『母が更年期障害で悩んでいます!』中高年女性は女性ホルモンが減少する!

20年前は知っている人がほどん居なかった『更年期障害』が増加傾向にある!今や日本国内には約2,000万人が更年期障害を患っていると言われている!

更年期障害で悩む中高年女性が増えています。

更年期障害とは、中年期以降の女性が、加齢による卵巣機能の低下が起こり、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の分泌量が減少することによって起きる症状を指します。

50歳前後の閉経の時期をはさむ前後10年の間に発症することが多い症状です。

つらい『更年期障害』

動悸(どうき)、めまい、のぼせ、ほてり、不眠、疲労感など『身体的な症状』から、情緒不安定、イライラ、不安感、抑うつなど『精神的な症状』まで幅広いのが特徴で、女性の約8割が更年期障害のいずれかの症状を持っており、そのうち約4割の女性は、仕事などに支障が出る程度の重い症状でつらい思いをしています。

最近では『更年期障害』になる年齢も低下している!

『更年期障害』は50歳以上の女性がなるイメージですが、最近では、20代や30代の女性が『更年期障害』になる症例も出ています。

『更年期障害』の原因は女性ホルモンの減少

『更年期障害』の原因は、女性ホルモンの分泌バランスの乱れです。中高年になると卵巣の機能が低下し始め、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減少します。エストロゲンが減少すると、ホルモンの分泌を司る脳の視床下部は卵巣に対してもっとエストロゲンを分泌するように指令を出します。しかし、指令を出してもエストロゲンが分泌されないために視床下部が混乱をきたしてしまいます。自律神経のコントロールも行っている視床下部が混乱することで、体に様々な不調が現れるというわけです。その症状を『更年期障害』と呼びます。症状が重い、軽いの違いはありますが女性のほとんどが年齢と共に味わう宿命的な病気とも言えます。

『更年期障害』には『ローヤルゼリー』

女性ホルモンである「エストロゲン」の不足によって起きる『更年期障害』ですが、その「エストロゲン」と似た働きをするのがローヤルゼリーの特有成分である「デセン酸」です。そのデセン酸の働きにより自律神経の調整やホルモンバランスの調整が行われ『更年期障害』が軽減します。

また、『更年期障害』で病院へ行くと、たいてい自律神経を正常化する薬が処方されます。処方される薬と同じ働きをするとして注目されているのが、ローヤルゼリーに含まれる「デセン酸」とは別の成分、ビタミンの一種「アセチルコリン」です。「アセチルコリン」という成分も「神経伝達物質」として知られ、自律神経のバランスを整えることに加えて、脳内の情報伝達が活発になるので、脳も身体も若返る効果が期待できます。

デセン酸」と「アセチルコリン」、そして、アミノ酸、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれるローヤルゼリーが「更年期障害に良い」と評判が高いのには、このような理由があったのですね。

更年期障害の悩みにはローヤルゼリー購入はこちら

スポンサーリンク