春の全国交通安全運動!法律で義務付けられた『チャイルドシート』が使用されず交通事故で大参事。

警察庁とJAFが共同で実施した調査によれば、チャイルドシートを使用していない子供の死亡重傷率は、チャイルドシートを使用していた子供の2.1倍にも上ります。

160425-p001

チャイルドシート義務年齢は『6歳未満』または『140cm未満』

平成12年4月に道路交通法が改正され、『チャイルドシート』の着用が義務付けられています。子供の安全性確保の為にも必ず着用するように心がけましょう。

チャイルドシートは法律で6歳未満の子供全員に着用を義務化』しています。ただ、義務ではありませんが6歳を超えても身長が140cm未満であればチャイルドシートを着用しましょう。※大人が通常使用する『シートベルトは140cm以上を対象として設計』されています。

チャイルドシートを着用しなかった場合の罰金

6歳未満の子供がチャイルドシートを着用しない場合、法律違反になります罰金は発生しません。通常のシートベルト違反と同じで、違反点数が1点加算されます。

※交通違反点数制度について、日本では累積方式を採用しており、運転免許取得時は0点からスタートして、交通事故・交通違反を起こすたびに違反点数が加算されていきます 。 基本的には、違反点数は過去3年以内のものが合算され、所定の点数に達すると免許停止・免許取消処分の対象になります。

チャイルドシートを嫌がる赤ちゃん・子供

160425-p003
チャイルドシート』を嫌がる赤ちゃんや子供もいます。『大声でぐずりだしたから、しょうがなく膝の上にだっこした。』という人や、あまりに泣くので『チャイルドシートをすこし緩めた』という人もいるのではないでしょうか。しかし、この行為は『子供の為と思ってやっている』のではなく『子供を危険な状態にさらしている』という方が正しいかもしれません。交通事故は一瞬です。事故を起きた瞬間に『チャイルドシート』を着用させることは不可能です。

チャイルドシートを嫌がる理由を探す

チャイルドシート』を嫌がる赤ちゃんや子供には何かしらの原因がある場合があります。
1、『チャイルドシート』の温度を確認しましょう。夏場なら熱くなっていないか、冬場なら冷たくなっていないか確認し調節をしましょう。
2、赤ちゃん・子供はじっとしているのが嫌いです。家で『チャイルドシート』に座らせて慣れさせたり、車内で楽しい雰囲気作りをし子供を飽きさせない様にしましょう。また、『チャイルドシート』は成長に応じてクッションを取り外したり、ベルトを緩めるなど、成長に合わせてサイズ変更ができるように設計されていますので、サイズの確認や調節をするように心掛けましょう。

使いやすくて売れているチャイルドシート購入はこちら

スポンサーリンク