症状がありません。主な症状として頭痛を感じることもありますが、これはストレスや寝不足、肩こりなどによっても現れる症状であるため、必ずしも高血圧とは限りません。

高血圧は生活習慣病みたいなもの?

高血圧になってしまう原因は日常生活の送り方のほか、遺伝や病気によるものなど多岐にわたり、種類も異なります。ストレスを溜め込むほか、睡眠不足、アンバランスな食事内容や過食といった不規則な食生活、血管を収縮する喫煙や激しい温度差、運動不足など、血圧を上げてしまう原因は日常生活に潜んでいます。これらを意識して、少しでも高血圧の危険因子を減らしていくことが必要です。

高血圧が続けば脳卒中や心筋梗塞、腎不全の可能性もあり!

高血圧になると、脳卒中や心筋梗塞、腎不全など命にかかわる病気を引き起こす可能性も高まります。亡くなる直前まで元気だったのに、高血圧が原因の脳出血により突然、などという例がたくさんあります。決してサイレントキラー(沈黙の殺人者)という異名は大げさではありません。

高血圧対策!

たまに行く病院で1回測ったからといって判断がつかないこともあります。自宅に家庭血圧計があれば一ヶ月単位での記録を医師に見せることができ、よりあなたにあった治療が受けられます。また、脳卒中や、狭心症などの心臓の病気を引き起こすことが多いと言われる、早朝高血圧を見つけられます。日本に約4000万人いるといわれる高血圧の方のうち、きちんと治療を受けている人はわずか2 割に満たないといわれています。あなたが手遅れになる患者になる前に・・・。

まずは簡単に自宅でできる高血圧予防・家庭血圧計購入はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする