医師の辞め方、大学病院を去るタイミング

転職のイメージがあまりない医師の世界だが、年間多くの医師が転職をしている現実がある。

医師・医者の辞め方、転職を考える

『医者を辞めくたい』そう考えていても、その気持ちを上回るほど今の現状がつらい時、『医者を辞めたい!』『病院を逃げ出したい!』となってしまうものだ。

はじめに

大学病院を辞める時に必ず考えなければならないのが医局の問題だ。2004年度に発足した研修医制度により医師または医局の世界は大きく様変わりした。研修医が自由に研修先を選べる仕組みにした結果、ごく当たり前のように卒業した医大の附属病院に就職することが多かった新人医師が減り、都市部で研修を終えた後、そのまま都市部の病院に就職する医師が急増した。
その為、全国各地の出身大学の医局に所属し、医局が医師たちを地元に派遣する機能は崩壊し、現在では医局に属さない医師も増えるばかりか、医局を辞めるということに対する抵抗感もなくなり、一昔前のような大事として考える人も少なくなっている。

ただ、だからと言って狭い医師の世界で医師を続ける以上、辞めた後に悪い噂が立ってしまうのも良くはないだろう。転職する際にどういう理由で、どのタイミングで伝えれば良いのかを考えなければならない。

医局を辞める時

大学病院から転職をした医師の中には、過酷すぎる労働環境により転職をした医師もいれば、
病院側との考え方の違いから転職をした医師もいる。医局を含めた人間関係のもつれから転職をした医師もいる。どの医師もいろいろ思うところがあり転職に至る訳だが、「この病院が嫌なので辞めます。」や「人間関係に疲れたので辞めます。」と言うのは、大人の対応としてよろしくはない。嫌なことがあり辞めるにしても、今までお世話になった訳であり敬意を表することが大切だと言える。それだけでなく、仕事内容がきついのに給料が低い、残業・休日出勤が多い、正当に評価されないなどのネガティブな言葉は、「改善する」といった引き止めの材料にされる可能性があるので注意が必要だ。医局を辞めると決意したならば、強い意思表示するだけでなく、ひとつひとつの言葉選びも重要になってくる。本当のことを話しても円満に退職できるならば何の問題もないが、話がこじれそうな場合は次のような辞める理由を述べた場合、比較的納得してくれると言える。

医局を辞める理由その1、未来への希望

「自分自身を見直し考えた結果、現在の仕事とは違う医療の関わり方に挑戦してみたいという気持ちが抑えきれず退職を決意するに至りました。」という現在の状況には決して不満ではないが今までとは違う形で医療貢献をしていきたいという前向きな退職理由により医局側も納得してくれやすくなる。

医局を辞める理由その2、親の介護

「両親が高齢となり介護を要する状況になったために辞めさせて頂きたい。」というやむを得ない状況を切り出せば、医局も無理に引き止めることは出来ない。ただ、最近は親の介護を退職理由にする人も増えているので、本当に親の介護が必要な場合は問題ないが、嘘をつく場合は注意が必要だ。完全に話を組み立てるか、逆に黙秘して細かいことは言えない雰囲気を演出すれば相手は何か人に言えない重大な状況だと思ってくれる場合もある。

医局を辞める理由その3、子供の進学

「子供の進学に合わせた環境を変える必要がある為、辞めさせて頂きたい。」という親の介護同様にやむを得ない状況を切り出せば、医局も無理に引き止めることは出来ない。子供の将来を優先し通いやすい環境を作ってあげたい、プロスポーツ選手を目指しており現在の家からは
通えない為、など親心を伝えることで説得できない領域だと思い納得してくれるだろう。

医局を辞める理由で言わない方が良い事

どうせ辞めるのだから最後くらい好きに言わせろ、と本音をぶつけたい気持ちもわかるが、円満に退職をするためには、その気持ちをグッと抑えて建前で話すことが大切だ。ネガティブな意見を言って関係がさらに悪化することにメリットは一切なくデメリットしかない。退職とは「立つ鳥跡を濁さず」の一言に尽きると言える。嫌な勤務先ならさおさら本音と建前を使い分けて、円満退社かつスムーズな転職を行うことがベストだ。

