『発毛・育毛・植毛』、この言葉に反応した人は要注意!自分が思っている以上に薄毛悪化中

薄毛は自分が思っている以上に進行しています。陰で『ハゲ』と言われている可能性があります!

160425-p005

薄毛(ハゲ)にも種類があります。早めの対処で改善しましょう。

1、発毛
発毛とは頭皮を改善し新しい髪の毛を増やすこと。生えなくなった毛穴から『新しい髪の毛を発毛』させことをいいます。

2、育毛
育毛とはその名の通り現存している『髪の毛を育てる』こと。生えている髪を太く長く成長させ、抜け落ちないよう毛根を丈夫にします。すなわち毛が生えていない場合は育毛も出来ません。

3、増毛
増毛とは1本の自毛に複数の人工毛髪を結びつけたり、人工毛髪を結着させた細い糸を自毛の中に紛れ込ませたりして、『人工的に髪を増やす』こと。1本の髪の毛に5~6本の毛を括り付けるので、括り付けられた自前の髪に負担をかけることになります。

4、植毛
植毛とは頭皮の毛穴に人毛または人工毛を『人工的に植えつける』こと。現在最も確実性のある薄毛解消方法と言われており、自毛植毛は男性型脱毛症診療ガイドラインでも推奨されています。

男性の薄毛(ハゲ)の原因

薄毛(ハゲ)の原因は大きく分けて「遺伝」「男性ホルモンの影響」「食事・生活習慣」「精神 的ストレス」があります。薄毛(ハゲ)の原因はこれらの要素が複雑に絡み合って発生しています。

1、男性ホルモン
男性ホルモン(テストステロン)は髭や体毛などの成長を促進しますが、頭髪にとっては逆で、毛根の毛母細胞でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、毛母細胞を萎縮させ、髪の成長を妨げます。

2、遺伝的要素
薄毛(ハゲ)には遺伝的要素が大きく関係してい場合があります。男性ホルモンを受け取る受容体の遺伝子を調べることで、男性ホルモンの影響を受けやすい体質か否かを知り、個々にあった治療方針を立てることができます。

3、ストレス
心や体にも悪影響を及ぼすストレス。薄毛や抜け毛にとっても例外ではありません。ストレスが自律経やホルモンバランスを乱し、血流が悪化し薄毛(ハゲ)になりやすくなります。

4、食事・生活習慣
不規則な生活も髪の成長を妨げになります。毛根のベタつき・脂っぽい感じがある、髪全体に臭いがあるなどの頭皮の悩みは、早めの相談が薄毛(ハゲ)の進行を防げます。

男性だけでなく女性も薄毛(ハゲ)になります。

男性だけでなく女性も薄毛(ハゲ)で悩んでいる人はたくさんいます。女性に見られる薄毛のタイプは大きく分けて5つあり、『加齢』『栄養不足』『ストレス』『ホルモンバランスの乱れ』『間違ったヘアケア』などの原因があります。

1、加齢

髪の密度は20歳がピークといわれ、太さは35歳頃。その後は密度・太さともに衰えていき、30代後半くらいから「髪のうねり」も目立ってきます。そして40歳前後から、だんだん髪のハリやコシがなくなり、白髪や薄毛、抜け毛など、さまざまな形で「髪の加齢変化」が目立ってきます。

2、ホルモンバランス

女性の薄毛は、血流不全以外に女性ホルモンのバランスの崩れが一因だといわれています。他にも遺伝的要素を含め様々なものが原因として関与していますが、タバコや睡眠不足は禁物。過激なダイエットによる栄養不足もホルモンバランスを乱す要因になります。

3、ストレス

家庭内の問題に加え、近年の社会不安、仕事や人間関係など、様々なストレスと闘う現在の女性たち。身体の変調を引き起こす原因になっていることは言うまでもありません。もちろん髪や頭皮に与える影響も大きいと言えます。

薄毛(ハゲ)の治し方・対策

160425-p006
薄毛(ハゲ)に悩んでいる現代人は男女問わず多くなっています。『まだ、自分は大丈夫』その軽い気持ちが取り返しのつかない薄毛(ハゲ)になっていまいます。また、とりあえず自分でなんとかしてみようというのも危険です。最近では夫婦で薄毛(ハゲ)対策をされる人も増えてきています。『餅は餅屋』。古いことわざに、『何事においても、それぞれの専門家にまかせるのが一番良い』ということのたとえです。

薄毛の悩みを解消したいならこちら→ガーデンクリニックのAGA治療


スポンサーリンク