初心者がネットショップを開業するなら『楽天市場/RAKUTEN』。売れる店舗作りから仕入れまで。

インターネット上の仮想商店街「楽天市場(RAKUTEN)」を営む日本最大のネットサービス企業。本屋 、食品スーパー、ファッション店、パソコンショップなどの3万事業者が楽天市場に仮想商店をつくっており、6千万人が利用している。

楽天市場(RAKUTEN)でネットショップ開業しよう!売り上げが上がる店舗作り

楽天市場には、必要なシーンであなたの店舗運営を支える仕組みがたくさんあります。
サポートやツールがしっかり揃っているからこそ、初めての方でも、安心してネットショップをはじめることができます。

1店舗様に1人担当者

1店舗様に対して1人担当が付き、売れるショップづくりをサポートします。ネットショップの最新情報や販売方法を知り尽くしたECコンサルタントと相談をしながら販売戦略を練っていくことができます。アマゾン、ヤフーにも担当者はつきますが、こまめな連絡をくれるのは楽天市場です。これは3店舗開業した経験の意見です。

楽天市場に出店するメリット

それは単純に『大きなアクセス数を見込める』という事に尽きます。買い物カゴをレンタルして安くネットショップを開業することも可能ですが、その場合、商品登録やページ制作の他にSEO(サーチエンジンの検索結果のページの表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫すること)などの業務も必要となります。『山の中に開業する』のと、『東京の都心に開業する』のとの違いと言えるでしょう。

楽天市場で売上を上げたい!

ネットショップ開業にあたり重要なのが『仕入ルート』と『商品点数』。

まず『仕入れルート』に関して、ネットショップは多くの店舗との価格競争があります。他店舗では取り扱っていない商品の仕入れや、他店舗では仕入れる事のできない低価格での仕入が可能な場合、楽天市場に限らずネットショップとして売り上げを確保していけます。

また、型番商品(冷蔵庫やテレビなどの品番で購入できる商品)の場合、ある程度の資金力が必要となり小さな店舗では開業しても売り上げをつくることができません。小さい店舗が楽天市場で売上を作る場合ある程度、他店舗が取り扱っていない商品を展開していく必要があります。

ここでよく陥りがちなのが、他店舗が取り扱っていない、いわゆるマニアックな商品だけを集めた店舗作り。一見よさそうに見えますがマニアックな店舗の場合、店舗にアクセスしてくるユーザーの絶対数が少なくなります。ではどうすればよいのか?

ある程度、有名な商品をいくつか仕入れておき、一定のアクセス数を確保していく必要があります。そんな時役に立つのが『楽天B2B | 楽天が運営する卸・問屋・仕入れ・卸売専門サイト』。楽天市場の店舗は登録料も利用料も無料仕入額に応じて楽天B2Bポイントも貯まるのです。この『楽天B2B』を使用し、客寄せの為の『型番商品』を仕入れ、効果的に販売することで、型番商品でアクセスしてきたユーザーに『店舗内の個性的な商品への回遊へつなげつり上げを作る』ことができるのです。

仕入と同じく『商品点数』は重要で、100点しか商品をもっていない店舗と10,000点商品を持っている店舗では、単純に『10,000点商品を持っている店舗の方が、お客さんは多く訪れる』ということです。

売れるネットショップ出店案内【楽天市場】お申込みはこちら

スポンサーリンク