言わない方がいい退職理由その1、不満・批判

人それぞれ考え方は違うので働いていれば当然、不満や批判が出てくるもの。あなたは今まで我慢しただろうし、改善もしようとしたことだろう。でもどうだろう、現実は何も変わらなかった。だから転職を考えた。同僚や部下も、病院や医局への不満に対してそれなりの理解を示すものの、あなたのことをよく知らない人は自分勝手で自己主張の強い人間だと間違えてとらえてしまうことさえある。残っている人たちは辞めた人のことをいろいろ推測するものだ。不満や批判が原因で転職を決断したのなら、ドライに割り切ってさっさと見切りをつけ次の新しい転職先で、新しい未来へ向かっていくのが良い。

言わない方がいい退職理由その2、人間関係

病院や医局、先輩や同僚、職場にはいろいろな人達が働いている。良い人もいれば、悪い人もいる。相性が合う人もいれば、相性が悪い人もいる。皆、何かしらのストレスを抱えながら仕事をしている訳だが、その限度を超えた時に人は転職を考える。いくら言ってもわからない人はわからないもだ。それならそうと冷静な判断で見切りをつけた方が賢明だ。何か言ってやりたい気持ちもあるだろうが、その事を言ってよい雰囲気になったことは聞いたことがない。不満・批判と同様に変な雰囲気で辞めると残っている人たちは辞めた人のことをいろいろ推測する。人間関係の問題で退職を言い出した先生、といつまでも言われてしまうだろう。そうならない為にも、円満に退職する方がのちのちめんどくさい事にもならないと言えるのだ。

言わない方がいい退職理由その3、年収が少ない

一般企業では大企業ほど年収が高くなるのが一般的ですが、医師の世界ではよく言われるように施設規模に反比例する。権威のある有名大学病院よりも市中病院、市中病院よりもクリニックと希望が小さくなるほど年収が高かったりするものだ。美容系クリニックはさらに上をいっていたりする。ただこれは悪まで一か所からの収入であり、アルバイトをたくさん掛け持ちしている場合などは相当額がプラスされる為、結構な年収を稼いでいる医師もいるだろう。いずれにしてもお金に関することを話さないのが一般的だ。

医局に伝えるタイミング

医局に退職の意思を言い出したタイミングが悪く人事が固まったあとに退局を申し出てしまうと、退職までの期間が長引いてしまうことがある。最悪の場合、一人辞めると業務が回らないなど業務に支障をきたす場合、自分のポストの後継者が決まるまでは辞められないこともあるだろう。常に人事の状況を把握するために、医局全体だけでなく院外の動きを日頃から情報収集しておく必要がある。実際に退職する日の3か月前くらいを目安に責任者に退職の意思を伝えるのが一般的だ。

退職の手続き

大学医局側から内々の打診が病院側に入り、正式に決まった場合は自らも人事責任者に伝えるのがマナーだ。同僚・スタッフに伝えるのは正式に決定した後が良いだろう。医局に属する医師の場合、自分が退職した後の引き継ぎの医師がすぐに配置され、勤務先の病院を退職するために必要な書類を提出すればおのずと退職日も見えてくる。退職届は医局人事でローテーションが組まれている場合は提出しないところもある。勤務先の事務部門の指示に従うのが良いだろう。

辞める権利

退職に関してごく稀に猛反対され退職することを許してもらえない場合がある。その時の為に一応覚えておいて損はない。

「民法第627条 第1項により、当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。」

と法律で定められている。就業者はいかなる理由であっても辞める権利があり、雇い主はそれを認めなければならない。この場合、法的手段をとることもできるし、そこまで大きくしたくない場合は労働基準監督署に相談することも可能だ。ただ、ここで注意しなければいけないのは法律では2週間とあるが、入社する際に労働契約書を取り交わした場合は労働契約書が優先される為、退職までの期間は余裕を持って伝えるのが理想だろう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする