『性病かも!?』でも病院・泌尿器科は恥ずかしい!それなら男性専門クリニックへ急げ!

性病にはその種類によって症状も、その発症箇所も異なります。風俗などで性病を貰っ てくる可能性が高いのは断然男性なのですが、それ以外にも決まったパートナーとの 性行為でも感染の可能性はあるのです!

つらい性病を治すためには病院の泌尿器科へ行く必要があります。

若年層のセックスが性病を広げている?

近年、驚くほど早い年齢のうちから性行為は行われており、また性に対して無知なまま複数の相手と簡単に性行為に至る若者が増えています。 そんな中で増えているのが、性病です。 一般の高校生を調査したところ、性経験者のうち女性では13.1%、男性では6.7%がなんらかの性病に感染しているとの報告があります。

主な性病

性器クラミジア
感染しても症状が出ないことが多く、治療せずに放っておくと前立腺炎になることがあります。

淋病
淋病は1回のセックスでの感染率が約30%と高く、また、淋菌に感染した人のうち、クラミジアに同時感染している人が20%~30%いるといわれています。

梅毒
梅毒は感染して3週間後、感染したところ(性器、口、肛門、手指など)の皮ふや粘膜に痛みのないしこりや、太ももの付け根のリンパ節がはれます。

性器ヘルペス、性器トリコモナス
性器ヘルペスは最初は患部の表面にヒリヒリ感やむずかゆさなどを感じ、2~10日ぐらいで、かゆみを伴った1~2mmの赤いブツブツや水ぶくれができます。

性病で病院にいくのは恥ずかしい!

性病を治すためには病院の泌尿器科に行く必要があります。しかし病院には当然、女性である看護師さんがいます。その為、『先生は男性だったのですが、横で女性の 看護師さんがアシストしてずっと見ていたため、あれほど恥ずかしい思いをしたのは初めてです!』なんてことも。

男性専門クリニックの性病科は性病治療のスペシャリスト!性病科は性病治療のみを取り扱っている専門科です。性病治療を専門としているため性病治療に対する知識や経験が深く、 泌尿器科では十分な対応ができないような性病でも治療できることがあります。

秘密厳守で性病を治すなら→上野クリニック

スポンサーリンク